炭酸と塩の入浴剤で透明感を。美肌メイクのプロが教える「大人の肌を整える入浴剤」

年齢を重ねるにつれ変わってくるメイクの悩み。多くの女性誌で活躍する美肌メイクのプロ・佐々木貞江さんは、「30代後半から何を使うかがその先を決める」と言います。そこで、佐々木さんの著書『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(すばる舎)から、大人世代のキレイを決める「メイク術とアイテム」を毎日連載でお届けします。

141-004-037.jpg

炭酸と塩の入浴剤で、透明感をある肌を

肌のくすみやメイクノリの悪さは、血行不良からきていることがほとんど。

メイクアップアーティストが、モデルの顔や肩周りを念入りにマッサージしてからメイクするのは、血液の巡りをよくしてコンディションのいい肌に整えるためです。

お風呂は毎日の中で無理なくできる血流アップ方法です。

忙しいときほど、お風呂を味方につけましょう。

そのときにおすすめしたいのが入浴剤。

体調に合わせて入浴剤も使い分けると、癒し度がグッと高まります。

シュワシュワと発泡する炭酸系の入浴剤は、疲労回復をサポートしてくれる効果があるので、1日中外出していた日の疲れた体や、デスクワークで凝り固まった体をほぐしてくれます。

また、頭をフル回転させた日や、イライラしたときなどはたっぷり汗のかけるバスソルトがおすすめです。

お気に入りの香りのものをいくつか用意したり、エッセンシャルオイルと組み合わせて使うのもいいですね。

大人のきれいは、付け焼き刃的なお手入れだけではどうにもならないもの。

それをサポートしてくれるのが毎日のお風呂であり、入浴剤なんです。

プロおすすめのアイテム(写真)

バスソルトはアロマの香りや塩の成分で使い分けるのも。

(右から)

・ローズダイブ バスソルト 285g/SHIGETA

・バブ 薬用メディキュア/私物

・薬用BARTH 中性重炭酸入浴剤/TWO

・エプソルト・ボタニカル/私物

【次のエピソードを読む】30代後半を超えたら「ながら美容」を! 美肌メイクのプロお勧め「いい肌に整えるシートマスク」

【最初から読む】美肌メイクのプロが教える「化粧下地」

【まとめ読み】「38歳からしたいメイク」記事リストはこちら!

撮影/奥村恵子

81cWrf7NcCL.jpg

女優も支持するメイクのプロが薦めるアイテム。その他、色選びからスキンケア、メイク方法まで全6章で紹介しています

 

佐々木貞江(ささき・さだえ)
メイクアップアーティスト。1987年に大手サロンStudio V入社。ヘアメイクアップアーティストとして活動開始。その後、大手化粧品メーカー、Image、Perle managementを経て、広告やファッション・ビューティー誌を中心に活動する。大人の女性の魅力を存分に引き出すメイクは第一線で活躍する女優やモデルにも好評に。

shoei.jpg

『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』

(佐々木貞江/すばる舎)

しみやたるみなどエイジングサインが現れ始める30代後半。気になっている部分も、年齢に合わせた大人のメイクで、上手に解消することができます。女優も一押しの美肌メイクのプロが、その方法論や実際に使うアイテムなどをまとめた、大人のためのメイク教本です。

※この記事は『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(佐々木貞江/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP