月1万円の酒代も10年で120万円に!「お酒を飲まない」ことでお金はもちろん時間の節約にもなる/節約ハック

「節約しているつもりなのに、全然お金が貯まらない」「将来のお金が心配」と、不安を抱えているだけで、「お金」と真剣に向き合うのを避けてはいませんか?節約・倹約で生活コストを落として生活に余裕が生まれれば、精神的なゆとりも持つことができるのです。月間700万PV超えの大人気ブログ『ノマド的節約術』運営者がみずから実践して厳選した、「誰でもできる節約のちょっとしたコツ」をご紹介します。

※この記事は「この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科」(松本博樹/KADOKAWA)からの抜粋です。

pixta_19146102_S.jpg前の記事「お金の使い道は「消費」「浪費」「投資」の3つ!節約で「投資」にかけるお金を増やすべし!/節約ハック(14)」はこちら。

 

失敗経験から学んだ「お酒を飲まないほうがいい」これだけの理由

私は全くお酒を飲みません。イベントの懇親会や、だれかといっしょに夜、食事に行くときもありますが、そこでも一切お酒を飲まずに過ごし続けています。

今ではさほど珍しいことでもないのでしょうが、私が社会人になった2006年頃は違います。お酒を飲まない人がまだ少数派だったので、不思議がられることもありました。きっと、面倒くさい人と思われていたでしょう。

そんな飲まない私ですが、過去に一度だけ、お酒を飲んだことがあります。まだ20歳になって間もなかった頃の話です。最初はそれがお酒であることに気付かず飲んでいたのですが、あとでお酒だとわかり、しばらくして気分が悪くなってきました。体調が悪くなるにつれて態度も悪くなったようで、周りにも迷惑をかけてしまいました。

その出来事があって以来、お酒を飲んでいません。自分としては、お酒を飲んで体調を崩してしまうと、その後の生活に支障が出るのが許せないのです。

慣れれば変わるのかもしれませんが、わざわざお酒に慣れるメリットがわかりませんでした。収入がほぼゼロだった時代もありましたから、お酒を飲まない人間で良かったと思います。普段からお酒を飲む習慣があったとしたら、やめるのに苦労したと思うので。

当然ながら、自分のためにお酒を買うことはないので、1円たりともお酒にお金を使っていません。プレゼントとして、父にお酒を贈ったくらいです。

私が仕事以外の生活部分でお金を使う基準は、「生きるために必要かどうか」だけです。別に飲まなくても生きていけるなら、私にお酒は必要ないという判断になりました。

仮に、酒代に月1万円かかっているとしたら、1年で12万円、10年で120万円払うことになります。私はお酒を飲みませんから、結果的に10年間で120万円貯金できたのと同じというわけです。

お酒を飲むことに対して否定することはありません。人それぞれの考え方です。
しかし、お金の面を強く意識するなら、「お酒を飲む必要性があるのかどうか」を一度考えてもいいと思います。もしあなたが付き合いや気晴らしで無理にお酒を飲んでいたり、お金や時間がもったいないと感じるのであれば、なおさらです。そこに時間やお金を使わなくてもいいと思うのです。

お酒を飲まないと、お金もそうですが、時間もかなり節約することになります。その時間でできることを考えると、いろいろと選択肢が広がりますよ。

  

次の記事「日常生活でソンをしないために、節約の観点から知っておきたい「円安円高」のメリット・デメリット/節約ハック(16)」はこちら。

 

 

松本博樹(まつもと・ひろき)

1983年生まれ、神戸市出身神戸市在住。5年間会社員としてプログラマーをした後、独立。独立時点でマイホーム購入、次の仕事のあてがゼロ、子どもが産まれる直前だったことから、節約生活を決意。同時にブログで記事を書けばおもしろいのでは、というアイデアから2011年5月にブログ「ノマド的節約術」をスタート。Web制作やせどりなど複数の仕事にチャレンジしながら、最終的に自分に一番合うとわかったブログ・サイト運営の事業に一本化し、日々節約や貯金などのお金に関する情報を発信中。


cover.jpg

『この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科』

(松本博樹/KADOKAWA)

月間700万PV超えの大人気ブログ『ノマド的節約術』運営者に、現代の節約術を学べ! 脱サラ時点で仕事のあてゼロ、マイホーム購入、長男誕生間近……と、生活苦に陥った筆者が実践してきたイマドキの節約のコツを84個厳選して紹介。天才でも、カリスマでもない「普通の人」が必死に知恵を絞った、「誰でもできるちょっとしたコツ」が満載です。「自分と家族が一生、生活に困らないようにしたい」と思ったら読むべき一冊にまとまりました。

 

「ノマド的節約術」

 

この記事は書籍『この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP