ホールケーキをフライパンで♪ずぼらな人でも簡単に焼ける「チーズケーキ」レシピ

家にこもる日々が続いて気が滅入る...それならちょっと気分を変えて、今夜は家でパーティーをしてみませんか?「準備、調理、洗い物がラクに。そして何より楽しい!」と、夜ごはんのパーティー化を提案するレシピ本『とにかく盛り上がる夜ごはん』(文響社)から、1品作れば気分が上がる簡単パーティーレシピをお届けします。

111-010-124.jpg

最後の〆はやっぱりケーキ「フライパンチーズケーキ」

わざわざケーキを買いに行くほどじゃないけど、ちょっとうれしいことがあった。

そんな夜はケーキを作って、メッセージを書いちゃおう。

スティック状に切って保存すれば、今週のおやつにもなります。

材料(26cmのフライパン1個分)
クッキー生地
クッキー(プレーンタイプ)...16~18枚(100g)
牛乳...大さじ3~4
サラダ油...大さじ2
チーズ生地
クリームチーズ...250g(室温に戻す)
砂糖...80g
プレーンヨーグルト...1/4カップ
溶き卵...1個分
レモン汁...大さじ1
小麦粉...大さじ2
チョコペン...1本

作り方

①フライパン(26cm)を覆う大きさのオーブンシートを用意し、フライパンの縁に沿って四隅を切り落とす。

111-010-125-a.jpg4つ折りにしてからだと敷きやすい

②生地を作る。クッキーはポリ袋に入れて、手で細かく砕き、牛乳と油を加えてよくなじませる。

111-010-125-b.jpg袋は二重にしてね

③②をフライパンの底にてのひらで押して、平らに敷き詰める。ラップを使うと手が汚れない。

111-010-125-c.jpgギュッ

④クリームチーズは泡立て器でクリーム状に練り混ぜる。砂糖を加えてジャリジャリがなくなるまですり混ぜる。

111-010-125-d.jpg

⑤ヨーグルト、卵、レモン汁を順に少しずつ加えて混ぜる。小麦粉をふるいながら加え、なめらかになるまで混ぜる。

111-010-125-e.jpg

⑥③に⑤を流し入れてトントンとフライパンを叩きつけ、生地の中の空気を抜く。表面を平らにする。

111-010-125-f.jpg

⑦湯煎で溶かしたチョコペンで模様を書く。

111-010-125-g.jpg

⑧ふたをし、中火で2~3分、弱火で表面が乾くまで25~30分焼く。ふたをとって粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。

111-010-125-h.jpg15分たったら、ふたの水滴も拭いて

今夜はラクして楽しもう!「とにかく盛り上がる夜ごはん」記事リストを見る

111-H1-moriagaruyorugohan.jpgみんなで食べたいホットプレート料理から食べ比べメニュー、インパクト大の巨大フードまで30種以上のレシピが詰まってます

 

小田真規子(おだ・まきこ)
料理研究家、栄養士。スタジオナッツを主宰し、レシピ開発やフードスタイリングのほか、中学校技術・家庭教科書の料理監修などさまざまな食のニーズに携わる。著書は100冊に上り、料理の基本とつくりおきおかずの本は、ベストセラーに。

 

仲島綾乃(なかじま・あやの)
デザイン事務所勤務を経て、2016年よりフリーランス。『一日がしあわせになる朝ごはん』(文響社)をはじめ、書籍や雑誌のイラストレーション、デザインを中心に活動中。

 

谷綾子(たに・あやこ)
編集者。『料理のきほん練習帳』『失敗図鑑』(共に文響社)などを手掛ける。創刊した『こころのふしぎ なぜ? どうして?』(高橋書店)を含む楽しく学べるシリーズは、累計200万部を突破。

shoei.jpg

『とにかく盛り上がる夜ごはん』

(料理:小田真規子、絵:仲島綾乃、文:谷綾子/文響社)

第3回料理レシピ本大賞準大賞『一日がしあわせになる朝ごはん』のシリーズ第4弾。平日でも休日でも、みんなとでも1人でも、夜ごはんを「パーティー」にすると、実は料理も片付けもラクになる!ちゃんと作ると手間も時間もかかる「夜ごはん」に、劇的な新提案をするパーティーレシピ本です。

※この記事は『とにかく盛り上がる夜ごはん』(小田真規子/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP