大人のメイク直しには必須。美肌メイクのプロがポーチに必ず入れている「3つのアイテム」

年齢を重ねるにつれ変わってくるメイクの悩み。多くの女性誌で活躍する美肌メイクのプロ・佐々木貞江さんは、「30代後半から何を使うかがその先を決める」と言います。そこで、佐々木さんの著書『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(すばる舎)から、大人世代のキレイを決める「メイク術とアイテム」を毎日連載でお届けします。

141-023-093.jpg

ポーチの中身は、クッションファンデ、綿棒、リップの3セット

小鼻周りや額など、ヨレたファンデーションは、大人にとって大敵です。

せっかくおしゃれをしていても、清潔感がなく見えてしまい、とてももったいない。

気づいたらすぐにリタッチしましょう。

クッションファンデーションはここ数年、さまざまなブランドから登場していますが、手軽にツヤ肌に整えてくれるので、メイク直しにおすすめです。

私も外出するときには、ポーチの中に必ず入れておくアイテムです。

メイク直しのときは、ベースのヨレをティッシュオフし、崩れた部分にだけクッションファンデーションを叩くようになじませるだけ。

マスカラやアイラインなど目周りのにじみは綿棒でオフし、ファンデを重ねましょう。

仕上げにリップを塗りなおす程度で、メイクしたての肌にリセットできます。

最近はバッグも小さくミニマムなのがおしゃれ。

ポーチの中も軽量化するといいかもしれません。

プロおすすめのアイテム(写真)

クッションファンデはスタンプを押すようにポンポンと塗るとツヤ肌に仕上がります。

(右から)

・アンクル ド ポー ルクッション SPF23・PA++ 全7色 /イヴ・サンローラン・ボーテ

・セルヴォーク ディグニファイド リップス 20/セルヴォーク

・綿棒/私物

【次のエピソードを読む】「メイク道具のお手入れしていますか?」プロが教える簡単なメンテナンス法

【最初から読む】美肌メイクのプロが教える「化粧下地」

【まとめ読み】「38歳からしたいメイク」記事リストはこちら!

撮影/奥村恵子

81cWrf7NcCL.jpg

女優も支持するメイクのプロが薦めるアイテム。その他、色選びからスキンケア、メイク方法まで全6章で紹介しています

 

佐々木貞江(ささき・さだえ)
メイクアップアーティスト。1987年に大手サロンStudio V入社。ヘアメイクアップアーティストとして活動開始。その後、大手化粧品メーカー、Image、Perle managementを経て、広告やファッション・ビューティー誌を中心に活動する。大人の女性の魅力を存分に引き出すメイクは第一線で活躍する女優やモデルにも好評に。

shoei.jpg

『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』

(佐々木貞江/すばる舎)

しみやたるみなどエイジングサインが現れ始める30代後半。気になっている部分も、年齢に合わせた大人のメイクで、上手に解消することができます。女優も一押しの美肌メイクのプロが、その方法論や実際に使うアイテムなどをまとめた、大人のためのメイク教本です。

※この記事は『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(佐々木貞江/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP