抜け毛予防にカプサイシン。これぞ育毛効果があり副作用のない薬です/抜け毛予防

pixta_40675515_S.jpg抜け毛は自分とは関係ないと思い、特に気にせず生活していませんか? そんな方は要注意! 髪は抜け始める前からケアすることが重要なのです。特別なことは必要ありません。衣食住を中心とした生活習慣を根本から見直すだけで、数年後の未来の自分の髪に先行投資することができます。最新の科学的根拠をもとに知識を深め、薄毛にならないための生活を今から始めてみませんか。

抜け毛にまつわるさまざまな原因や治療法、ケアなどを薄毛治療の第一人者である岡嶋研二先生に伺います。

前の記事「赤ワインとチョコレートが薄毛を救う!/抜け毛予防(24)」はこちら。

 

古代中国の考え方から見る薄毛におすすめの治療薬とは

中国の『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』という本では、当時の薬物365種を、上薬、中薬、下薬に分類しています。上薬とは、長く服用しても副作用がない、養命のための健康維持薬。中薬は、病気を防ぎ体力を補うもので、副作用の有無をわきまえて、適宜処方して用いる薬。下薬は、病気を治すが、毒性も強く長期の服用はできない薬です。
この分類を育毛への影響という視点から、当てはめてみましょう。

 
上薬は唐辛子(カプサイシン)、中薬はフィナステリド配合の治療薬

IGF-1を増やすことこそ薄毛改善に効果があることはすでにお伝えしました。このIGF-1を増やすためのものの中で、副作用がなく、長く摂取できる「上薬」は、カプサイシンを含む唐辛子でしょう。カプサイシンは、空腹時に服用すると胃の灼熱感や痛みを引き起こしますが、胃の粘膜を荒らすことはなく、むしろ胃の炎症を抑制します。

「中薬」に当てはまるのはフィナステリド配合の治療薬です。IGF-1の減少を食い止め、その量を正常に戻すことで抜け毛を防ぎます。他にも、降圧薬であるアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)や、同じく降圧薬であるカルベジロールなども、IGF-1を正常化する作用があり、中薬に属すると考えられます。

 
下薬は痛み止めやかゆみ止めが当てはまります

「下薬」は、育毛のための薬ではありませんが、IGF-1を下げてしまう薬が当てはまります。

例えば痛み止めやかゆみ止めが当てはまるでしょう。これらの薬は、体にすぐ作用し、痛みやかゆみを軽減するので重宝されがちですが、IGF-1を減らすので、副作用も強くなります。その副作用こそ、抜け毛です。

「円形脱毛症の患者さんの中で、病院に通い始めて順調に育毛していた方が、あるときいきなり薄毛になってしまったことがありました。聞くと、風邪薬を飲んだというのです。円形脱毛症は薬の影響を受けやすいという特徴がありますが、それにしてもこのすさまじい副作用は無視できません」と岡嶋先生。

薬は良い面(効能)と悪い面(副作用)を併せ持ちます。「安心して育毛に取り組みたいなら、『上薬』であるカプサイシンやイソフラボンをおすすめします。医食同源をモットーとした長期間の食事改善こそ、本当の良薬といえるのではないでしょうか」(岡嶋先生)

 


4969e4a5d60c1cfece7817a44b6fc37032c07587.JPG

岡嶋研二(おかじま・けんじ)先生

1978年、熊本大学医学部卒業。1982年、熊本大学大学院医学研究科修了(医学博士取得)。日本学術振興会特定国派遣研究員としてウィーン大学医学部への留学、熊本大学医学部助教授、そして名古屋市立大学大学院医学研究科教授を経て、2012年4月、名古屋Kクリニックを開院。血液学を中心に研究を進め、育毛作用を有するインスリン様成長因子-1(IGF-1)を増やす新たな方法を見いだし、育毛効果を発揮する治療法の開発へと応用している。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP