泣きそうなときは「行くんだ」。すぐにやる気が出てくる魔法のかけ声

「なんとなくやる気が出ない...」そんな日はだいたいのことがうまくいかず、さらに憂鬱になる、なんてことも少なくありません。そんな悪い気持ちの流れを解消できるのが、30代で病身の夫に代わりビジネスで大きな成功を収めた臼井由妃さんの著書『元気の作法』(方丈社)に散りばめられたヒントの数々。今回は同書から、いつでも簡単に元気が出るようになる習慣づくりのコツをお届けします。

pixta_47691938_S.jpg

ノリが欲しいときは、かけ声を活用する

「ヨイショ」

「さてと......」

「よし!」

私たちは何か行動を起こすとき、無意識にかけ声をかけることがあります。

バッターボックスに向かう際に「行くぞ!」と、かけ声とともに頬を叩くプロ野球選手や、取組に入る前に「しゃぁ~」と声を出しながら塩をまく大相撲の力士もいます。

先日、テレビで高校女子サッカーの決勝戦で、試合前に円陣を組み「○○いちばん!」と手を挙げている光景も見ました。

日常の何気ない行動でも、プロスポーツの世界でも、アマチュアであろうと、お祭りであろうと、かけ声で奮起を促し、その行動にスムーズに入り込めるように「ノリを演出」しているのです。

このかけ声を仕事のスピードや集中力、持続力の向上に活かすのはもちろんのこと、テンションがあがらないときに実践してはいかがでしょうか。

トラブルやクレームの対応を上司や親しい人から、押し付けられたら、

「冗談じゃない」

「何で私がやらなくてはいけないんだ」

と嫌がるのではなく、

「よし! やるぞ!」

こんなふうに声を出しながら目の前のことにあたるのです。

声に出すことで、自然とやる気が促され、本来あなたが持っている力を発揮しやすくなります。

しかし周囲に人がいる場合、たとえばオフィスでは、

「スイッチオン!」

「仕事モードオン!」

「よし!」

「サクサク」

「スイスイ」

などと声を出すわけにはいきませんよね。

本来は声に出すのがベストですが、心の中で念じたり、イメージしたり、キーボードを操作中ならば「スイッチオン!」「行ける!」などと、気持ちがあがる単語を打ち込むだけでもノリが得られます。

声を出さなくても効果は得られますから安心してください。

「絶好調!......サクサク進む......いけるぞ、これ!......スゴイスゴイ......」と念じながら仕事を進めるだけで、明らかにノリが違ってきます。

これは自己暗示。

古典的な方法ですが、効果は多くの研究でお墨付き。

何よりも私自身、かけ声で救われた経験を持っています。

大切な人の死と多忙を極める仕事の板挟みに、どう自分を保っていたらよいのかわからないとき、「やるしかない!」「やるんだ」と何度も声に出し、拳を天に向かって突きあげ、テンションを高めました。

泣きそうになるときには「逃げるな」「行くんだ」。

怠けそうになるときには「ふざけるな」「甘えるな」。

こんなふうにかけ声で自分を鼓舞させノリをつくり、仕事やプライベートをすごしています。

【元気ポイント】「かけ声マジック」で、やる気を促し、潜在能力を導こう。

【最初から読む】やる気が出ない・・・そんなときこそ「笑って」みて! 心理トレーニングにも応用される「つくり笑顔」のススメ

【まとめ読み】「元気の作法」記事リストはこちら!

618gp3SrpUL.jpg

食事に運動、挨拶のやり方など元気を出す38の習慣が全5章で解説されています

 

臼井由妃(うすい・ゆき)
1958年東京都生まれ。著述家。講演家。熱海市観光宣伝大使。33歳で結婚後、病身の夫に代わり経営者となる。独自の発想力と行動力で次々とヒット商品を開発し通販業界で成功。多額の負債を抱えていた会社を年商23億円の優良企業に再生させた。『やりたいことを全部やる! 時間術』(日経ビジネス人文庫)など、著書累計は150万部を超える。

shoei.jpg

『元気の作法―あなたの明日が輝き出す!』

(臼井由妃/方丈社)

仕事でもプライベートでも「元気な人」が信頼を集め、信用を深めていきます。ビジネスで成功を収め、かつて「マネーの虎」(日本テレビ系)にも出演した著者がその元気の秘訣を紹介します。運動や挨拶、食事など生活の中で誰でもできる38の「元気の習慣」を実践してみてください。

※この記事は『元気の作法―あなたの明日が輝き出す!』(臼井由妃/方丈社)からの抜粋です。
PAGE TOP