惑星から降格された「残念な星」冥王星。理由は周りの星を掃き散らせなかったから/身近な科学

さまざまな生物のすぐれた能力。私たちの暮らす地球の驚くべき事実。メディアをにぎわせる「最新科学」のニュース。驚くべき速さで進歩するITの話題。世の中には、学校では教わらなかった現代科学の話題があふれています。

職場で、学校で、家庭で。明日の雑談のネタにピッタリな、知っておくと自慢できる「科学の雑学」をお届け!

※この記事は『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』(涌井貞美/KADOKAWA)からの抜粋です。

p154.jpg

前の記事「原子を調べればルーツがわかる。太陽のご先祖様は"星の残骸"/身近な科学(36)」はこちら。

 

惑星であるための4つの条件。
冥王(めいおう)星が惑星から外はずされた理由

昭和の教科書には、太陽系の惑星が「水金地火木土天海冥」の順で記載されています。しかし、2006年の国際学会で、最後の冥王星は準惑星に降格されました。

なぜ冥王星は降格されたのでしょうか。それは、惑星が次の4つの条件を満たす天体と定義されたからです。
1.太陽の周りを回る天体
2.自分の重力により球形をした天体
3.軌道(きどう)の近くで他の天体を掃(は)き散らした、突出して大きな天体
4.衛星ではない天体

冥王星は、このうち3番目の条件を満たしていません。太陽系外縁(がいえん)天体が冥王星の軌跡と重なるからです。

p155.jpg

 

太陽系外縁天体とは、氷の小天体からなると思われる天体群で、カイパーベルトという呼び名のほうが知られているかもしれません。大きさが少し足りなくて重力が小さいために、冥王星は周りの小天体をきれいに掃き散らしたり、吸引したりできなかったのでしょう。

太陽系は宇宙では身近ということで、よく理解されていると思われがちですが、実は未解明なことばかりです。特に彗星(すいせい)の故郷ともいわれる太陽系外縁天体の外側(オールトの雲)については多くの謎が残っています。

 

次の記事「恒星から近すぎず、遠すぎず。ほどよい距離が生命生存の鍵/身近な科学(38)」はこちら。

 

涌井貞美(わくい さだみ)

1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。著書は、『図解 身近な科学 信じられない本当の話』『雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科』(以上KADOKAWA)、『Excelでわかるディープラーニング超入門』『ディープラーニングがわかる数学入門』(以上、技術評論社)、『「物理・化学」の法則・原理・公式がまとめてわかる事典』(ベレ出版)、『図解・ベイズ統計「超」入門』(SBクリエイティブ)など多数。

610957773744e1380612f9b4fc0a9d258e0d707f.jpg

『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』

(涌井貞美/KADOKAWA)

動植物、天体から物理、統計学まで。知っておくべき科学の基本や、現代科学を読み解くのに必要な知識について、身近な例を挙げながらやさしく解説! わかりやすい図解(イラスト・写真)つきなので、学生から年配層まで、科学全般の知識が浅い読者でもとっつきやすく、「科学の教養」が身につけられる100項目を提供する内容です。

この記事は書籍『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』からの抜粋です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP