101歳、世界最高齢の女子アナ・はるのちゃん「100歳で初仕事。デビューするかどうかは自分で決めました」

大仁田はるのさん・通称はるのちゃんは、熊本県天草市の文化と魅力を世界に発信するインターネット放送局・天草テレビで活躍する、世界最高齢女子アナウンサー。熊本県は天草の、藍色の海を見渡せるのどかな街で暮らしています。

1901p028_01.jpg 

天草生まれ、天草育ち。30歳で大恋愛の末結婚してからも、ずっとこの家で、主婦として、また3人の子どもの母として家事をこなしながら、農業の他、苓北(れいほく)町志岐(しき)の炭鉱で選炭の仕事を、また県立水産高(現・天草拓心高校)の実習船・熊本丸の魚網の修理をして働いてきました。

10年前に最愛の旦那さまを亡くしてからは、穏やかな余生を......? いえ、2017年、ちょうど100歳の時に思わぬ転機が訪れました。天草テレビの代表を務める金子寛昭さんに、その明るさと元気さを見込まれて、女子アナウンサーにスカウトされたのです。

一緒に暮らしている息子さんには話したものの、他の家族には相談せず、その申し出を自分の意志で承諾しデビューを果たしました。

新しいことを始めるのに遅いことはない!とばかりに、仕事依頼があれば、地元天草の魅力を伝えるためにマイク片手にどこへでも。天草テレビに所属する女子アナウンサーの中でも、100歳を超えた人だけが着られる金色のちゃんちゃんこに身を包み、昨年の夏は、世界遺産に登録された崎津集落にも足を運んで現地レポートもしています。

とはいえ長い人生、もちろん全てが順風満帆だったわけではありません。
「海の向こうの長崎に、原爆が落ちるのをこの目で見ましたよ。朝、庭の畑で大豆の世話をしている最中に、もくもくっとしたキノコ雲を...」とぽつり。

幾多の悲しみや苦しみを胸に刻みながら、それらを乗り越えてきたからこそある、はるのさんの笑顔です。大正、昭和、平成、そして今年は新しい元号の時代へ。はるのさんのトライアルはこれからも続きます。

庭の畑に案内してくれたはるのさん。今日の仕事は大根の苗の間引きです。畳の上では毎朝欠かさない体操も披露してくれました。

 

1901p029_04.jpgノートを使っておしゃべり
耳が聞こえづらくなってきたけれど、豊富な経験と家族の協力でなんのその! 困ったときは、ご家族がノートに大きな文字で伝えたいことを書いて見せてくれます。いつでも楽しく会話できるのです。

 

1901p031_08.jpg天草テレビとは?
天草の文化と魅力を発信するインターネット放送局。会員登録しておけば、インターネットをつなぐだけでいつでもどこでも好きな番組を視聴できる。はるのさんが出演する新番組『はるのちゃんが行く世界遺産キリシタンの里』も好評放映中。高齢女子アナウンサーの活躍に、海外からの取材も多数。

 

次の記事「世界最高齢、101歳の女子アナ・はるのちゃん「自分のことは自分でしよる!」(2)」はこちら。

取材・文/飯田充代 写真/小田崎智裕 協力/天草テレビ

 

 

おおにた・はるのさん

1917(大正6)年熊本県天草生まれ。結婚後は農業、炭鉱作業員、魚網の修理をして働く。現在は息子夫婦と孫の4人暮らし。女子アナウンサーの活動をしながら、畑仕事などを楽しんでいる。

この記事は『毎日が発見』2019年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP