38歳からの大人女性の肌に。美肌メイクのプロが勧める「ジャブジャブ使える化粧水」とは

年齢を重ねるにつれ変わってくるメイクの悩み。多くの女性誌で活躍する美肌メイクのプロ・佐々木貞江さんは、「30代後半から何を使うかがその先を決める」と言います。そこで、佐々木さんの著書『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(すばる舎)から、大人世代のキレイを決める「メイク術とアイテム」を毎日連載でお届けします。

141-003-031.jpg

つややかな肌を作るのは、たっぷりの化粧水

みずみずしさは、きれいな人の必須条件。

肌が潤ってさえいれば、多少のシミやしわなんかは気にならないほどに、大人の美しさの土台になります。

化粧水はただ潤いを補うというだけでなく、メイクをきれいに仕上げるために使う、という意味もあるのです。

そのみずみずしさを補ってくれるのが化粧水です。

撮影の現場でも、メイク前のスキンケアは欠かせません。

化粧水によって肌を潤いで満たすことで、ファンデーションのノリもよくなり、厚塗りを防ぐことにもつながるのです。

年齢を重ねれば、当然肌の水分量は落ちてくるもの。

だから化粧水は、肌にジャブジャブ使えるものを選びましょう。

私自身は、価格や成分はあまり気にしていません。

それよりも使って心地いいもの、たっぷり惜しみなく使えるかが選ぶ基準です。

とにかく惜しみなく2度、3度と重ねると、肌はきっと変わります!

プロおすすめのアイテム(メイン写真)

たっぷり使えてさっぱりとした使い心地のもののほうが、重ね塗りには適していると思います。

香りも選ぶ基準なので、気分によって使い分けます。

(写真右から)

・アルジェラン モイスト ローション/私物

・薬用スキンコンディショナー エッセンシャル[医薬部外品] 165ml /アルビオン

・アクセーヌ モイストバランス ローション/私物

【次のエピソードを読む】「手にも塗ればよかった・・・」5年後、10年後のお肌のために。美肌メイクのプロが使う「UVアイテム」

【最初から読む】美肌メイクのプロが教える「化粧下地」

【まとめ読み】「38歳からしたいメイク」記事リストはこちら!

撮影/奥村恵子

81cWrf7NcCL.jpg

女優も支持するメイクのプロが薦めるアイテム。その他、色選びからスキンケア、メイク方法まで全6章で紹介しています

 

佐々木貞江(ささき・さだえ)
メイクアップアーティスト。1987年に大手サロンStudio V入社。ヘアメイクアップアーティストとして活動開始。その後、大手化粧品メーカー、Image、Perle managementを経て、広告やファッション・ビューティー誌を中心に活動する。大人の女性の魅力を存分に引き出すメイクは第一線で活躍する女優やモデルにも好評に。

shoei.jpg

『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』

(佐々木貞江/すばる舎)

しみやたるみなどエイジングサインが現れ始める30代後半。気になっている部分も、年齢に合わせた大人のメイクで、上手に解消することができます。女優も一押しの美肌メイクのプロが、その方法論や実際に使うアイテムなどをまとめた、大人のためのメイク教本です。

※この記事は『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(佐々木貞江/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP