コスパのいいお買い物バッグ。人気スタイリストが10年以上使う「エル・エル・ビーンのトートバッグ」

安くていい洋服が欲しい!誰もが思うその願望を、人気スタイリスト・福田麻琴さんがアドバイス――今回は、福田さんの著書『コスパのいい服』(すばる舎)の中で紹介されている「品質&予算に大満足の10ブランド」と「手軽に楽しめるおしゃれ小物」を抜粋してお届け。気軽に買いものすることが難しくなった今だからこそ、本当に「コスパのいい服」を探してみて。

122-014-141.jpg

エル・エル・ビーンのトートバッグ

[選ぶ理由]大容量でタフ。軽くてシンプルなキャンバス生地

食材や日用品の買い出しや、週末に開催されるファーマーズマーケットに、必ず持って行くのがエル・エル・ビーンの「グローサリー・トート」。

かれこれ10年以上、一つをずっと使い続けています。

たっぷり入るサイズ感で、マチ幅もしっかりあります。

荷物をパンパンに詰めても、何度となく洗濯を繰り返しても、ちょっとやそっとではダメになりません。

10年以上使い続けている私が保証します(笑)。

素材は薄くて軽いキャンバス生地。

小さく折りたたむことができるので、携帯にも便利。

使い込むほどに味わいが増すところも気に入っています。

私は普段の買い物をメインに使用していますが、子どもと公園に遊びに行くときや、ピクニックといった、何かと荷物が多くなるレジャーシーンにもぴったり。

近頃は雑誌の付録やショップのオリジナルなど、可愛いエコバッグが増えていますが、これだけ大容量&丈夫で、シーンや着こなしを選ばないシンプルさで2400円って、探してもそう出会えません。

これからも、ずーっと、お世話になります!

ロングセラーを誇るコットン100%のビッグサイズトート。

定番のナチュラルに加えて2018年の秋冬にネイビー、2019年春夏にはダスティオリーブとピューター(グレイ)が仲間入り。

サイズは縦37cm×横45cm×マチ17cm。

122-014-142.jpg

「柔らかな生成りのキャンバス生地の雰囲気がたまらなく好き!」

Tシャツ:SINME カーディガン:Maison Margiela パンツ:12closet

122-014-143.jpg

「私の頼もしいショッピングバッグ。ザクザク入って夫ともシェアできます!」

写真/須藤敬一(人物写真)・石澤義人(静物写真)

※2019年8月の発売時点情報です。掲載商品につきましては、売れ切れ、販売終了の可能性があります。

【次のエピソードを読む】この時期、かばんに1本。かさばらなくて軽い「マッキントッシュ フィロソフィー」の折りたたみ傘

【最初から読む】人気スタイリストの「ユニクロ」コーデ術

あのブランドのおしゃれコーデを【まとめ読み】『コスパのいい服』記事リスト

H1-122-コスパのいい服.jpg

人気スタイリストが、買って損をしない50のアイテムを厳選。よく知るあのブランドの知られざる魅力も

 

福田麻琴(ふくだ・まこと)
1978年生まれ。スタイリスト。雑誌「LEE」の公式サイトでコラム「マコトのおしゃれゴト」を連載。Webマガジン「mi-mollet」の「春夏秋冬、おしゃれのハナシ」や自然派ママの情報サイト「hahaha!」では親子向けのアイテムを紹介している。著書に『38歳から着たい服』(すばる舎)『THE FRENCH STYLE BOOK』(KADOKAWA)がある。

shoei.jpg

『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』

(福田麻琴/すばる舎)

雑誌「LEE」などで活躍する人気スタイリストが、無印、ユニクロ、GAPなど誰もが知っているお店のアイテムから、10年後も使える名品まで、厳選した50のアイテムをセレクト。誰でもおしゃれに着こなせる90のコーディネートも教えてくれるので、普段のおしゃれの参考に。コスパ、よすぎます。

※この記事は『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』(福田麻琴/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP