大人の肌には「マスト」なんです。美肌メイクのプロ「大人女性に勧めたい化粧下地」

年齢を重ねるにつれ変わってくるメイクの悩み。多くの女性誌で活躍する美肌メイクのプロ・佐々木貞江さんは、「30代後半から何を使うかがその先を決める」と言います。そこで、佐々木さんの著書『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(すばる舎)から、大人世代のキレイを決める「メイク術とアイテム」を毎日連載でお届けします。

141-001_027.jpg

化粧下地でメイク全体の印象が変わる

みずみずしい肌なだけで元気な人に見えるように、肌は全体の印象を決める大切なポイント。

それにもかかわらずシミやしわ、くすみなどは年齢とともに増えるばかり......。

化粧下地は、そんな大人の肌になくてはならないアイテムです。

さまざまな肌悩みが出てきた大人だからこそ、下地で肌を一度ゼロの状態に整えることがメイクの準備段階として欠かせません。

休日や近所への買い物程度なら、下地だけでベースメイクを完了させても問題ないくらいに補正効果が高いので、下地を使わないのはもったいない!

大人ほど陥りやすいベースメイクの厚塗りも、下地で予防できますし、下地を使い分けるだけでベースメイクのイメチェンだってできるのです。

選ぶときは保湿力、伸びの良さ、透明感のあるものを基準に。

ほとんどの下地にUVカット機能は備わっていると思いますが、紫外線量の多い季節には、日焼け止めと合わせて使いましょう。

プロおすすめのアイテム(写真)

ポール&ジョー(右上)とRMK(中央)はパール感のあるタイプ。

ソフィーナ(左)はテカリ防止用。潤った肌をつくるときはアンプリチュード(左下)、イヴ・サンローラン(右下)は、ポイント使いと、下地の用途別にいくつか持っておくのがおすすめです。

(右から反時計周りに)ラトゥーエクラ ファンデーションプライマー、クリーミィ ポリッシュト ベース、プリマヴィスタ皮脂くずれ防止化粧下地、クリアカバーリキッドベース、ラディアント タッチ グロウ ショット/すべて私物

【次のエピソードを読む】大人世代は「リップ」をTPOで変える。美肌メイクのプロ「洋服のように使い分けてみて」

【まとめ読み】「38歳からしたいメイク」記事リストはこちら!

撮影/奥村恵子

81cWrf7NcCL.jpg

女優も支持するメイクのプロが薦めるアイテム。その他、色選びからスキンケア、メイク方法まで全6章で紹介しています

 

佐々木貞江(ささき・さだえ)
メイクアップアーティスト。1987年に大手サロンStudio V入社。ヘアメイクアップアーティストとして活動開始。その後、大手化粧品メーカー、Image、Perle managementを経て、広告やファッション・ビューティー誌を中心に活動する。大人の女性の魅力を存分に引き出すメイクは第一線で活躍する女優やモデルにも好評に。

shoei.jpg

『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』

(佐々木貞江/すばる舎)

しみやたるみなどエイジングサインが現れ始める30代後半。気になっている部分も、年齢に合わせた大人のメイクで、上手に解消することができます。女優も一押しの美肌メイクのプロが、その方法論や実際に使うアイテムなどをまとめた、大人のためのメイク教本です。

※この記事は『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(佐々木貞江/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP