食事中に起こる喧嘩の原因第1位!? 手料理に調味料をかけまくる夫に不満の声

長年連れ添うことを決めた夫に健康でいてもらおうと、食事に気を配っている女性は多いはず。しかし世間にはそんな奥さんの気持ちを全く考えず、好き放題する男性も多いようです。

181023_otto_01.jpg

「味が薄い」と調味料を加える夫がストレスに...

今年10月、ネットの掲示板では「夫の食事管理をやめた人」というトピックが話題になりま

した。投稿者は毎日手作りしていた食事に、「味が薄い」と文句を言う夫をもつ女性。女性の食事は化学調味料を使わずに薄味に仕上げてはいるものの、味を極端に薄くしているわけではないそう。

しかし夫はせっかく薄味で作ったトンカツやから揚げに、大量のソースやマヨネーズをかけるなど好き放題。夜中にスナック菓子やアイスを隠れて食べたり、休日の昼はインスタントやカップ麺ばかりだったりと不摂生な食生活をしていると明かしています。しかも女性が注意してもやめず、逆に手作りの料理に「食べた気がしない」という文句まで...。これには女性も「作らないことにしようかと思っています」とコメントしていました。

投稿者の夫の行動にはネット上でも、「せっかく気を配って作ってる食事なんだし、もう少しくみ取ってほしいよね」「うちの旦那も全く一緒。せめて一口食べてから加えてよって思う」「煮物にも漬け物にも醤油かけてるし、義父母もそう。いくら言っても治らないよ」といった声が。また「健康的なメニューって男の人はあんまり喜ばないから、調味料を健康的なものに変えてる」「味つけして出すとがっかり感増すから、お肉とかは一切味つけせずに出してます」「諦めて保険の見直しをしました」といった経験談も寄せられています。


森高千里さんおすすめの対処法

魔法びんなどの販売で知られる「サーモス株式会社」は以前、食事に関する夫婦喧嘩の原因についてのアンケートを実施。「料理に関する夫婦喧嘩の原因」を調査した項目では、男女によって感じ方が違うことが明らかになりました。

男性は「リアクションをしない」ことが喧嘩の原因第1位に。一方女性は「無言で調味料を足す」が喧嘩の原因として1番多いと回答。次いで多い原因としては「大量に料理を残す」という意見があげられており、言葉にしなくても気持ちが表れた夫の"行動"に妻は怒りを募らせているようです。

歌手の森高千里さんはラジオ「高橋みなみの『これから、何する?』」(TOKYO FM)で、この問題の解決法に言及。森高さんは「例えば野菜炒めだったら『この野菜は○○産の××っていう美味しい野菜だから、まず野菜そのものの味見をしてみて』って言ったら、かける前に味見をしてくれるんじゃないかな」とコメント。これにはネット上でも「確かにストレートに言うよりお互い気持ちよくやり取りできそう」「否定から入ると反発したくなるものだし、すごくいい言い方!」と感心の声が上がっていました。

せっかくの味つけが台無しになってしまうのは悲しいもの。喧嘩にならないよう気をつけながら、自分の思いを伝えてみるのもいいかもしれませんよ。

文/藤江由美


関連記事:「「夕飯、誰が作るの?」熱がある妻が家事をお願いするのはダメ?」

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP