世界最高齢、101歳の女子アナ・はるのちゃん「自分のことは自分でしよる!」

インターネットテレビ局・天草テレビで世界最高齢の女子アナウンサーを務めるはるのさんは、とても働き者。デビューする以前も農業や苓北町志岐の炭鉱で選炭の仕事の他、県立水産高(現・天草拓心高校)では、漁師町である天草らしく実習船・熊本丸の魚網の修理を20年続けたそうです。

web-8673.jpg前の記事「101歳、世界最高齢の女子アナ・はるのちゃん。「100歳で初仕事。デビューするかどうかは自分で決めました」(1)」はこちら。

 

「いまも元気でいられるのは、若いときに"この手"をよく動かしてきたからやんね」。自分の手を見つめながら、しみじみとそう話してくれました。

そう、いつも前向きに体を動かすことが元気の秘けつ。アナウンサーの仕事がない日にも部屋の中でじっと座ったまま過ごすことはありません。朝起きたら体操。天気がいい日は庭の畑で野菜作り。その甲斐あってか、グラウンドゴルフも上々の腕前です。

やりたいことは心のままに。地域で陶芸教室があると知れば、出かけて行って大皿作りにトライしたり、親戚の子どものためにわらじを編んだり...。千羽鶴も1枚ずつ折りました。

とはいえ御年101歳。体調を気遣って、階段を上がろうとしているはるのさんに誰かが手を貸そうとしてくれることもあるそうですが、そんなときは、決まって「自分のことは自分でしよる」と断るそうですから、あっぱれです。



鮭のふりかけと高菜の漬物が好き
好きな食べ物は鮭のふりかけ。自家製の漬物は、庭の畑で採れた高菜で作ったもの。健康食品に頼るより"好きな"ものを食べるのがいちばん。

 

せっせと手仕事
大皿やわらじ、千羽鶴もすべてはるのさんの手作り。大正、昭和、平成の3つの時代を、この手を使って駆け抜けてきた。

 

 
1901p031_08.jpg天草テレビとは?
天草の文化と魅力を発信するインターネット放送局。会員登録しておけば、インターネットをつなぐだけでいつでもどこでも好きな番組を視聴できる。はるのさんが出演する新番組『はるのちゃんが行く世界遺産キリシタンの里』も好評放映中。高齢女子アナウンサーの活躍に、海外からの取材も多数。

 

取材・文/飯田充代 写真/小田崎智裕 協力/天草テレビ

 

 

おおにた・はるのさん

1917(大正6)年熊本県天草生まれ。結婚後は農業、炭鉱作業員、魚網の修理をして働く。現在は息子夫婦と孫の4人暮らし。女子アナウンサーの活動をしながら、畑仕事などを楽しんでいる。

この記事は『毎日が発見』2019年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP