運命の出会いは誰にでも訪れる。いい運命だけでなく悪い運命もある/青森の神様

日本人の平均寿命は、女87.14歳 男80.98歳と世界トップ。平均寿命までたっぷりと時間があります。反面、体力は確実に落ちていき、仕事の需要も難しい中、これからの時間をどう過ごしていけばいいのか、不安にかられる人が多くいることも事実。これからの自分を待ち受ける運命に気づき、自分の心や大切な人たちとどう生きていくか?「青森の神様」として知られる木村藤子さんによる、あなたらしい人生を生きるための道しるべ。

※この記事は『神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方』(木村藤子/KADOKAWA)からの抜粋です。

 

pixta_2717878_S.jpg

 

運命の出会い

恋愛や結婚、社会的な成功──。そういった何かしらの幸福にまつわる話で語られることの多い〝運命〟、そしてそれとの出会い。

「あの人とは〝運命の出会い〟だった」

幸せを掴(つか)んだ人がよくそう語ることがあります。

では、〝運命〟とはいったいなんなのでしょうか。多くの場合は、〝奇跡〟や〝偶然〟といった具合に、なんだか捉えどころがないイメージしか湧かないのではないでしょうか。

運命とは実体のないものであり、ひとつの概念ですので、なんとなくでしかわからないのも当然のことと言えます。

しかし、運命をどのように捉え、理解するかによって、その人の人生の生き方は大きく変わってくるのです。

運命について考えを巡らせることは、人生そのものに考えを巡らせるのと同じことです。人生は一見、奇跡や偶然に満ちているように見えますが、そうした現象は何も原因がなく、今突然、目の前で起きているわけではありません。
〝運命〟とは、奇跡や偶然などではなく、〝あなたの命と共に息づく人生そのもの〟なのです。

「あのとき、あの人と出会ったからこうなった」

「あの出来事さえなければ、私の人生は違っていた」

〝あの日〟〝あのとき〟〝あの人〟──そこで起こったことにはさまざまな人・物・事・タイミングが関わっていたはずです。

しかし、偶然それぞれが重なり、絡み合ってあなたに訪れたのではありません。そのタイミングであなたに訪れたのにはちゃんと理由があります。理由もなく突然いいことは起こりませんし、逆に悪いことも起こりません。幸福なことも不幸なことも、そこにたどり着くまでの道筋があり、ポイントポイントで〝連鎖〟し合って幸福や不幸につながるのです。これが〝運命〟です。運命とは道であり、命であり、人生そのものなのです。

運命の話をするとき、「どうせ、決まってしまっていることだ」と考える人がいます。

「そういう運命だったんだからしょうがない」

とネガティブに捉えて、変えることが不可能なことだと諦めてしまうのです。

しかし、人生とはいったい誰のものでしょうか。
それは疑いようもなく、また誰に何を言われようとも、人生とは〝あなただけのもの〟です。ほかの人があなたの人生を生きてくれるわけではありませんし、いいことも悪いことも、神様やほかの誰かが運んでくるわけではありません。

人生は、自分で考えて、自分で決断し、自分で行動していくことで進んでいきます。あなたが仮に今幸福を感じているとしたら、運命とは命のように〝息づいているものですから、〝たった今、偶然、幸福になった〟のではなく、〝幸福になるように歩んできた道〟があるのです。

つまり、運命のシナリオはありますが、それは現世において書き換え可能なのです。

〝運命〟という言葉がもっとも多く使われるのは、〝運命的な出会い〟ではないでしょうか。

〝運命の出会い〟を求める人はとても多く、私のもとにも運命の出会いに関する相談を多数いただきます。まず「運命の出会いはあるのか?」と問われたなら、それは「ある」という答えになります。

すごく大事な人との出会い、それほど大事とは言えない知り合い程度の人との出会い、嫌な人との出会い。人生はさまざまな出会いの連続です。その中にはあなたの人生を豊かにしてくれる出会いもあれば、逆に不幸にしてしまう出会いもあるかもしれません。

ここで考えるべきことは、そうした出会いの良し悪しにかかわらず、「その出会いは、〝なぜ〟あなたに訪れたのか?」ということです。良い出会いも、そして悪い出会いも、そこに至るまでの過程で必ずお互いの人生が交差しているのです。

