おからパウダーと重曹を野菜ジュースに混ぜると...炭水化物の量が減らせる!?

簡単で続けやすいダイエットがないかな...という方へ。「食べる前に野菜ジュースを飲むだけ」の方法があるんです。管理栄養士の望月理恵子さんの著書『ダイエットの新提案 食べる前に飲む特製野菜ジュース』(アスコム)から、「血糖値を急激に上げない」「食べる量を自然に減らす」「らくらく続けられる」新しい野菜ジュースダイエット法をご紹介します。

pixta_61000695_S.jpg

ベジファーストパウダーの一番の特徴は、ダイエットに重要な「満腹感」を非常に覚えやすい、おからパウダーと重曹という、2つの最強の満腹コンビを混ぜあわせたものであるということです。ベジファーストパウダーとは、重曹(食用)とおからパウダーを合わせたものです。

即効性の満腹効果 重曹(食用)
野菜ジュースダイエット_パート1-2-3.jpg

持続性の満腹効果 おからパウダー
野菜ジュースダイエット_パート1-2-1.jpg


ダイエットの強い味方「ベジファーストパウダー」
野菜ジュースダイエット_パート1-2-2.jpg

この「ベジファーストパウダー」を野菜ジュースに混ぜるだけ!

何も加えていないただの野菜ジュースを食前に飲むのと、ベジファーストパウダー入りの野菜ジュースを飲むのとでは、ダイエット効果にかなりの違いがあります。

まずは、だまされたと思って、ごはんやパンなど、炭水化物の量をいつも食べている量の半分にしてみてください。

ベジファーストパウダー入りの野菜ジュースですでに満腹感を得ているので、主食を減らしても、それほど苦にはならないのではないでしょうか。

例えば、ごはん1膳(150g)を半膳にするだけで、カロリーは126キロカロリー、糖質は26.6g減らせ、かなりのダイエットになります。

yasai-1.jpg

必要な摂取量を超えて、食べすぎが続くと、脳が満腹感を覚えにくくなってしまいます。

ある意味、満腹中枢が狂っている状態です。

そういう状態だと、たくさん食べないと満腹感を得られなくなってしまいます。

食べる量を減らしていくと、自然と正常な量で満腹感を覚えられるようになります。

単に食べる量を減らすのは、非常につらいので、この満腹感を得やすい野菜ジュースの力を借りて、自然に食べる量を減らしていき、正常な状態へと戻していきましょう。

管理栄養士が開発した「食べる前に飲む特製野菜ジュース」記事リストはこちら!

taberuyasai_book.jpg

「やせる野菜ジュース」の作り方から「ラクやせエクササイズ」まで手軽なダイエット法を全7章にまとめた一冊!

 

望月理恵子(もちづきりえこ)
調剤薬局で栄養指導に従事後、大手サプリメント会社へ転職し、学術本部に所属。文献からのエビデンス調査に携わる。「根拠のある情報から栄養・健康をサポートする」ことを目的に株式会社Luceを設立。分析に基づく、健康効果の高い食事提案、レシピ開発に定評がある。

■特製野菜ジュースの効果動画もチェック!

shoei.jpg

『ダイエットの新提案 食べる前に飲む特製野菜ジュース』

(望月理恵子/アスコム)

管理栄養士で、健康検定協会理事長が「おから+重曹=ベジパウダー」に野菜ジュースを組み合わせた最強ダイエット法を新開発。やせる秘密からジュースの作り方、アレンジレシピ、さらにラクやせエクササイズまで幅広く役に立つ一冊です。

※この記事は『ダイエットの新提案 食べる前に飲む特製野菜ジュース』(望月理恵子/アスコム)からの抜粋です。
PAGE TOP