「黒澤さんや健さん、すごい人に出会ったから今の自分がある」映画『散り椿』木村大作監督インタビュー

25091806.jpg撮影現場で誰よりも檄(げき)を飛ばし、名作映画を盛り上げてきた名キャメラマン、木村大作さん。60代後半で映画監督に転向した木村さんの3作目の監督作『散り椿』が9月28日(金)から公開されます。キャメラマンから映画監督に転向したのには、どんな経緯があったのでしょうか。

◇◇◇

前の記事「これは愛の話。美しい時代劇になると思った」『散り椿』 木村大作監督インタビュー(2)」はこちら。

 

大切と思えるものに出会えれば、それだけで幸せ


――そもそも『散り椿』を最初に読まれたご感想は?

木村 「大切と思えるものに出会えれば、それだけで幸せだと思うております」という篠のせりふが俺の人生と同じだなと思ってね。黒澤明や高倉健、すごい人たちに出会ったおかげで今の俺があるから。そうやって突き動かされる一言がないと、俺は映画が撮れないんだよ。そういう意味では、正直な映画づくりをしているね。

――健さんとご一緒されて。

木村 『八甲田山』からの付き合い。高倉健という人間性を大切に演じた人で、役を超えていた。健さんは「自分ならこのせりふは言わない」と台本を変えるんだよ。若い頃はわからないけれど、俺が知っている『八甲田山』以降はそうだったね。そこに誠実だからトップスターなんだろうね。

――黒澤監督との思い出は?

木村 黒澤さんには撮影助手の頃、よく怒られていたけど、俺がキャメラマンになってからは、例えば『夜叉』(1985)を観てね、「これ誰が撮ってるんだ? 大作か。あのやろう、すごいキャメラマンになったな」と言ってくれたと聞いて、涙を流したよ。30歳違うから、子どもだよね。俺はあの人を見ているだけだったんだけど、あの人を見ていたから今の俺があると思うね。見るってことがいかに大切か。俺はそうだったな。

25091802.jpg 

自分で企画して監督すればいいんだと気づいた

――お若い頃に東宝に入社されてキャメラマンになられたのは、偶然だったそうですね。

木村 そうだよ。入社試験でボイラー室勤務でも大丈夫かって聞かれたから、結構ですって答えて。俺、長男なんだよ。お父さんが死んじゃってさ、下に3人も弟がいるから、働かなきゃという気持ち一心だったよね。

――当時は、日本映画が活況だった時代ですね。

木村 そう。観客動員が12億人を超えていた。今は1億7千だよね。だから、撮影所に人が足りなかったんだよ。入社試験を受けたら、筆記はできないけれど、昔からこんな感じでおしゃべりだったから、試験官とわーわー言っているうちに、「君、元気だね」って(笑)。

――それで配属されたのが、撮影のお仕事だったのですね。

木村 撮影所の撮影助手。それで、いちばん最初についたのが黒澤明の『隠し砦の三悪人』(1958)。そこが運命の分かれ目だよ。黒澤さんとの出会いが、よし映画やろう!と思ったきっかけだから。人生の大恩師だよね。

――その後、数々の名作のキャメラマンを務められて、木村さんは60代後半で映画監督に転向されます。

木村 なかなかいないよね、そんな人(笑)。ずっとキャメラマンをやってきたけれど、撮影現場であまりにもガーガー言いたい放題だから、若い監督たちに怖がられて売れなくなって(笑)。ならば、企画から考えて自分で監督すればいいんだと。

――現在79歳。ますますご活躍ですが、年齢を重ねることは?

木村 きれいな女の人に対する気の迷いがなくなって、ますます映画一筋(笑)。自分の人生でうまくいかないから、こういう愛の物語が撮りたくなるんだろうね(笑)。大人の女性が楽しめる映画になったと思うよ。

 

取材・文/多賀谷浩子

 


25091803.jpg

木村大作(きむら・だいさく)

『隠し砦の三悪人』(58年)で黒澤明作品に撮影助手として参加して以降、長年にわたり活躍する名キャメラマン。『岳 点の記』(09年)で初監督。『八甲田山』(77年)に代表される大自然でのロケ撮影も得意とし、『散り椿』も時代劇としては前代未聞の全編オールロケで撮影された。


『散り椿』

2018年9月28日(金)全国東宝系にてロードショー
監督・撮影:木村大作 脚本:小泉堯史 

出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子他

原作:葉室麟『散り椿』(角川文庫刊)

日本 2018年 112分
©2018「散り椿」製作委員会 

 

映画『散り椿』あらすじ
藩の不正を訴え出たため、藩を離れた男・新兵衛(岡田准一)。亡き妻・篠(麻生久美子)との約束を果たすべく、藩に戻り、友でライバルの采女(西島秀俊)と再会する。同時にかつての不正事件を暴こうとするがー。

 

公式サイト:映画『散り椿』

 

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP