節約と糖質オフダイエットが同時にできちゃう! もやし、卵、とうふで作る、糖質オフレシピ

top.jpg

ダイエット料理、というと、「作るのが面倒くさい」「お金がかかる」といったマイナスの要素を含んでいるものが多く、大抵長く続けることができない。健康的に痩せようと思えば継続する必要があり、様々なダイエットに失敗した、という人も多いだろう。

そんな人にオススメしたいのが、『いつも買うもやし・卵・とうふで! おいしい糖質オフ』(主婦の友社)。タイトル通り、もやし、卵、豆腐を中心にした、糖質オフのレシピ集だ。この3つの食材は、どれも糖質量が非常に少なく、そして安価。毎日使ってもお財布を圧迫することがない。糖質制限ダイエットにもってこいの食材なのだ。

本書では、この3つのほか、糖質量の少ない野菜や海老、肉などをフルに活用した、「美味しくて」「安くて」「糖質オフ」な魅力的なレシピのみを紹介している。そこで、掲載されているレシピの中から、実際に3品作って紹介しようと思う。

 

 

■「もやしチンジャオ」(P.41)

1.jpg

まずはたけのこの代わりにもやしで作る「もやしチンジャオ」。オイスターソース、醤油、片栗粉、ごま油をもみ込んだ牛肉をごま油で炒め、細切りにしたピーマン、もやしを加えてさらに炒めれば完成。

もやしとピーマンのシャキっとした食感で食べ応えがあり、たけのこを使うより安価に作ることができる。さっと作れるので、お弁当のおかずにも便利。

 

■「えびとねぎの卵いため」(P.65)

2.jpg

2品目は、低糖質な卵と海老を使用した「えびとねぎの卵いため」。フライパンで卵を炒め、半熟状になったら一旦取り出す。フライパンにごま油を引き、生姜、えび、ねぎを炒めて卵を戻し入れ、酒、醤油、砂糖、あらびき黒胡椒を加えれば完成。

えびの旨みと醤油とねぎの香ばしさ、ふわっとした卵は相性抜群。エビチリもいいが、これだとどの家にもあるであろう基本的な調味料で作れるので、普段使わない調味料を買って余ってしまった、という事態も避けられる。

 

■「とうふみそハンバーグ」(P.84)

3.jpg

最後はみそ風味の「とうふみそハンバーグ」。水切りした木綿豆腐、鶏ひき肉、みそ、卵、コショウをボウルに入れ、よく練り混ぜる。小判型にまとめ、フライパンで両面に焼き色をつけたら切ったピーマンと水を加えて蒸し焼きにする。あとはお皿に盛りつけて、大根おろしを添えれば完成。

豆腐を加えることで、つなぎが卵のみでもふわっとしっとり。味噌の風味がしっかりと効いていて、豆腐臭さも全くない。野菜を混ぜ込んだり、チーズを入れたりとアレンジしても美味しそうだ。

 

どのレシピも、少ない材料であっという間に作れるので、時間がない日や友達と集まった時にも重宝しそう。ちなみに筆者は、3品すべて作って50分かからなかった。短時間でさっと作ってテーブルに並べれば、みんなに喜んでもらえること違いなしだ。

この『いつも買うもやし・卵・とうふで! おいしい糖質オフ』には、他にも「肉巻き卵のマヨじょうゆソテー」や「とうふのピーマンシューマイ」「にら玉の中華あんかけ」など、お財布にも体にもやさしいレシピがたくさん掲載されている。「糖質オフってお金がかかりそう」「どうしたらいいか分からない」と敬遠していた人も、ぜひこの機会にチャレンジしてみてほしい。

 

 

書影.jpg
いつも買うもやし・卵・とうふで! おいしい糖質オフ

主婦の友社


節約と糖質オフダイエットが同時にできる! 簡単、おいしいレシピ集です。「糖質オフって肉が食べられてうれしいけど、お金がかかる」そんな悩みを吹き飛ばす!「食べてやせる」ポジティブなダイエット&健康レシピ集です。

この記事は『ダ・ヴィンチニュース』からの転載です。
PAGE TOP