「品のいいコスパブランドの代表格」人気スタイリストが改めて教えたい【プラステ】の魅力

安くていい洋服が欲しい!誰もが思うその願望を、人気スタイリスト・福田麻琴さんがアドバイス――今回は、福田さんの著書『コスパのいい服』(すばる舎)の中で紹介されている「品質&予算に大満足の10ブランド」と「手軽に楽しめるおしゃれ小物」を抜粋してお届け。気軽に買いものすることが難しくなった今だからこそ、本当に「コスパのいい服」を探してみて。

122-007-095.jpg

プラステ

[選ぶ理由]品の良さを得意とするコスパブランドの代表格

「私にはコンサバすぎる」「コンサバすぎて、この服は着られない」......。

近年"コンサバ"という言葉は、マイナスなものとして用いられることが多いかもしれません。

コンサバは英語のコンサバティブの略称で、"保守的な"という意味。

これをファッションに置き換えたとき、"無難でつまらないもの"と捉える人も少なくありません。

けれどコンサバは、大人の女性にこそ必要性を感じます。

なぜなら、毎日の服装におけるコンサバには"誰からもよい印象を持たれる品のよさ"も含まれていると思うからです。

そんな品のよいアイテムを得意とするコスパブランドといえば、プラステ。

今回セレクトしたリブニット、コート、チュニックシャツ、ヒールパンプスも、パッと目に入ったとき、最初に受ける印象は"品のよさ"です。

きちんとした装いにはもちろん、カジュアルを上品に仕上げたいオフの日も、一点投入するだけで違いが出ます。

下の写真では、それがわかる着こなし例を紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

●PLST(プラステ)

さまざまな生活を送る女性に向けて、2002年に誕生。素材と着心地、着こなしに徹底的にこだわった商品は、店舗や顧客の声から生まれるものも多く、抜群の快適さと美脚効果を備えた写真上の「はたラクパンプス」もその一つ。

デニムパンツをよそ行きに

122-007-096-1.jpg

顔まわりがすっきり見えるVネックとボリューム袖の対比がおしゃれなチュニックブラウス。

ストライプ柄の清潔感も相まって、ヴィンテージデニムもきれいめな印象に。

ブラウス:PLST デニムパンツ:LEVI'SR(vintage) サングラス:OLIVER PEOPLES ブレスレット:HERMES 時計:Cartier バッグ:LOUIS VUITTON 靴:Maison Margiela

フィット&フレアで女度を高めて

122-007-096-2.jpg

体に自然にフィットし、二の腕をきれいにカバーする五分袖のリブニットは、Tシャツのような気軽さがあり上品さも保てる一枚。

フレアスカートとの相性は右に出る者なし。

白ニット:PLST スカート:YLEVE サングラス:EYEVAN 7285 時計:Cartier ブレスレット:dinh van 籠バッグ:Flea Store Vegetal 靴:HERMES

たちまち〝きれいな〟辛口コーデへ

122-007-097-1.jpg

クッション性、屈曲性、フィット感に優れ、機能と美しい履き姿を両立したパンプス。

辛口なパンツスタイルに合わせると、オフィスカジュアルにもOKな品が醸し出せます。

靴:PLST Tシャツ:ATON パンツ:Shinzone 眼鏡:MOSCOT ネックレス:HARPO 時計:Cartier リング:HARPO ベルト:J&M DAVIDSON バッグ:A.P.C.

品と余裕のある休日カジュアル

122-007-097-2.jpg

白いTシャツと白いデニムパンツに、落ち感の美しいネイビーのコートを。

高見えするリネン混素材×洗練デザインの組み合わせは、はおるだけで着こなしの格が上がります。

コート:PLST Tシャツ:SINME パンツ:Plage バングル:CATHs バッグ:J&M DAVIDSON 靴:J&M DAVIDSON

いつも新しい挑戦と進化があるブランド

プラステのアイテムには、毎シーズン何かしらの進化あります。

たとえば今季、動きやすく美脚効果も高いパンツが発売されたとして、その時点ではこれ以上に優秀なパンツはない!と思うのですが、次の季節になると、季節に合った快適機能が加えられていたり、より体がきれいに見えるシルエットに改良されていたり。

自己ベストを、自ら更新するようなイメージ。

常に新しい挑戦をしているのです!

そんなプラステで2019年春シーズン、個人的にときめいたのが、ロサンゼルスを拠点に活躍する女性デザイナー、ダニエル・シャーマンとのコラボライン。

鮮やかなオレンジ色のリブニットカーディガンは、プラステらしい上質かつ上品なベーシックなデザインのなかに、華奢なくるみボタンや手の甲の半分くらいまでを覆う袖丈など、さりげない遊び心が効いています。

普通に彼女が手がける服を買うとなったらかなり高額だと思うけれど、プラステとのコラボという形なら手が届き、デザインの魅力を味わうことができる。

さぁ、次はどんなことをするんだろう?

今から楽しみです。

122-007-099.jpg

ダニエル・シャーマンは、幼なじみであるアシュリー&メアリー・ケイト・オルセン姉妹とともにラグジュアリーブランド「THE ROW(ザ・ロウ)」を立ち上げたことでも有名。

海外デザイナーとのコラボは、初の試みだそう!

カーディガン:PLST スカート:ENFOLD バッグ:HERMES 靴:NEBULONI E.

写真/須藤敬一(人物写真)・石澤義人(静物写真)

※2019年8月の発売時点情報です。掲載商品につきましては、売れ切れ、販売終了の可能性があります。

【次のエピソードを読む】人気スタイリストが40代女性に教えたい【コエ】の魅力「肌見せ具合が大人にちょうどいい」

【最初から読む】人気スタイリストの「ユニクロ」コーデ術

あのブランドのおしゃれコーデを【まとめ読み】『コスパのいい服』記事リスト

H1-122-コスパのいい服.jpg

人気スタイリストが、買って損をしない50のアイテムを厳選。よく知るあのブランドの知られざる魅力も

 

福田麻琴(ふくだ・まこと)
1978年生まれ。スタイリスト。雑誌「LEE」の公式サイトでコラム「マコトのおしゃれゴト」を連載。Webマガジン「mi-mollet」の「春夏秋冬、おしゃれのハナシ」や自然派ママの情報サイト「hahaha!」では親子向けのアイテムを紹介している。著書に『38歳から着たい服』(すばる舎)『THE FRENCH STYLE BOOK』(KADOKAWA)がある。

shoei.jpg

『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』

(福田麻琴/すばる舎)

雑誌「LEE」などで活躍する人気スタイリストが、無印、ユニクロ、GAPなど誰もが知っているお店のアイテムから、10年後も使える名品まで、厳選した50のアイテムをセレクト。誰でもおしゃれに着こなせる90のコーディネートも教えてくれるので、普段のおしゃれの参考に。コスパ、よすぎます。

※この記事は『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』(福田麻琴/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP