旦那の愚痴を吐く相手は母親、SNS、それとも本人? 妻たちが実践する不満発散法

長いこと結婚生活を共にすると、どうしても溜まっていく旦那さんへの不満。発散法のひとつとして"愚痴をこぼす"人も多いと思いますが、その愚痴はどこに吐き出していますか? 先日「旦那の愚痴をどこに吐き出す?」という話題が注目を集め、様々な意見が寄せられました。

190515_guti_01.jpg


家族や友人に旦那の愚痴を言えない女性は多い!?

"愚痴のはけ口"といえば、ほとんどの人が家族や友人を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし"家族や友達には吐き出したくない"という人の場合、不満や愚痴は心の中で溜まっていく一方です。

旦那さんへの不満をずっと溜め込んでいるというAさんも、愚痴のはけ口に悩みを募らせるひとり。溜め込んでいた愚痴がふとした時に爆発すると、涙が止まらなくなって一気に"離婚"まで考えてしまうといいます。

実際、彼女と同じようなタイプの人は多い様子。ネット上には「愚痴をこぼす度に余計な心配をかけちゃいそうで何も言えない」「愚痴はあるけど、家族や友人が夫に悪いイメージを持ってほしくない」などの声が上がり、"愚痴のはけ口"については「知恵袋などの掲示板を検索して同志を見つける」「私も周りに愚痴を言いたくないタイプなので、旦那に直接不満をぶつけます。もちろん言い方には注意して」「本当に耐えられなくなったらSNSに呟くかな」といった意見が。

またその一方では"旦那の愚痴は実母に話す"という人も多いようで、「母親によく愚痴ってるけど、大体が『男の人ってそんなもん』『そりゃアンタも悪いわ!』って諭される」「旦那を好きなことも話すから、愚痴を言っても母は旦那のことを信頼してると思う」「私も母親に話す。母親も父親の悪口を言って、最終的に『似た者親子ね~』で解散する」等のコメントも数多く見受けられました。


既婚女性の5人に1人は"プチ復讐"を実践!?

"愚痴のはけ口"がテーマとなった今回の一件ですが、そもそも世の女性たちは旦那さんへどんな不満を抱えているのでしょうか。

2018年3月に発表された「夫や恋人への不満に関するアンケート調査」(「サンケイリビング新聞社」調べ)によると、夫・恋人への不満トップ3には「家事への協力がない(31.7%)」「几帳面すぎる・細かい(20.7%)」「だらしない(19.5%)」がランクイン。

続けて"その不満をどのように発散していますか?"と尋ねてみたところ、「自分の好きなことをして忘れる(74.4%)」「友達など周囲に愚痴を言う(45.1%)」「本人に直接話す(26.8%)」「プチ復讐をする(20.7%)」が上位を占めました。

ちなみに第4位にランクインした「プチ復讐」とは、ちょっとした仕返しをすること。その内容は、「入浴中の夫に内緒で、シャワーとお風呂の湯温度をMAXまで上げる」「冬の寒い日に浴室内冷房を『強』に...」「明日も仕事だとわかっていたが、あえて話しかけ続けて眠らせないようにした」などのプチ復讐エピソードが。

溜まりに溜まった旦那さんへの不満は、何も愚痴だけが全てとは限らないようですね。あなたは旦那さんへの不満をどのように晴らしていますか?

文/藤江由美


関連記事:「会話はなんでも理詰め、 愚痴は言えない...結婚して孤独になった私」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000231.000005157.html

 

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP