「新しい財布を買ったら...30万円のお札を入れて」開運寺の住職が説く「金運財布の作り方」

「金運を上げるには財布から」と聞いたことのある人も多いはず。でも、具体的にはどのようにすればよいのでしょう? そこで、「日本一の開運寺」とも言われる長福寿寺住職・今井長秀の著書『日本一の開運寺住職が教える金運財布の作り方』(KADOKAWA)から、金運アップの考え方、そして具体的な「金運財布」の作り方をご紹介します。

pixta_39098880_S.jpg

新しい財布に30万円を覚えてもらう
【住職の教え】「30万円が入っているのがあたりまえ!」と、使い始める前の財布に記憶させます。

金運アップに絶大な効果がある吉日に財布を購入したら、使い始める前にやるべきことがあります。

それは、新しい財布に30万円のお札を入れることです。

これまで私が接してきたお金持ち社長さんたちの多くは、財布の中に30万円くらいの現金を入れていました。

なかには60万円を持ち歩いていた社長さんもいらっしゃいましたが、50万円以上になると、ほとんどの財布はお札入れのマチが足りずに、パンパンになってしまうはずです(笑)。

そこで、「お金さま」にきゅうくつな思いをさせず、新しい財布に「お金はいつもこれだけ入っているのがあたりまえだよ」と覚えてもらうには、 30万円程度が適正な金額だといえるのです。

ちなみに30万円は、財布を使い始めたら銀行に戻してもかまいません(笑)。

0128_kinun_ページ_40.jpg

この教えは、お金持ちの状態を財布に覚えてもらうだけが目的ではありません。

あなた自身も、30万円の札束が入った財布の感触をよく味わってみてください。

「30万円の厚みはこんな感じか」

「これを持ち歩くようになったら、どんな気分だろう」

このようなイメージを膨らませることで、「金運増大!」の祈りをどんどん深めていくことができます。

オススメは、吉日に財布を購入したらすぐに30万円を入れて、次の吉日までそのままにしておくことです。

こうすることで、「購入日」も「使い始めの日」も吉日になります。

財布も寝かせている間にも運気がどんどんパワーアップし、いざ使い始める日には最高潮に達しているはずです。

お金の神さまを味方につける秘訣がここに!「金運財布の作り方」記事リストはこちら

A1jCLeGl14L.jpg金運財布を作る10の極意に加え、「お金さま」に好かれる人、嫌われる人など、5章に渡って「一生豊かに暮らす教え」が詰まった一冊です。

 

今井 長秀(いまい・ちょうしゅう)

長福寿寺第56世住職。1968年、千葉県生まれ。2011年に「金運アップの吉ゾウくん」を復活させ、参拝者数が60倍に増加。参拝者から宝くじの高額当せんや年収倍増の声が続出し、テレビや雑誌など多くのメディアでも紹介されている。

shoei.jpg

『日本一の開運寺住職が教える 金運財布の作り方』

(今井長秀/KADOKAWA)

「日本一の開運寺」とも言われ、そのご利益が多くのメディアで取り上げられて年間20万人もの参拝者が訪れる長福寿寺(千葉県)。その名物住職が、「最強の金運財布」の考え方・作り方を公開。「お金の神さまを味方につけて、一生豊かに暮らす教え」が詰まった話題の一冊です!

※この記事は「日本一の開運寺住職が教える 金運財布の作り方」(今井長秀/KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP