八白土星の2019年は自分自身と向き合う年。ゆったり体メンテナンスも/展望と開運

2019年はどんな一年になる? 開運のポイントは? 陰陽五行説に物理学や心理学を加え、社会現象の予想では驚異の的中率を誇る「社会運勢学」で読み解いていきます。 社会運勢学会理事の山口知宏(やまぐちともひろ)さんが、九星の本命星別に2019年の運勢をご紹介!

pixta_43655830_S.jpg前の記事「八白土星の2019年は自分自身と向き合う年。ゆったり体メンテナンスも/展望と開運(10)」はこちら。

 

立ち止まって心を鎮めれば、自分の軸が確立する

/八白土星(はっぱくどせい)

八白土星は以下の生まれ年の人です。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。
大正9 昭和4 昭和13 昭和22 昭和31 昭和40 昭和49 昭和58 平成4 平成13
※本命星の探し方は記事文末をご覧ください。

【総運勢】動きを止めて内面を見る

2018年までの八白土星は、自分の目指すところに向かって、大きく舵を切ってきた。明確な目標がなかった人もいると思うが、目指すべき方向性に迷いはなかった。だから、大股でこれまで歩き続けてきたのだ。しかし、2019年はじっくり腰を据える期間となる。

八白土星は世界の中心に座る年になるため、これまでのように忙しく動き回っては運気を落とす。具体的にやるべき第一ステップは、「動きを止める」ことだ。これまでがむしゃらに進んできた人も必ず、いったん歩みを止めるように。

第二ステップは「周囲を見る」こと。自分の立場を自覚し、周囲を見渡して物事の動きを眺めていると、この先10年間、自分がやるべきことが自ずと見えてくるようになる。

第三のステップは、反発が出てくるので、「反対者と話し合う」ことだ。これまで脇目も振らず進んできたのに歩みを止めるとなると、それを快く思わない人が必ず現れる。反対者を放置すると、ますます批判の圧力が強くなるので、話し合いの機会を持たなくてはいけない。

そして第四のステップは、「自分の内面を見る」ことだ。2019年は人間関係を見つめ直す年なのだ。だからこそ、まず自分の内面に目を向けたい。八白土星は目標志向が強いので、時に相手の立場を思いやる気持ちに欠ける。相手に非がある訳ではなくて、自分の接し方や関わり方に問題があると考えるように努めたい。

全体としての運勢は好調に推移するため、ゆっくり落ち着いた生活を心がけ、毎日、自分の精神と向き合うようにしたい。


【家庭運】家族旅行や一家団欒が吉

2019年の八白土星は、家族との時間を大事にすることで開運する。家族と旅をするなら、高原リゾートがおすすめ。いつもよりワンランク上の宿を選び、ぜいたくな時間を過ごせば、たまっていた疲れも抜ける。

家の中で過ごすのも悪くない。部屋の模様替えをしたり、ガーデニングや日曜大工も気分転換になる。時には親戚や友人を招いてホームパーティーをしたり、家事代行を活用するのも良策だ。


【健康運】疲れた体をメンテナンス

2018年までの忙しさが響いて疲れやすい。健康を過信せず、意識してペースを落とすことが重要。これを機に人間ドックを受けるのもおすすめだ。

愚痴や疲れた顔は、周囲とのコミュニケーションの妨げとなるので注意したい。腰痛が出やすいので、整体やカイロプラクティックなどで骨格の歪みを矯正すると効果が大きい。


≪2019年はおしゃれで開運≫
機能性を重視した動きやすい服装が吉。転倒の危険性が高い一年なので、靴のチョイスは重要。ハイヒールやつっかけのサンダルは避けたい。メイクは薄めに。奇抜なファッションは批判を受けるのでシンプルに。夏は綿素材、冬はカシミアがおすすめ。

●テーマカラー
(年によって各々の星の位置する場所の色。毎年変わる。)
黄色、アイボリー、茶色

●ラッキーカラー
(自分の星がいる場所と、自分を結びつけ、快適に過ごさせてくれる接着剤のような役割の色。毎年変わる)
紫、オレンジ、シルバー

●カラーの使い方
ファッションの場合、全体の装いにテーマカラーの服を選び、ラッキーカラーの小物を差し色として身に着けると開運を導ける。

 
生まれ年から本命星を探す

個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

●一白水星
大正7 昭和2 昭和11 昭和20 昭和29 昭和38 昭和47 昭和56 平成2 平成11

●二黒土星
大正6 昭和元 昭和10 昭和19 昭和28 昭和37 昭和46 昭和55 平成元 平成10

●三碧木星
大正5 大正14 昭和9 昭和18 昭和27 昭和36 昭和45 昭和54 昭和63 平成9

●四緑木星
大正4 大正13 昭和8 昭和17 昭和26 昭和35 昭和44 昭和53 昭和62 平成8

●五黄土星
大正3 大正12 昭和7 昭和16 昭和25 昭和34 昭和43 昭和52 昭和61 平成7

●六白金星
大正2 大正11 昭和6 昭和15 昭和24 昭和33 昭和42 昭和51 昭和60 平成6

●七赤金星
大正元 大正10 昭和5 昭和14 昭和23 昭和32 昭和41 昭和50 昭和59 平成5

●八白土星
大正9 昭和4 昭和13 昭和22 昭和31 昭和40 昭和49 昭和58 平成4 平成13

●九紫火星
大正8 昭和3 昭和12 昭和21 昭和30 昭和39 昭和48 昭和57 平成3 平成12

 

次の記事「九紫火星の2019年はここ10年の総決算!弱さを認め、応援を得て/展望と開運(11)」はこちら。

 

<教えてくれた人>

山口知宏(やまぐち・ともひろ)さん

社会運勢学会理事。経営コンサルタント。社会運勢学の第一人者・村山幸徳氏に師事し、現在の時勢を気・易・社会運勢学の観点から論じる切り口を取り入れた講演が人気を博している。

この記事は『毎日が発見』2018年12月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP