【ZARA】スタイリスト福田麻琴さんが選ぶコスパのいい10大ブランド「トレンド探すならZARA」

安くていい洋服が欲しい!誰もが思うその願望を、人気スタイリスト・福田麻琴さんがアドバイス――今回は、福田さんの著書『コスパのいい服』(すばる舎)の中で紹介されている「品質&予算に大満足の10ブランド」と「手軽に楽しめるおしゃれ小物」を抜粋してお届け。気軽に買いものすることが難しくなった今だからこそ、本当に「コスパのいい服」を探してみて。

122-003-071.jpg

ZARA

[選ぶ理由] 世界のトレンドを感じられるブランド

ZARA(ザラ)へは、手持ちのベーシックな服がアップデートできるような、トレンド感のあるアイテムを探しに行くことが多いです。

そして新しい季節の新作が並びはじめるシーズンの立ち上がりには、必ずお店を訪れて、今季はどんな色や柄、素材、デザインが来るのかをリサーチ。

インポートブランドだから、日本だけの、ではなく世界的なトレンドを感じることができます。

たとえば、すごくリネン素材が多いなとか、この秋はゴールドの気分なのね、などなど。

私の場合は個人的というよりも、スタイリスト目線のほうが強いのですが、それを感じるだけでも、おしゃれのアイディアが広がると思います。

ここで紹介する洋服も、ベーシックがちょっと進化したものばかり。

単体での着映え力が高く、いつもの洋服に合わせるだけで旬の着こなしができるものを意識しました。

ちなみに白いサロペットは、私が挑戦したいアイテムの一つ。

その季節に何回着回せるか......。

やっぱりコストを考えちゃいます。

大人の女性がトレンドアイテムを探すなら、やっぱりZARAは、はずせません!

●ZARA

1987年、スペインに第1 号店をオープンし、現在(2019 年)は95 カ国で展開する。エシカル(環境保全や社会貢献)な活動にも力を入れており、上の写真の左上のコートには15%以上のリサイクルコットンが使われています。

ハレの日コーデが今っぽく

122-003-072-1.jpg

上品な光沢と落ち感のあるテラコッタ色(オレンジがかった茶色)のトレンチを、オール黒のスカートスタイルに合わせて。

リッチな配色がドレスアップしたいときにぴったり!

コート:ZARA インナー:Curensology スカート:YLEVE サングラス:EYEVAN 7285 バングル:CATHs バッグ:MAISON N.H PARIS 靴:NEBULONI E.

等身大の甘辛バランスが完成

122-003-072-2.jpg

上半身が華やかに映るコットンレースのブラウスは、ZARA の得意分野。

ベイカーパンツのような辛口ボトムスとなら、大人にベストな可愛げが。

着るだけで気分が上がります。

ブラウス:ZARA パンツ:12closet イヤリング:Ray BEAMS スカーフ:HERMES バッグ:12closet 靴:J&M DAVIDSON

個性のあるデニムには黒が有効

122-003-073-1.jpg

デニムは白と水色の間のような絶妙カラーでハイウエストの太めテーパード。

旬を感じるデザインだから、フレンチシックな着こなしも今どき!

パリジェンヌを気取って。

デニムパンツ:ZARA トップス:OUTERSUNSET 帽子:SENSE OF PLACE サングラス:EYEVAN 7285 ネックレス:TIFFANY & CO. バッグ:agnes b. 靴:MOHI

大人配色でトレンド上手に!

122-003-073-2.jpg

気心知れた仲間と会う日こそ親近感に少しの先取りを。

白のサロペットは白Tシャツとなじませ柔和な雰囲気に。

引き締め役は茶色の小物で上品にまとめて。

ジャンプスーツ:ZARA Tシャツ:SINME バングル:SYMPATHY OF SOUL バッグ:LOUIS VUITTON 靴:HERMES

デザイン性の高い優秀小物も見逃せない!

ZARAは洋服だけでなく、バッグや靴、ネックレス、ストールといった小物も優秀。

衣装をさらに盛り上げたいときに頼りにしています。

小物で、せっかくプラスアルファしたのに、全体の印象が盛り下がってしまっては、本末転倒......。

でも、ZARAで選ぶ小物は違います!

合成皮革でも本革と変わらない高級感のある風合いを再現していたり、PVC(塩化ビニール)やフェイクファーなど"チープな可愛さ"が魅力の素材にも、大人が身につけやすい工夫が、必ずといっていいほど施されています。

下の写真で私が持っているショルダーバッグもその一例。

バケツ型のボディは透明なPVC素材ですが、荷物が見えないように、なかに綿麻生地の巾着をセット。

色合いやストラップ使いもシックで、気が利いています。

洋服でトレンド感を出すのが苦手な人は、小物から挑戦してみてはいかがでしょう。

ひとつ小物を身につけるだけで、今っぽさが出せますよ!

122-003-075.jpg

値札を確認すると「予想以上にお手頃だった」ということが、ZARAの小物で何度もあります。

高見え力があり、いつもの着こなしに一点加えるだけで今どき感が増すデザインは、毎シーズン、私の仕事仲間の間でも人気です。

バッグ:ZARA ワンピース:UNDECORATED デニムパンツ:LEVI'SR (vintage) スカーフ:HERMES(vintage) イヤリング:Ray BEAMS 靴:ISABEL MARANT

写真/須藤敬一(人物写真)・石澤義人(静物写真)

※2019年8月の発売時点情報です。掲載商品につきましては、売れ切れ、販売終了の可能性がございます。

【次のエピソードを読む】人気スタイリストの【GAP】コーデ!あらためて伝えたい「デニムのバリエーションのすごさ」

【最初から読む】人気スタイリストの「ユニクロ」コーデ術

あのブランドのおしゃれな着こなし方がわかる『コスパのいい服』記事リスト

H1-122-コスパのいい服.jpg

人気スタイリストが、買って損をしない50のアイテムを厳選。よく知るあのブランドの知られざる魅力も

 

福田麻琴(ふくだ・まこと)
1978年生まれ。スタイリスト。雑誌「LEE」の公式サイトでコラム「マコトのおしゃれゴト」を連載。Webマガジン「mi-mollet」の「春夏秋冬、おしゃれのハナシ」や自然派ママの情報サイト「hahaha!」では親子向けのアイテムを紹介している。著書に『38歳から着たい服』(すばる舎)『THE FRENCH STYLE BOOK』(KADOKAWA)がある。

shoei.jpg

『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』

(福田麻琴/すばる舎)

雑誌「LEE」などで活躍する人気スタイリストが、無印、ユニクロ、GAPなど誰もが知っているお店のアイテムから、10年後も使える名品まで、厳選した50のアイテムをセレクト。誰でもおしゃれに着こなせる90のコーディネートも教えてくれるので、普段のおしゃれの参考に。コスパ、よすぎます。

※この記事は『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』(福田麻琴/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP