ストレス溜め込んでませんか?頑張り過ぎる人に伝えたい「トイレの思考」

「いつも自分を人と比べてしまう」「自分は損ばかりしている」。そんな想いで日々モヤモヤしている方、いませんか? そんなときにぜひ知ってほしいのが、今から2500年も前の中国の思想家・老子の言葉。45年間で10万人を診察した精神科医が、その老子の言葉を「意訳」ならぬ「医訳」をしてわかりやすく解説して話題の書籍から「ジャッジフリー」な考え方を連載形式でお届けします。

第7回.jpg

私のところを訪れる患者さんのなかには、症状や状況がすでに悪くなっていて「どうしていいかわからない......」となす術(すべ)もなくうろたえている人がたくさんいます。

しかし、そういった大事になってしまう前の段階では、「このくらい自分でなんとかしなきゃ」「わざわざ人に言うような話じゃない」と勝手に決めつけていた、というケースが多いのです。

もちろん、そんな方たちにていねいに向き合い、一歩ずつ問題を解決していくのが私たちの仕事です。ただ世の中の常として、物事が大きく、難しくなっているものに対して、一発で解決するような「マジック」や「特効薬」のようなものはそもそも存在しません。

そんなときは「トイレ」のことを考えてみてください。

世の中の難しいこと、大きなことというのは、いきなり難しくなったわけでも、大きくなったわけでもありません。川の源流のように、最初は一滴の水のような、小さなことから始まっています。

毎日を懸命に生きている方にとって「もしかしたら、私、しんどいかも?」という小さなシグナルに気づくこと、それに従って休むことは難しいかもしれません。それはおそらく「がんばらなきゃ」という責任感の強さ、そして「私なんてどうなってもいい」という自己肯定感の低さからきているのだと思います。

たとえば、用を足したくてしょうがなくなってから、トイレを探すとすごく焦ってしまいますよね。でも「まだ平気かな」というころに行っておくと、ずっと平静な気分ですごせると思います。

ですから「あれ?なんか溜まってる?」と思う前に、早めに人に頼ってみてください。まだ「我慢」が必要ないころ、問題を大きくする前に手をうつのです。

 

■今回の老子のことば
難(かた)きを其(そ)の易きに図り、
大なるを其の細(さい)に為(な)す。

【医訳】
大問題も、まず何でもないような小さなことから起こり、だんだん大きくなる。
だからこそ、難しい仕事はそれが易(やさ)しいうちに考え、大きなことはそれが小さいうちに対処することが大切だ。

その他の「人生に、上下も勝ち負けもありません」記事リストはこちら!

81GX7X+tu0L.jpg

老子の32の言葉を、わかりやすく優しい視点で解説。元気が出ます!

 

 

野村総一郎(のむら・そういちろう)

医学博士。元防衛医科大学校病院長。1949年生まれ。慶應義塾大学医学部を卒業後、テキサス大学、メイヨー医科大学に留学。。帰国後、藤田保健衛生大学精神医学室助教授、国家公務員共済組合連合会立川病院神経科部長。そして、平成9年に防衛医科大学校教授、平成24年に防衛医科大学校病院病院長に就任、現在は六番町メンタルクリニックの院長として、仕事や人間関係に悩む人の相談、カウンセリングを行っている。また平成18年より読売新聞の人生案内での回答者も務める。


81GX7X+tu0L.jpg

『人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉』

(野村総一郎/文響社)

「ある日、患者さんにポロッと老子の言葉を話すと、泣き出してしまったのです」。読売新聞「人生案内」の回答者であり、45年間で10万人を診察した精神科医が紹介するのは、2500年の時を超えたいまなおみずみずしい「老子」の言葉の数々。優しい視点とわかりやすい解説による「32の思考」を紹介し、発売後即重版となった話題の一冊です。

※この記事は『人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉』(野村総一郎/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP