「眉毛が薄過ぎてどう描けばいいのか...」シニアの眉メイクお悩み相談

印象の8割を決めるという眉毛ですが、年を重ねるうちに眉の高さが変わり、「自分に似合う眉が分からない」とお悩みの方が多いのではないでしょうか? 今回は、シニア世代専門ヘアメイクの第一人者である赤坂 渉さんに「眉が薄い方のお手入れ方法」について教えていただきました。

前の記事「やってしまいがちな「3つの残念眉」とは/シニア専門のプロが教える60歳からのメイク術(1)」はこちら

眉が薄い、濃すぎる・・・眉の悩みは正しいケアで解決!

眉の濃さやカットの方法など、シニア世代の眉毛のお悩み解決法を赤坂さんに聞いてみました。

Q 眉毛が薄過ぎて、どうやって描いていいのか分かりません。

A 最初に、パウダータイプのアイブロウで下描きすれば大丈夫。パウダータイプなら指にパウダーをつけて、眉の上から眉下の骨に沿ってのせていけば失敗しません。

1910p057_01.jpg

Q 若い頃から眉が濃いんです。昔はカミソリでそっていたのですが、だんだん目が見えにくくなり放置しています。ぼさぼさ眉はどうしたらいいですか?

A 眉周りのうぶ毛は電動シェイバーを使ってそるのが安全です。眉間やまぶたのうぶ毛をそるだけで、目元が明るくなり、眉が引き立ちますよ。

1910p057_03.jpg

刃の部分がスイングするので、顔のいろんな面にフィットしやすく使いやすさ◎。
刃先が丸く、安全にお手入れできます。

フェリエ フェイス用 ES-WF61
5,000円+税(編集部調べ)
電 0120-878-697(パナソニック)

1910p057_02.jpg

眉の形づくりの際、まつ毛を保護する眉カバー。

1910p057_04.jpg

眉の高さを整えられる眉コーム。

Q 眉を整えるときは、余分な部分は抜いた方がいいのでしょうか?

A 眉は抜いてしまうと生えてこなくなることがあります。そのため、抜くのは絶対にやめましょう。眉の形を整えるには、眉バサミや電動シェイバーを使うのがおすすめです。

1910p057_05.jpg

Q 自分で眉をカットしたら、短くなり過ぎてスカスカに。どうしたらうまく整えられるの?

A 眉コームでとかしたときに、はみ出した長い部分だけを眉バサミでカットすればOK! コームを当てることで、切り過ぎを防ぎ、肌もガードできます。

1910p057_06.jpg

「シニア専門のプロが教える60歳からのメイク術」の記事一覧はこちら!

取材・文=笑(寳田真由美) 撮影/西山輝彦 モデル/読者モニター 東元智恵子さん(72歳)

 

<教えてくれた人>

赤坂 渉(あかさか・わたる)さん

雑誌・広告やアーティストなどのヘアメイクを経て、2014年、巣鴨シニア専門スタジオ「えがお写真館」の立ち上げに携わる。これまで美再生させたシニア女性は4000人以上。

この記事は『毎日が発見』2019年10月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP