やることなすこと全てうまくいく2019年の七赤金星。家の掃除でさらに運気上昇/展望と開運

2019年はどんな一年になる? 開運のポイントは? 陰陽五行説に物理学や心理学を加え、社会現象の予想では驚異の的中率を誇る「社会運勢学」で読み解いていきます。 社会運勢学会理事の山口知宏(やまぐちともひろ)さんが、九星の本命星別に2019年の運勢をご紹介!

pixta_43365838_S.jpg前の記事「2019年ようやく春到来の六白金星。自分の信じた道を無心に突き進んで!/展望と開運(8)」はこちら。

 

邪魔されるのは目標が正しい証拠。確信を持って突き進む

/七赤金星(しちせききんせい)

七赤金星は以下の生まれ年の人です。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。
大正元 大正10 昭和5 昭和14 昭和23 昭和32 昭和41 昭和50 昭和59 平成5
※本命星の探し方は記事文末をご覧ください。

【総運勢】正しい決意と行動を貫く

2019年の七赤金星は、素晴らしい運勢を手にするため、驚くような展開が予想される。発想の豊かさ、行動の大きさ、決断力、実行力と、全てにおいて驚異的な実力を示し、「やることなすこと、全てうまくいく」という心境で一年を過ごす強者もいると思う。

また、高運期だけに気を付けたいこともある。強い運勢には強い光があたり、濃い影ができる。そのため、2019年に七赤金星の影となる位置にあたる九紫火星の人には特に注意が必要となる。目標をかき消されて見失ったり、さらには目標自体を壊されたりする。しかし、本人に悪気がない場合もあるので、配慮して接するように。

一方で、自分の信念や目標が正しいからこそ、邪魔をされたりすることもあると覚悟して、「何があっても諦めず、くじけず、前向きに生きる」ということが、運勢を味方にする大きなテーマとなってくる。

2月と11月は運勢が落ちて判断を間違えやすいので、大きな決断はしないこと。3~6月にかけては、自分と周囲の動きがピタリと符合するため、驚くほどの采配があり、縦横無尽の活躍を見せる。

そんな一年にあって、この星に求められるのは、さらなる向上の決意と改革の意志。目標を高く設定するほどに、自分の至らなさを補うための努力を一歩ずつ進めるべきだ。もう言い訳はいらない。他人のせいにすることも許されない。誰かに、何かに依存することなく、自主自立の精神で役割を果たすべき時が来た。


【家庭運】旅行と清潔な空間が不可欠

家庭生活はこれ以上ないくらい良好。精神的にも穏やかに過ごせる日が多く、決断にもぶれがないので家族の将来について皆で話し合う場を数多く設けるようにしたい。両親や兄弟と疎遠になっている人は、家族での食事会を企画すると運気が高まる。旅行もおすすめで、温泉や水辺のリゾートが吉。海外旅行や夫婦水入らずの旅行も良い。

また、一年を通じて、家の中を清潔に保つのも七赤金星の使命。家の掃除をしたり、観葉植物を置くと家族全員の運気が上がる。


【健康運】好調を保つための休息を

ここ10年の間で最も好調。無理をし過ぎると後からどっと疲れがでるので、月に数回は十分な休息を取るように。リフレッシュには岩盤浴やヨガがおすすめ。頭皮のケアを始めるのもよい。

また、今まで続いている病気を治すのにいい年。大腸の検査はしておいた方がよい。


≪2019年はおしゃれで開運≫
清潔感とかわいらしさがポイント。男女ともヘアケアが大切な一年で、女性はロングヘアに挑戦してみよう。ネックレスを着けるのもよい。男性は爽やかさがテーマで、香りのおしゃれがポイント。体臭や口臭ケアなどにも気を配っておきたい。

●テーマカラー
(年によって各々の星の位置する場所の色。毎年変わる。)
緑、黄緑、モスグリーン

●ラッキーカラー
(自分の星がいる場所と、自分を結びつけ、快適に過ごさせてくれる接着剤のような役割の色。毎年変わる)
白、黒、グレー

●カラーの使い方
ファッションの場合、全体の装いにテーマカラーの服を選び、ラッキーカラーの小物を差し色として身に着けると開運を導ける。

 
生まれ年から本命星を探す

個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

●一白水星
大正7 昭和2 昭和11 昭和20 昭和29 昭和38 昭和47 昭和56 平成2 平成11

●二黒土星
大正6 昭和元 昭和10 昭和19 昭和28 昭和37 昭和46 昭和55 平成元 平成10

●三碧木星
大正5 大正14 昭和9 昭和18 昭和27 昭和36 昭和45 昭和54 昭和63 平成9

●四緑木星
大正4 大正13 昭和8 昭和17 昭和26 昭和35 昭和44 昭和53 昭和62 平成8

●五黄土星
大正3 大正12 昭和7 昭和16 昭和25 昭和34 昭和43 昭和52 昭和61 平成7

●六白金星
大正2 大正11 昭和6 昭和15 昭和24 昭和33 昭和42 昭和51 昭和60 平成6

●七赤金星
大正元 大正10 昭和5 昭和14 昭和23 昭和32 昭和41 昭和50 昭和59 平成5

●八白土星
大正9 昭和4 昭和13 昭和22 昭和31 昭和40 昭和49 昭和58 平成4 平成13

●九紫火星
大正8 昭和3 昭和12 昭和21 昭和30 昭和39 昭和48 昭和57 平成3 平成12

 

次の記事「八白土星の2019年は自分自身と向き合う年。ゆったり体メンテナンスも/展望と開運(10)」はこちら。

 

<教えてくれた人>

山口知宏(やまぐち・ともひろ)さん

社会運勢学会理事。経営コンサルタント。社会運勢学の第一人者・村山幸徳氏に師事し、現在の時勢を気・易・社会運勢学の観点から論じる切り口を取り入れた講演が人気を博している。

この記事は『毎日が発見』2018年12月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP