左右交互にちょこちょこ描き。好感度を上げるシニアの眉メイク術

印象の8割を決めるという眉毛ですが、年を重ねるうちに眉の高さが変わり、「自分に似合う眉が分からない」とお悩みの方が多いのではないでしょうか? 今回は、シニア世代専門ヘアメイクの第一人者である赤坂 渉さんに「失敗しない眉毛の描き方」について教えていただきました。

前の記事「眉毛が薄過ぎてどう描けばいいのか...」シニアの眉メイクお悩み相談

眉は左右のバランスが大事!少しずつ描けば失敗知らず

眉は左右のバランスが大切です。左右交互にちょこちょこと描けば、失敗しません! ここでは、シニア世代の失敗しない眉の描き方を紹介しましょう。

1910p058_01.jpg

1 パウダーを指にとり、□の部分にのせる

パウダーを人さし指の腹につけます。眉頭から眉山の広い範囲に、指で薄めにのせていきます。全体のイメージをつかみましょう。色は、瞳の色に合わせると自然に仕上がります。

左右のバランスを意識して、交互に描く

1910p058_02.jpg

まずは左
1910p058_03.jpg

次に右。最初に左、次に右と、左右交互に、少しずつ描くのが美しい眉づくりの秘訣です

指で骨の位置を確認しながら描く

1910p058_04.jpg

眉の下にある骨に沿って、パウダーをのせていきます。薄め~濃いめの3色のパウダーを、指で混ぜて使うのがおすすめ。


首をかしげて描くのはNG!

1910p058_05.jpgまっすぐ鏡を見て、左右の高さをまずは 合わせましょう。

首を横にかしげたり、下を向いて眉を描くと、左右の眉の高さがずれてしまいます。顔は鏡に対してまっすぐ正面にして、左右交互に少しずつ描きましょう。

2アイブロウペンシルで左右交互に描く

1910p059_01.jpg

芯が太めのペンシルで、眉頭から眉尻までを描きます。
色は、瞳の色に近いものを選ぶと自然に仕上がります。

眉頭から眉の中心はちょこちょこと描く

1910p059_03.jpg

眉頭から眉の中心ぐらいまでは、左右交互に少しずつ描きます。
毛がまばらな部分や薄い部分を少しずつ描き足すようにします。

中心から眉尻は、1本1本描くイメージで

1910p059_02.jpg

眉毛を1本1本描くイメージで、ペンシルの先を細かく動かしながら眉尻まで描きます。
一気に描こうとすると失敗のもとに。

左右差がないか確認するには?

左右の眉の高さや形が合っているか確認するには、鏡に顔を映して、顔を上から見たり、下から見たりしてみましょう。左右差があれば、すぐに分かります。

完成!

1910p059_04.jpg眉をきれいに整えるだけできちんと感がぐんとアップしました!

「シニア専門のプロが教える60歳からのメイク術」の記事一覧はこちら!

取材・文=笑(寳田真由美) 撮影/西山輝彦 モデル/読者モニター 東元智恵子さん(72歳)

 

<教えてくれた人>

赤坂 渉(あかさか・わたる)さん

雑誌・広告やアーティストなどのヘアメイクを経て、2014年、巣鴨シニア専門スタジオ「えがお写真館」の立ち上げに携わる。これまで美再生させたシニア女性は4000人以上。

この記事は『毎日が発見』2019年10月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP