それ、失礼では...? 親の家の片づけで「言ってはいけない言葉」とは

片づけのためには「モノを捨てる」必要があると思っていませんか? 5000軒以上の家を片づけてきた古堅純子さんは、「モノを捨てなくても、一生散らからない空間は実現できる」と言います。そこで、古堅さんの著書『シニアのための なぜかワクワクする片づけの新常識』(朝日新聞出版)より、「夢と希望を生み出す片づけのヒント」を連載形式でご紹介します。

pixta_22835691_M.jpg

いらないモノと決めつけない

親の家にあるぼうだいなモノたちを前にしたとき、つい子どもが口走ってしまうのが「これ、いらないよね?」です。

親にとって、これほど失礼きわまりない言葉はありません。

周りの人からすればガラクタにしか見えないモノでも、親にとっては家族やそれ以上に大切なモノかもしれません。

それを、子どもがズカズカやってきて、いきなり「こんなのいらないよね?」はケンカを売っているようなもの。

私の講座に参加してくれた生徒さんが、「もう、先生!聞いてくださいよお」とプリプリしながら訴えてきました。

「うちの母、めちゃめちゃたくさん鍋を持っていて、食器もぜったい捨てないんですよ」と言うのです。

たしかに娘さんから見れば、捨てたくなるようなモノもたくさんあるのでしょう。

でもそれを取っておくお母さんにも必ず理由があるはずです。

「それは家族やお客さんに食事をふるまいたいからなんじゃないですか」と私が言うと、

生徒さんは「でも、先生。母は私が小さいころに使っていたマグカップまで捨てないんですよ」と口をとんがらせます。

「その当時が一番楽しくて、懐かしくて、幸せだったから捨てられないんじゃないですか」とたずねると、

「そうかなあ」と首をかしげています。

私が「ご実家にはいつも帰っているんですか?」と質問すると、「もう3年も帰っていませんでした」と答えます。

なるほど、と私は心の中で納得しました。

3年も音沙汰のなかった娘が、いきなり帰ってきて、「これもいらない。あれもいらない」と言い出したとしたら、お母さんがお気の毒です。

そういう親子関係だから、寂しくてお鍋も食器も捨てられないのだと、やんわりアドバイスすると、その方も反省されて、それからは頻繁にご実家に帰られているようです。

高齢者の家にあるモノは、その人が大切にしているモノです。

簡単に「これ、いらないんじゃないの?」などと失礼なことを言ってはいけません。

80歳を超えるおじいさんのお宅に片づけに行ったときのことです。

その家には山ほど切手がありました。

「孫や子どもたちが手紙やハガキを書くとき、切手がいるんじゃないかな」と、おじいさんは切手を集めた理由を教えてくれました。

でもそのおじいさんのところには、長年、子どもも孫も訪ねていないのです。

そんな子どもや孫たちのために、おじいさんは何十年も切手を集め続けていたのです。

必要としていない人から見たら、切手はただの不要品です。

でも子どもや孫たちの訪問を待ち続け、おじいさんの寂しい何十年間を慰め続けてきた切手を、私はぞんざいに扱うことができませんでした。

おじいさんに代わって、この切手たちを心をこめて整理しなければと思いました。

捨てるなんて、とんでもない。

お年寄りが大切にしてきたモノはその人の人生、思い出、愛情そのものです。

私たちも同じように大切にするのは当たり前だと思います。

その気持ちが伝われば、お年寄りもこちらを信頼して、片づけをまかせてもいいと思うようになるのです。

私は1枚も切手を捨てることなく、きれいに整理させていただきました。

大切にしてきたモノを「これ、いらないよね?」などと言う人に、たとえ血がつながっていようとも、家の中のモノを指一本さわらせてなるものか、と構えてしまうのは、当然なことだと思います。

【まとめ】『なぜかワクワクする片づけの新常識』記事リストはこちら

newsenior.jpg

シニアの自宅を「夢や希望が持てる、幸せな場所」にするための、実践的で「目からウロコ」なアドバイスを5章にわたって解説

 

古堅純子(ふるかた・じゅんこ)
1998年、老舗の家事代行サービス会社に入社。20年以上現場第一主義を貫き、お客様のもとへ通っている。5000軒以上のお宅に伺いサービスを重ね、独自の古堅式メソッドを確立。整理収納アドバイザー1級。個人宅や企業内での整理収納コンサルティング、家事効率化支援事業を展開。テレビ・ラジオ・雑誌などメディア取材協力も多数

newsenior.jpg

『シニアのための なぜかワクワクする片づけの新常識』

(古堅純子/朝日新聞出版)
5000軒以上の家を片づけてきた著者が、その豊富な経験から「シニア世代の片づけ」の極意を紹介。後ろ向きの「終活」ではなく、夢と希望をもって、限りある日々を輝いて過ごす「生前整理」のための考え方はまさに目からウロコ、です。著者が提案する、実践的な「シニアのためのらくらく片づけ5ステップ」も必読です!

※この記事は『シニアのための なぜかワクワクする片づけの新常識』(古堅純子/朝日新聞出版)からの抜粋です。
PAGE TOP