お互いに気づかないところで同じような人生を歩んでいたり、似た考え方を持っていたり、同じような体験をしていたり。それまでの人生で、何をどう考え、どう行動し、どういう結果になってきたのかといったことは、人と人の出会いには非常に強く関わってきます。

捉えどころのなかった〝運命〟というものを改めて深く考えてみると、〝運命の出会い〟は誰にでも訪れるもの、誰もがすでに持っているもの、いい運命だけではなく、悪い運命もあるのだということがおわかりになるかと思います。

運命をつないでいる糸は、誰もが何本も持っています。しかし、この運命の糸がいつ手繰り寄せられるのか、誰とつながっているのかを今知ることはできません。

〝いつ〟〝誰と〟〝どのような〟運命の出会いが訪れるのか?

それは神のみぞ知るものなのです。
誰もが運命の糸を持っていて、出会う人、起きることは決まっていて、それは然(しか)るべきタイミングで現実化します。

ただ「運命」という神秘的な言葉の響きに惑わされてしまうと、「運命の人と出会いたい」。その相手を「探したい」と考えてしまいやすいのですが、運命には不幸もあるということを忘れないでいただきたいのです。

運命の出会いが意味するものは、過去世の清算です。

私たちは人と関わり合い、時に愛し、時に憎み、時に傷つけ、時に癒やし合います。
そうしたふたりの間で起こるひとつひとつの出来事によって、私たちは気づかぬうちにお互いに貸し借りを作っているのですが、その清算は魂レベルで行われるため、前世でやり残したことは、来世に持ち越されてしまいます。

こうしたことを理解すれば、「出会い」自体に固執することには意味がないということがおわかりいただけるのではないでしょうか。大切なのは、お互いの貸し借りの清算なのです。

出会いは、ふたりの運命が重なっていくスタートラインです。
出会ったから終わりではなく、そこからふたりの運命のシナリオが始まり、映画のようにさまざまなことが繰り広げられていきます。

今、相手に苦しめられているということは、(前世も含む)過去においてあなたが相手に対して行った罪のためかもしれません。

今、あなたが相手から助けられているのは、過去においてあなたが相手を支えてあげたからかもしれません。

そうしたふたりの過去に思いを馳(は)せれば、心の中に思いやりが生まれます。相手への理解が生まれます。そうした心を持つことで、ふたりのシナリオはいかようにも書き換えていけるのです。

 

次の記事「運命の人と出会っても、相手への思いやりを忘れてしまうことも/青森の神様(2)」はこちら。

木村 藤子(きむら ふじこ)

1947年、青森県生まれ。地元で有名な霊能者だった母親のもとで育つ。30代のとき、神の声を聞き、霊視・透視能力を授かる。以来、日々多くの人の悩みを救っている。全国的にその名が知れわたり、「青森の神様」「ヘビの神様」といわれるきっかけとなったのが、1990年の「ヘビ騒動」。地元で行方不明になったニシキヘビが現れる場所、時間を透視によって言い当てた。著書に『神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方』(KADOKAWA)、『「気づき」の幸せ』(小学館)、『幸せの風が吹いてくる』『幸せの詩が聞こえる』『神様が伝えたいこと〔ポケット版〕』『母であるあなたに気づいてほしいこと』『気づく力』『新・気づく力』『「本当の自分」に気づく本』『2019年版 木村藤子の春夏秋冬診断』『人生が変わる因果の法則』(主婦と生活社)など。


cover.jpg

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方

(木村藤子/KADOKAWA)

「100年という長い人生を幸福なものにしていくためには、過去から延々と連鎖している不幸の原因に気づき、断ち切ることです。不幸の連鎖を断ち切れば、自分だけではなく、子どもや孫の未来までも幸福の道へつながるのです。 『はじめに』より」。待ち受ける運命に気づき、自分の心、仲間、家族、大切な人たちと共に、どう生きるのか? 「青森の神様」として知られる著者による、気づきの書。

この記事は書籍『神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方』からの抜粋です
PAGE TOP