「あなたはどうですか?」中学3年間の英語でデキル!日常会話(25)

pixta_33213785_M.jpg

毎週月曜、木曜更新!

2020年夏の東京オリンピックまで、いよいよあと3年弱。

競技観戦で隣同士になった外国人観光客と話さなくてはいけなくなった!なんてシーンで困らないよう、今から簡単な英語の日常会話を学びませんか? 「英語は全然ダメ」なあなたでも、中学3年間で学んだ英語の学習なら、3年後に間に合うかもしれません! もちろん海外旅行先でも役立つキーフレーズが満載です。

さあ、一緒に学んでいきましょう!


今日の英会話:

How about you?「あなたはどうですか?」

日常会話の中でも特によくでてくる「How about you?(あなたはどうですか?)」買い物をしていたり、趣味の話で盛り上がっている最中などにもよく耳にすることと思います。

「I'd like to ~, how about you?(私は〜したいと思っているけど、あなたはどう思う?)」というふうに、相手の意見も取り入れたいという意思を伝えたり、提案を求めたりするときに、ぜひ使ってみてくださいね。


Key Phrase 60
How about+名詞?
はいかがですか?


飲食物を勧めたり、人の意見を求めるときによく使う表現です。

  1. How about another cup of coffee? (コーヒーをもう1杯いかがですか?)
  2. How about you?(あなたはどうですか?)
  3. How about seven o'clock? (7時ではどうですか?)
  4. How about tomorrow evening?(明日の晩はどうですか?)
  5. How about a drink? (1杯いかがですか?)
  6. How about some more beer?(もう少しビールをいかがですか?)
  7. How about this one?(これはいかがですか?)

【ミニ英会話】
A : How about another piece of cake? (ケーキをもう1ついかがですか?)
B : Yes, please.(ええ、いただきます)


A : I like this bag. How about you? (このバッグ、気に入りました。あなたはどうですか?)
B : I like it, too.(私もです)



Key Phrase 61
How about ~ing?
〜しませんか?

「How about+名詞?」の「名詞」部分を「~ing」に代え ると、何かを提案したり勧誘する表現になります。

  1. How about going out for dinner? (夕食を食べに行きませんか?)
  2. How about going to see a movie? (映画を見に行きませんか?)
  3. How about going cycling tomorrow? (明日、サイクリングに行きませんか?)
  4. How about playing tennis with me? (一緒にテニスをしませんか?)
  5. How about having dinner at my house tonight? (今夜は私の家で夕食をいかがですか?)

【ミニ英会話】
A : How about renting a DVD and watching it here? (DVDを借りてきてここで見ませんか?)
B : All right. That's a good idea.(ええ。それはいいですね)


【Column】
★「Xmas」or「X'mas」?

「Xmas」は「Christmas」の略式語で、クリスマスカードや宣伝広告 文などでよく使われています。

「X」は「Christ」にあたるギリシャ語 の「Χριστος(キリスト)」の最初の大文字をあてたものです。なお、日本のデパートなどのクリスマス・セールで「X'mas」や「X-mas」の文字を目にすることがあります。しかし、このように書くのは英語では正しくありません。




稲田 一(いなだ はじめ) 

1948年、広島県生まれ。早稲田大学法学部卒業。

大手電機メーカーの人事・総務部勤務後、(専)通訳ガイド養成所を経て、翻訳・塾講師・家庭教師などの仕事に従事。受験界に身を転じてからは、「志望校の徹底分析に基づく効率的学習」を柱とする独自の学習法を確立。その理論に裏付けられた指導法により、多くの受験生を合格へと導く。還暦を機に、海外各国を歴訪。今後も視野を一層広げるため、訪問国を増やしていく予定。

「稲田式 やりなおし英語」と好評を博している「中学3年間の英語」シリーズは累計120万部突破。年間ベストセラー語学書1位(2012年)も獲得した後も、世代を超えて活用されているロング&ベストセラーシリーズとなっている。

※稲田一さんの著作は本記事の「Key Phrase」部分になります。

71pqgDgrGhL.jpg

『カラー版 CD付 中学3年間の英語で身につける日常会話』

(稲田一/KADOKAWA)

「日常生活あるいは海外旅行」でよく使われる「180のキーフレーズ」を厳選。各キーフレーズには、「応用フレーズ」を何種類かずつ掲載しています。各フレーズから選んだ代表的な3フレーズを収録したCD付!

※書店でお求めまたはご注文の際は、 ここをクリックしてスマホ画面に表示し、書店員さんに問い合わせてください。

この記事は『カラー版 CD付 中学3年間の英語で身につける日常会話』からの抜粋です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP