命の危険はもちろん、「後遺症」によって要介護の恐れ大! 「脳梗塞・脳出血」を理解して命を守ろう

突然、倒れて命を失う。助かっても寝たきりになることも...。そうならないためには、どうすればいいのでしょうか? IMSグループ横浜新都市脳神経外科病院院長の森本将史(もりもと・まさふみ)先生に、「脳梗塞と後遺症」についてお聞きしました。

2201_P044_01.jpg

脳梗塞は人生を変えてしまう病気です

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血を総称して脳卒中といいます。

1960年代までは、塩分の取り過ぎなどにより、脳卒中のなかでも脳出血を発症する人が圧倒的多数でした。

健康意識が高まり脳出血の発症数は減りましたが、今度は脂質や糖分の多い食事が増えた「食の欧米化」を背景に、近年では脳卒中の約7割が脳梗塞になりました。

脳梗塞で亡くなった患者数は、年間約5万9000人(令和元年人口動態統計の概況より)。

治療が発達したので、昔に比べると死亡率はかなり減り、発症しても約半数の人は社会復帰しています。

とはいえ、寝たきりや認知症など要介護になる原因で一番多いのは、脳梗塞を含む脳卒中なのです。

2101-01.jpg

平成28年度厚生労働省「国民生活基礎調査」より2101-02.jpg

令和2年度厚生労働省「人口動態統計」より

後遺症によって要介護のリスク大

脳梗塞は、脳の血管が詰まったり狭くなったりして、脳の細胞に血液が流れなくなった結果、その部分が死滅してしまう病気です。

脳梗塞が怖いのは、命の危険があることはもちろん、助かったとしても、要介護になる可能性が高いということ。

介護が必要になると、本人だけでなく、家族の人生もガラリと変わってしまいます。

「後遺症が残るかどうかは、どれだけ早く症状に気付くことができるか、最新治療を施せる病院に搬送できるか、リハビリを適切に行えるかで、大きく違ってきます。治療ができたとしても、重い意識障害が起こるとリハビリで体を動かすことができません。普段は健脚自慢でも、1~2週間ベッドで安静にしただけで筋力が落ち、歩けなくなることがあるのです。そしてそのまま寝たきりになることもあります。また、脳の障害から認知症を発症することもあります。それが脳梗塞の怖いところです」(森本先生)

《脳梗塞の主な後遺症》

2201_P045_01.jpg

片麻痺
左右どちらかの手足が動かない。または動かしにくくなる。

2201_P045_02.jpg

複視
物を見たときに上下か左右、斜めなどにずれてダブって見える。

2201_P045_03.jpg

失語症
思ったように話せない、話せるが相手の話は理解できないなど。

2201_P045_04.jpg

構音障害
口や舌、声帯などに障害が起こり、うまく発声ができなくなる。

2201_P045_05.jpg

高次脳機能障害
記憶力や注意力、感情のコントロールなどが難しくなる。

2201_P045_06.jpg

感覚障害
体の左右どちらかの感覚が分かりにくくなる。

2201_P045_07.jpg

嚥下障害
飲食物をうまく飲み込めない。誤嚥性肺炎を引き起こすことがある。

2201_P045_08.jpg

半側空間無視
左右どちらかの空間が認知できず、片方の視野が欠けてしまう。

取材・文/石井信子 イラスト/ノグチユミコ

 

<教えてくれた人>

森本将史(もりもと・まさふみ)先生
IMSグループ横浜新都市脳神経外科病院院長。脳神経外科医。京都大学医学部卒業後、国立循環器病研究センター、ベルギーLeuven大学などで手術と研究の研鑽を積み現職。専門は脳卒中で、日本でも有数の実績がある施設長として、日々手術を行う。脳卒中予防にも尽力している。

【毎日が発見ショッピング】「片付けで子どもを救おう古着ボックス」

 

manaita.jpg

断捨離で社会貢献!あなたの「片付け」がワクチン寄付につながります。 洋服や服飾雑貨を送ると開発途上国の子どもにワクチンが届けられる【片付けで子どもを救おう古着ボックス】お買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

 

この記事は『毎日が発見』2022年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP