この季節に楽しみたい2つの句/井上弘美先生の俳句のじかん

井上弘美先生に学ぶ、旬の俳句。4月は「麦の系譜」というテーマでご紹介します。

pixta_55458318_S.jpg

虹の輪のただ中にあり麦を刈る 中島斌雄(なかじまたけお)

「虹の輪」の中で「麦を刈る」という、収穫の喜びを自然が祝福しているような美しい句。

「麦を刈る」は初夏の季語です。

作者の中島斌雄は、次回から選者を務められる対馬康子(つしまやすこ)さんの先生。

1908(明治41)年に東京で生まれ、若くして俳句に出合い、38歳のときに俳誌「麦」を創刊しました。

1946(昭和21)年のことです。

「麦」は生活の糧であり、心の「糧」でもあったでしょう。

志の高い一誌です。

作者は俳人、国文学者として活躍、日本女子大学名誉教授。

1988年に逝去。

「麦」は対馬康子さんに引き継がれました。

さくら散る音が沈んでゆく水辺 対馬康子

各地から花便りが届くと、四季の豊かさが実感されます。

掲出句は「水辺」の風景。

満開の桜が散り始めて、水辺を彩っているのでしょう。

薄紅色の花びらに、「散る音」を感じ取っているところが詩的。

水中に桜の音が沈んでいるなど、誰も表現したことがありません。

視覚から聴覚へ、そして視覚へと転じつつ、幻想的で美しい世界へと読者を誘っています。

掲出句は『竟鳴(きょうめい)』所収。

「竟」は音が人に届くこと、「竟鳴」は届いた音がまた鳴ること。

俳句によって、人と人が響き合うことを祈念しての句集とのこと。

益々の活躍が期待されます。

俳句を少し学んでみませんか?その他の「井上弘美先生「俳句の時間」はこちらから。

 

<教えてくれた人>
井上弘美(いのうえ・ひろみ)先生

1953 年、京都市生まれ。「汀」(みぎわ)主宰。「泉」同人。俳人協会評議員。4 月より武蔵野大学特任教授。

お友だち、増えてます♪
LINEで「お役立ち記事」を週3回お届け

この記事は『毎日が発見』2020年4月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP