30代後半「眉づくり」はワンアイテムだけじゃ難しい・・・美肌メイクのプロが仕事で使う「アイブロウパレット」

年齢を重ねるにつれ変わってくるメイクの悩み。多くの女性誌で活躍する美肌メイクのプロ・佐々木貞江さんは、「30代後半から何を使うかがその先を決める」と言います。そこで、佐々木さんの著書『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(すばる舎)から、大人世代のキレイを決める「メイク術とアイテム」を毎日連載でお届けします。

141-004-070.jpg

自然な眉つくりには、3色以上のアイブロウパレット

素敵だなと思う女性は眉づくりが上手。

しかも、眉が特別目立っておらず、とてもナチュラルです。

一方で、眉をつくるのが苦手な人は、ひとつのツールしか使っていない場合が多いように思います。

理想は顔から浮かない自然な眉。

実際にメイクの現場でも、特別なリクエストがない限りはその人の眉を生かすようにメイクします。

カーブや長さにこだわるのではなく、今生えている眉に肉づけをする程度で十分。

そのために欠かせないのがアイブロウパウダーです。

パウダーならではのふんわりとした質感が、柔らかな表情をつくってくれますし、色を混ぜれば自分にぴったりの色をつくれます。

実はペンシルよりも密着度が高いので、落ちにくい眉もパウダーだから叶えられるというメリットも。

ただ、メイクの際には付属のブラシではなく、アイブロウブラシを使いましょう。

それだけで仕上がりは格段に変わります。

眉色は、髪色に合わせると、顔全体から浮くことがなく品良くまとまります。

プロおすすめのアイテム(写真)

仕事でもよく使っている2アイテム。

ルナソル(下)の左の2色はハイライトやノーズシャドウとしても使えますよ。

(上)ディオール バックステージ ブロウ パレット 002 /パルファン・クリスチャン・ディオール

(下)ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01/カネボウ化粧品

【次のエピソードを読む】大人の「洗練眉」どう作れば? メイクのプロは「細目ペンシルやリキッド」も合わせ使い

【最初から読む】美肌メイクのプロが教える「化粧下地」

【まとめ読み】「38歳からしたいメイク」記事リストはこちら!

撮影/奥村恵子

81cWrf7NcCL.jpg

女優も支持するメイクのプロが薦めるアイテム。その他、色選びからスキンケア、メイク方法まで全6章で紹介しています

 

佐々木貞江(ささき・さだえ)
メイクアップアーティスト。1987年に大手サロンStudio V入社。ヘアメイクアップアーティストとして活動開始。その後、大手化粧品メーカー、Image、Perle managementを経て、広告やファッション・ビューティー誌を中心に活動する。大人の女性の魅力を存分に引き出すメイクは第一線で活躍する女優やモデルにも好評に。

shoei.jpg

『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』

(佐々木貞江/すばる舎)

しみやたるみなどエイジングサインが現れ始める30代後半。気になっている部分も、年齢に合わせた大人のメイクで、上手に解消することができます。女優も一押しの美肌メイクのプロが、その方法論や実際に使うアイテムなどをまとめた、大人のためのメイク教本です。

※この記事は『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(佐々木貞江/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP