親世代と祖父母の間に育児ギャップ発生中! 可愛い孫に厚着させることの何が悪いの?

母親と祖父母の確執によって生まれる"育児ギャップ"。良かれと思っていた昔ながらの育児法が、思わぬ反感を買ってしまうこともあります。例えばとある女性は、「祖父母が子どもに厚着をさせたがる」とお悩み中。一見すると何の問題もないように思えますが、厚着をさせると一体どんなデメリットが生じるのでしょうか。

190212_atugi_01.jpg


"厚着"をさせることの何が悪いの?

事の発端は、相談者が我が子と一緒に祖父母宅へ遊びに行った時のこと。その日のお子さんは、半袖の下着1枚とロングTシャツ、長ズボンといった服装で祖父母の家を訪ねました。すると祖父母は「もっと厚着をさせろ」と次々に服を着させ、子どもは着膨れ状態に。

実はこの時子どもが薄着だったのは、保育園からあまり厚着をさせないでと言われていたため。投稿者のお子さんが通う保育園では、「子どもの服装は大人よりも1枚少なく」が基本。「厚着で汗をかくと逆に体が冷えるから」「動きやすいから」「薄着によって体温調節の機能が鍛えられる」といった理由が説明されたそうです。

そんな母と祖父母のギャップ体験に対して、ネット上には様々なコメントが続出。今ドキの主婦にとっては"あるある"だったようで、「年配の人ってやたら厚着させたがるよね」「うちも『着せろ~、風邪ひく~、薄着だ~』としつこく言われますよ」など相談者に同調する声が数多く上がっています。

しかしその一方では、「自分が寒いから"孫が風邪を引いては可哀相"と思って厚着させちゃうんだろうね」「祖父母はただただ心配なだけ。そこに悪意はないよ」といった祖父母を擁護する声が。中には「逆に『昔はTシャツ1枚で遊びまわったものだよ!』と言って薄着を勧める祖父母じゃなくて良かったのかも」というコメントも寄せられていました。


親世代の約4割が祖父母の育児ギャップを感じている!?

世代間のギャップから生じた今回の一件。株式会社ベビーカレンダーの「孫と祖父母の関係性」に関する意識調査によれば、4割以上の親が"祖父母世代の育児論にギャップを感じている"そうです。

ギャップを感じる瞬間は様々で、アンケートには「虫歯菌への意識がない。私や夫は気を遣っているのに、祖父母は平気で自分が使ったスプーンや箸を子どもに使う」「子どもが生後3カ月の頃、祖母から『白湯はいらないの?』『お風呂あがりは白湯でしょ?』としつこく言われた」「『抱き癖がつくから、抱っこしたらダメ』とよく注意される」等のエピソードが寄せられています。

とはいえギャップこそあれど、"祖父母の育児参加"には多くの人たちが「賛成」している模様。"祖父母の育児参加についてどのように思いますか?"という質問では、「とてもよいと思う(43%)」「まあよいと思う(42%)」と8割以上が肯定的な回答を述べていました。

あなたが"良かれ"と思っている行動は、時にギャップを感じる要因になっているかも。

「自分の育児論は正しい」とハッキリ自信を持って言えますか?

文/藤江由美


関連記事:「晩婚化の影響がここにも? 育児を手伝う高齢の祖父母にのしかかる「孫疲れ」」

 

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP