掃除の埃を勘違い? 火災警報器はさじ加減が大切/すごい技術

pixta_43159447_S.jpg私たちは毎日身のまわりの「便利なモノ」のおかげで快適に暮らしています。でもそれらがどういう仕組みなのか、よく知らないままにお付き合いしていませんか?

身近なモノに秘められた"感動もの"の技術を、書籍『身のまわりのすごい技術大百科』がわかりやすく解説します!

◇◇◇

前の記事「ブレるとただちに補正機能ON! 手ブレ補正/すごい技術(18)」はこちら。

 

●火災警報器

アメリカでは、住宅用火災警報器の設置義務化で死者数が半減した。日本でも、すでに設置が義務化されている。

住宅火災の死者数は毎年1000人を超え、その約7割を高齢者が占める。特に就寝時間帯に多く、逃げ遅れが大きな原因といわれる。火災警報器はその対策としてとても有効だ。家庭用の火災警報器は、そのしくみから大きく二つに分けられる。熱感知方式煙感知方式である。gijutsu_p127.jpg

熱感知方式は、その名の通り熱を感知して警報を発する装置だ。さまざまな方式があるが、もっとも単純なものを左ページに示す。これは電熱器の温度調整に使われるバイメタルを利用したもの。温度が高くなるとバイメタルが歪(ゆが)み、警報のスイッチを作動させる。

 

gijutsu_p129.jpg煙感知方式にもさまざまな種類がある。例えば「光電式煙感知器」は光の散乱を検知するしくみだ。煙が感知器に入るとLEDの発する光が煙の粒子によって散乱され、その散乱光を光センサーが検出するのだ。また、「イオン化式煙感知器」といって、放射性同位元素を利用してイオンを作り、煙が入ってきたときの電流の変化を検知する方法も有名である。

火災警報器で大切なのは、適切な位置に設置すること。煙感知方式の場合には、煙の特性を考えてセットする必要がある。煙は上に広がるため、この報知器を低い位置にセットしてもムダだ。また、熱感知方式の場合には、熱源の近くにセットしなければ、警報音が鳴っても「時すでに遅し」ということになりかねない。

以上のことからわかるように、熱感知方式の警報器はキッチンや車庫に、煙感知方式は寝室や廊下(ろうか)に設置するとよい。もっとも、寝室でたばこを吸って失火(しっか)するなどという話もよく聞く。両方の方式の火災警報器を設置するに越したことはない。

警報器の難しいところは、感度をよくすると誤報が増えることである。例えば、湯沸しの蒸気や掃除の際の埃(ほこり)を火災の煙と間違えてしまうのだ。反対に、感度を悪くすると、実際の火災時に役立たなくなる恐れがある。"狼少年"とならない警報機を作るには、このさじ加減が大切なのだ。

 

次の記事「火事や感電から住人を守れ! "守護神"ブレーカー/すごい技術(20)」はこちら。

 

「すごい技術」その他の記事はこちら。

 

涌井良幸(わくい・よしゆき)

1950年、東京都生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)数学科を卒業後、千葉県立高等学校の教職に就く。教職退職後の現在は著作活動に専念している。貞美の実兄。


涌井貞美(わくいさだみ)

1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。良幸の実弟。


71wldThg5lL.jpg

『身のまわりのすごい技術大百科』

(涌井良幸・涌井貞美/KADOKAWA)

身近なモノに秘められた“感動もの”の技術、一挙解説! 身近な文具から、便利すぎるハイテク機器まで…あれもこれも、すべて「科学技術」の結晶なのです。日ごろよく使う「モノ」の“すごい技術”を図解でわかりやすく解説します。

この記事は書籍『身のまわりのすごい技術大百科』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP