耳を引っ張って薄毛予防!?頭皮をやわらかくする3つのマッサージ

髪のコシや薄毛など、年とともに増えてくる「毛髪」や「頭皮」の悩み。そんなあなたのモヤモヤを一気に解消できるかもしれない、気軽にできる育毛法がありました。超人気ヘッドスパプロデューサー・辻敦哉さんの著書『育毛のプロが教える髪が増える髪が太くなるすごい方法』(アスコム)から厳選したヒントをまとめて、連載形式でお届けします。

pixta_39123750_S.jpg

どんな薄毛にも効く、万能マッサージ法!

髪の毛が抜けるのを防いだり、生えてくるのを促したり、また太くしたりするためには、体の内側からと外側からの両方からケアしていくことが大事です。

さらに外側からのケアとしてマッサージやウォーキング、内側からのケアとして食事法について取り上げたいと思います。前回までに紹介した育毛粉シャンプーと組み合わせることで、効果は倍増します!

その他の「髪が増える髪が太くなるすごい方法」記事リストはこちら!

まずはマッサージです。薄毛の人はほぼ100%頭皮がこり固まっています。ほぐしてやわらかくすることで、髪が生えて育ち、抜けてはまた生えてくるという正常なサイクルが確立されるようになります。

頭には大きな筋肉が4つあります。前頭筋、両側の側頭筋、後頭筋です。この4つの筋肉で、腱膜(けんまく)筋膜や(きんまく)を含めた頭皮の柔軟性を保っています。精神的な疲れや緊張、眼の酷使などで疲労がたまると、筋肉がこわばったままの時間が長くなり、しだいに頭皮の柔軟性が失われていくのです。

頭皮が固くなると、血流が悪くなります。髪の毛をつくる栄養は血液を通して毛母細胞に届けられるので、血流が悪くなれば当然、栄養が行き届かなくなります。すると、元気な髪が育ちにくい環境となってしまうのです。

頭皮をやわらかくする意味で大変有効なのが、マッサージです。頭皮をやわらかくすることはどの薄毛タイプにもよい影響がありますから、万能型のマッサージといえます。以下に3つの方法を紹介しますので、ぜひ試してみてください。

【頭皮持ち上げマッサージ】
頭頂部をほぐすには、まず耳の上の部分の頭皮をゆるめることが必要です。そうしないと、萎縮した頭皮に頭頂部が引っ張られ続けてしまうからです。それを改善するためには次のようなマッサージをします。
(1)両手のひらのつけ根にあるふくらみを、耳の上の頭皮に押し当てる
(2)両手を上に押し上げて、頭皮を持ち上げるのを4~5回繰り返す

【耳引っ張り回し】
耳周辺の緊張をほぐすマッサージとして、耳を引っ張って回す方法があります。このマッサージをすると簡単に頭皮もやわらかくなり、他のマッサージの効果を高めます。
(1)親指と人差し指で耳の中心をつまむ
(2)円を描くように耳を軽く引っ張りながら、前から後ろに5回、回す
(3)反対に後ろから前に5回、回す
これを1回につき3セット行います。

【眼球回し】
眼精疲労は薄毛を誘発しますから、疲れのたまった目のまわりの筋肉(眼輪筋―がんりんきん)をほぐすことで頭皮もゆるめます。デスクに座ったままの状態で、たった1分程度のスキマ時間にもできる眼球マッサージです。
(1)顔を動かさないで眼球だけ思い切り上を見る
(2)上を向いた状態で7秒キープする
(3)次に右、下、左の順にそれぞれ7秒キープする
(4)反対回りに上、左、下、右の順にそれぞれ7秒キープする

万能型マッサージはタイミングや回数に決まりはありませんので、いつでも気がついたときに何度でも行ってください。それぞれ1日1回は最低行いたいですね。

その他の「髪が増える髪が太くなるすごい方法」記事リストはこちら!

H1_育毛のプロが教える髪が増える髪が太くなるすごい方法.jpg体にもサイフにも優しい史上最強の育毛「粉シャンプー」の作り方、使い方は必見です

 

辻敦哉(つじ・あつや)

1979年、埼玉県浦和市生まれ。ヘットスパ専門店「PULA」プロデューサー。「カラダの内側から髪を元気にするラボ」所長。2017年12月にはその実績が評価され、アジアの優れた企業家に贈られる「アジアゴールデンスターアワード 2017」で、日本人で2人だけのマスター大賞を受賞した。

7b133559e26f7f4451278976b9feeff7db944176.jpg

『育毛のプロが教える髪が増える髪が太くなるすごい方法』

(著:辻敦哉 医療監修:北垣毅/アスコム)

ハリなし、コシなし、ツヤなしの悩みから抜け毛のトラブルまで、髪にまつわる全ての問題を解決できる頭皮ケア究極の一冊!成功率95%を誇る育毛方法は、効果抜群かつ安全でお財布にまで優しい。これを読めば、もうシャンプーや育毛剤で迷うこともありません!

※この記事は『育毛のプロが教える髪が増える髪が太くなるすごい方法』(著:辻敦哉 医療監修:北垣毅/アスコム)からの抜粋です。
PAGE TOP