大人世代は「リップ」をTPOで変える。美肌メイクのプロ「洋服のように使い分けてみて」

年齢を重ねるにつれ変わってくるメイクの悩み。多くの女性誌で活躍する美肌メイクのプロ・佐々木貞江さんは、「30代後半から何を使うかがその先を決める」と言います。そこで、佐々木さんの著書『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(すばる舎)から、大人世代のキレイを決める「メイク術とアイテム」を毎日連載でお届けします。

141-002-029.jpg

メイクのトレンド感を高める、定番と旬の口紅

メイクの華やかさは口元で決まる、と言っても過言ではありません。

大人世代なら、TPOで洋服を変えるように、ぜひリップを使い分けてみてください。

そのとき必ず持っておきたいのは、どんなシーンでも浮かない定番の1本。

オンでもオフでも使えて、顔色を明るく見せてくれる「マイベストリップ」は、毎日の自信につながるお守りみたいなアイテムです。

また、赤リップをつけこなす女性がここ数年で増えてきたように、リップはトレンド感が強く出るパーツ。

おしゃれを楽しむためにもシーズンごとに1本、新色を取り入れてみませんか?

写真の左のようなマットな質感のリキッドリップもおすすめです。

塗るだけで去年買ったワンピースも今年らしいおしゃれに見せてくれるはず。

リップメイクには特別なテクニックは必要ありません。

アクセサリーを付け替える感覚で楽しんでください。

その好奇心がポジティブな魅力につながります。

プロおすすめのアイテム(写真)

最近のお気に入りは定番的に使えるシャネルの#174(右)と今っぽい質感のアルマーニのリキッドルージュ。

(右から)ルージュ アリュール 174、リップ マグネット 407/ともに私物

【次のエピソードを読む】38歳からの大人女性の肌に。美肌メイクのプロが勧める「ジャブジャブ使える化粧水」とは

【最初から読む】美肌メイクのプロが教える「化粧下地」

【まとめ読み】「38歳からしたいメイク」記事リストはこちら!

撮影/奥村恵子

81cWrf7NcCL.jpg

女優も支持するメイクのプロが薦めるアイテム。その他、色選びからスキンケア、メイク方法まで全6章で紹介しています

 

佐々木貞江(ささき・さだえ)
メイクアップアーティスト。1987年に大手サロンStudio V入社。ヘアメイクアップアーティストとして活動開始。その後、大手化粧品メーカー、Image、Perle managementを経て、広告やファッション・ビューティー誌を中心に活動する。大人の女性の魅力を存分に引き出すメイクは第一線で活躍する女優やモデルにも好評に。

shoei.jpg

『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』

(佐々木貞江/すばる舎)

しみやたるみなどエイジングサインが現れ始める30代後半。気になっている部分も、年齢に合わせた大人のメイクで、上手に解消することができます。女優も一押しの美肌メイクのプロが、その方法論や実際に使うアイテムなどをまとめた、大人のためのメイク教本です。

※この記事は『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(佐々木貞江/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP