こんな妻はイヤだ⁉ それとも? 映画『妻ふり』は夫婦の倦怠期予防にも効く!

妻ふり_main1.jpg毎日、顔をつきあわせている夫婦。新鮮さを保つために、何かしていることはありますか?6月8日(金)公開の映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』は、倦怠期に陥りがちな結婚3年目の夫婦が主人公。

離婚経験のある夫・じゅん(安田顕)は、3年目という節目を迎えたことに、ちょっとナーバスになっています。そんな夫の心の内を知ってか知らずか、妻・ちえ(榮倉奈々)は突然、ある行動に出ます。それが、なんと「死んだふり」。それも、かなりの完成度。

ある日、じゅんが家に帰ると、口から血を流して気を失っている妻の姿が。当然、じゅんは「ちえ、ちえ~~~!!」と大慌て。けれど救急車を呼ぼうとすると、ちえがむっくり起き上がって、「驚きましたか?」。口から流していた血は、ケチャップだったのです。

08061805.jpg驚きの死んだふりを次々に展開していく妻・ちえですが、日常のさまざまな場面で、彼女のキャラクターがとても魅力的に描かれています。

 

客観的に観ていると、二人のやりとりが笑えますが、じゅんからすれば、ちえがなぜこんなことをするのか、さっぱりわからない。彼が結婚3年目の不安を募らせる中、ちえの死んだふりは日ごとにエスカレートしていきます。

そのバージョンがスゴイ!

例えば、ある日の帰宅時には、等身大のリアルなワニの口の中に自分の頭を突っ込み、うつぶせに倒れているちえが! ここはジャングルかっ!!と思わずツッコミたくなります。

別の日には、リビングが過酷な戦場に。迷彩柄の軍服を着て、ヘルメット姿で倒れ込んでいるちえが......。うすーく効果音が流れているところも芸が細かい! 映画で登場するのは、全15バ-ジョン。いちいち笑えて、ちょっとほっこりします。

08061804.jpg

 
映画の基になっているのは、2010年に「Yahoo!知恵袋」で話題になった投稿。夫の帰宅時に死んだふりをして待つ妻と、そんな妻の横を「素通りする」夫の冷静な反応が面白すぎるとネット上で評判を呼びました。

その人気を受け、コミック・エッセイまで発売され、そのエピソードを基に製作されたのが本作。映画の中の妻・ちえには、死んだふりを続ける、ある秘密があります。前半はコミカル。でも、後半にホロリとくる展開が。試写室でも、思わず涙する人が、特に男性に多いのだとか。

毎日一緒に暮らしていても、元は他人のふたり。30~40代夫婦の「あるある」が所々に描かれている本作。きっと倦怠期予防にも効く!?かもしれません。

 

文/多賀谷浩子

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

監督:李闘士男 出演:榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花 他
配給:KADOKAWA  2018年 日本
©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

PAGE TOP