人気スタイリストが40代女性に教えたい【コエ】の魅力「肌見せ具合が大人にちょうどいい」

安くていい洋服が欲しい!誰もが思うその願望を、人気スタイリスト・福田麻琴さんがアドバイス――今回は、福田さんの著書『コスパのいい服』(すばる舎)の中で紹介されている「品質&予算に大満足の10ブランド」と「手軽に楽しめるおしゃれ小物」を抜粋してお届け。気軽に買いものすることが難しくなった今だからこそ、本当に「コスパのいい服」を探してみて。

122-008-101.jpg

コエ

[選ぶ理由]"ただ着るだけ"で絵になるカジュアル服

ヘルシー志向のカフェやドーナッツ店、渋谷の中心にホテルをオープンさせるなど、アパレルだけにとどまらず、さまざまな分野で新しいことを展開しているコエ(koe)。

デビューした当初は、40代の女性というよりは、もう少し若い世代向けかな?と思っていたのですが、展示会をのぞくたびに、私たち世代にもフィットするアイテムが増え、以来、個人的にも気になるブランドになっています。

上の写真のノースリーブトップスやワンピースのように、コエの洋服は基本的にシンプルでカジュアル。

けれど、ノースリーブは肩のラインがギリギリ隠れるくらいのカッティングだったり、ストライプ柄のシャツワンピースは、バサッとかぶるだけで自然な抜き襟になり、イレギュラーヘム(裾のラインが不規則なっているデザイン)が雰囲気のある揺れ感を演出してくれたり......。

肌見せの具合いが大人の女性にちょうどよく、シンプルなのに寂しく見えない。

大人の女性が使い勝手がよいと感じられる工夫がなされています。

コーディネートもすごくしやすいし、値段もお手頃なので、コスパ面でも頼もしいです!

●koe(コエ)

2014年に誕生したライフスタイルブランド。アパレルでは2018年秋冬より、生産工程で余ったり破棄されてしまう生地を、商品として蘇らせる「コエ エシカルプロジェクト」が始動。地球に優しい環境保全活動にも注目です。

軽やかなベージュ小物で颯爽と

122-008-102-1.jpg

リラックス感があるけどきれいめで都会的なスキッパー(首元がV字でボタン等がないデザイン)のシャツワンピースは、ヌケ感のある小物と。

一枚で、さらっと着るのが素敵!

シャツワンピース:koe バングル:TIFFANY & CO. スカーフ:HERMES バッグ:MYTHINKS 靴:MOHI

パンツ合わせで大人な肌見せを攻略

122-008-102-2.jpg

タンクトップやキャミソールで外を歩くのは勇気がいるけれど、肩のラインが隠れる、着丈の長いデザインなら上品。

夏らしい小物を合わせたら、リゾート地での観光にぴったり。

白トップス:koe パンツ:Scye サングラス:EYEVAN 7285 ブレスレット:HERMES バッグ:Sans Arcidet 靴:MARISA REY

子どもと思いっきり遊ぶ日に!

122-008-103-1.jpg

風合いに表情のあるワッフル生地に品のあるブラウン。

コンパクトなので、太いハイウエストのデニムともバランス良好で、リュックやキャップを大人めに引き寄せるのにも◎。

トップス:koe パンツ:nagonstans 帽子:lululemon バングル:SYMPATHY OF SOUL リュック:THE NORTH FACE 靴:VEJA

デニムに重ねても好バランス

122-008-103-2.jpg

ドレスアップしたい日にも重宝する黒のミモレ丈ワンピース。

相反する切りっぱなしデニムに重ねると、今っぽい着崩し感が出ます。

色数を抑えると、大人っぽく仕上がりますよ。

黒ワンピース:koe デニムパンツ:Shinzone イヤリング:Ray BEAMS ネックレス:NO BRAND バッグ:J&M DAVIDSON 靴:J&M DAVIDSON

コスパがいいおしゃれの"ちょっと先"がある

下の写真で着ているのは、リネン混素材のワンピースです。

そのまま着るとストンとしたシルエットのマキシ丈で、こんなふうに共布のリボンベルトを結ぶと適度なメリハリがつき、ブラウジングの加減で着丈の調節もできます。

とても使い勝手のよいデザインですが、私が一番に惹かれたのは、その鮮やかな発色でした。

年齢を重ねていくと、どうしても髪や肌に艶が少なくなっていくものです。

そんなときに効果的なのが、華やかなアクセサリーと同じように"艶を補う"効果のある鮮やかな色。

着こなし方を考えなくていいワンピースなら、ラクに叶います。

コエの洋服は、夏物だとほとんどが7000円以下で手に入りますが、高見えする鮮やかな色がとっても上手。

気軽に新しい色に挑戦することができます。

もう一つ、コエの環境問題への取り組み方にも魅力を感じています。

工場で余った生地を商品として再生させたり、環境に配慮し栽培されたオーガニックコットンのよさを身近に感じられるようにTシャツを990円で発売したり......。

買い手の私たちが肩ひじ張らずに取り入れられる発想、すごくいいなと思います。

122-008-105-1.jpg

似合わないと決めつけず、いろんな色を試すと、おしゃれの可能性は広がります。

事実、私もそうでした!

ワンピース:koe イヤリング:Ray BEAMS バングル:TIFFANY & CO. バッグ:MAISON N.H PARIS 靴:ATP Atelier

122-008-105-2.jpg

オーガニックコットンのTシャツは、ユニセックスな大人用と子ども用が。

家族みんなで着るものいいですね。

黄Tシャツ:koe Tシャツ:koe

写真/須藤敬一(人物写真)・石澤義人(静物写真)

※2019年8月の発売時点情報です。掲載商品につきましては、売れ切れ、販売終了の可能性があります。

【次のエピソードを読む】人気スタイリストが40代に教えたい【ビーイング by ビームス】の魅力「遊び心とものづくりへのこだわり」

【最初から読む】人気スタイリストの「ユニクロ」コーデ術

あのブランドのおしゃれコーデを【まとめ読み】『コスパのいい服』記事リスト

H1-122-コスパのいい服.jpg

人気スタイリストが、買って損をしない50のアイテムを厳選。よく知るあのブランドの知られざる魅力も

 

福田麻琴(ふくだ・まこと)
1978年生まれ。スタイリスト。雑誌「LEE」の公式サイトでコラム「マコトのおしゃれゴト」を連載。Webマガジン「mi-mollet」の「春夏秋冬、おしゃれのハナシ」や自然派ママの情報サイト「hahaha!」では親子向けのアイテムを紹介している。著書に『38歳から着たい服』(すばる舎)『THE FRENCH STYLE BOOK』(KADOKAWA)がある。

shoei.jpg

『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』

(福田麻琴/すばる舎)

雑誌「LEE」などで活躍する人気スタイリストが、無印、ユニクロ、GAPなど誰もが知っているお店のアイテムから、10年後も使える名品まで、厳選した50のアイテムをセレクト。誰でもおしゃれに着こなせる90のコーディネートも教えてくれるので、普段のおしゃれの参考に。コスパ、よすぎます。

※この記事は『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』(福田麻琴/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP