若い頃の眉の位置を再現!「眉(アイブロウ)」/シニア専門のプロが教える60歳からのメイク術

「60歳を過ぎた女性こそ、もっと美しくなれます」とは、東京・巣鴨の「えがお写真館」で活躍する赤坂 渉さん。「年齢を重ねた女性が目指すべきは"シワやシミがあってもキレイな人"。下地、ファンデーションは薄づきに。チークを入れれば、肌が明るく見えてぐっと若返ります。眉毛は左右対称を意識すると上品に見えます」。

今回はアイブロウを美しく簡単に描く方法を、赤坂さんに教えていただきました。化粧品はお手持ちのものでかまいません。自分らしさはそのままなのに、周りのみんなが思わず笑顔になってしまう。そんな好感度の高いメイクをはじめましょう。

前回の記事:サイドまで塗るのがコツ!「チーク」/シニア専門のプロが教える60歳からのメイク術

指で下描きするアイブロウの描き方!

1.パウダーを指につけ、下描きする

1909p075_1.jpg

眉の下の骨のラインに合わせて指で下描き。若い頃の眉の位置を再現できます!

パウダーを人さし指の腹につけます。眉頭から眉山のあたりまで、眉の下の骨に沿って指でのせていきます。

眉毛の輪郭を描くには、パウダータイプのアイブロウがおすすめ。指にとって手軽に使えます。

1909p075_2.jpg

今回使ったパウダーは、明るめ~暗めまで3色あるので指で混ぜて使うのがおすすめ。

2.アイブロウペンシルで左右交互に描く

1909p075_3.jpg

1909p075_4.jpg

芯が太めのペンシルで、眉頭から眉尻まで描いていきます。左右交互に、少しずつ描きましょう。

眉毛をナチュラルに仕上げるには、芯が太めのアイブロウペンシルを選ぶと間違いありません。

ぜひチャレンジしてみてください!

これまでの「下地」「ファンデーション」、そして今回紹介した「眉」で、ビフォー・アフターのように、皆さん美しくなれます。ぜひチャレンジしてみてください!

1909p069_2.jpg


1909p069_3.jpg

「シニア専門のプロが教える60歳からのメイク術」の記事一覧はこちら!

取材・文/笑(寳田真由美) 撮影/西山輝彦

 

<教えてくれた人>

赤坂 渉(あかさか・わたる)さん

雑誌・広告やアーティストなどのヘアメイクを経て、2014年、巣鴨シニア専門スタジオ「えがお写真館」の立ち上げに携わる。これまで美再生させたシニア女性は4000人以上。

この記事は『毎日が発見』2019年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP