あなたの体型はりんご型? それとも洋なし型? 「内臓脂肪」を減らす7つのコツで血管若返り!

あなたのおなかの脂肪、厚みがなくて手でつまむことができなかったら要注意! この内臓脂肪は落としやすい反面、病気を引き起こす物質を分泌することが分かっているんです。今回は、医師、医学博士の福田千晶(ふくだ・ちあき)先生に「内臓脂肪を減らすコツ」についてお聞きしました。

pixta_5280487_S.jpg

内臓脂肪から分泌される物質が病気を誘発する

年齢とともに代謝が落ちると、体に脂肪が付きやすくなります。

「健康診断で、腹囲が女性は90cm以上、男性は85cm以上だった場合は、内臓脂肪が多いと推定できます」と福田千晶先生。

体に付く脂肪は「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の二つに分けられます。

「内臓脂肪」が多い人は、おなかがぽっこりと出やすいことから「りんご型」体形と呼ばれています。

この脂肪は内臓の周りに付きますが、体のエネルギーに使われるので、落ちやすいのが特徴。

「皮下脂肪」は下半身に付きやすく、皮下脂肪が多い人は「洋なし型」体形と呼ばれます。

皮下脂肪がたまると、その重さのために、ひざや腰を痛めやすくなります。


りんご型内臓脂肪は普通預金(増減しやすい)

2110_P080_01.jpg

[カンタンにやせられるかも]
内臓の周りにたまる脂肪。脂肪に厚みはなく、手でつまむことができません。

【洋なし型】皮下脂肪は定期預金(減りにくい)

2110_P080_02.jpg

[なかなかやせない]
皮膚のすぐ下にたまる脂肪。触ると厚みがあり、ぶよぶよしていて手でつまめます。


福田先生は健康指導などで、この二つの脂肪をお金に例えながら説明するといいます。

「内臓脂肪は増減しやすい普通預金、皮下脂肪は減りにくいので定期預金に例えられます。気を付けなくてはいけないのが、普通預金である内臓脂肪。内臓脂肪から分泌される物質が、病気を引き起こすことが分かっています」

上のように、体に内臓脂肪が増えることで、病気のリスクとなる悪い物質が増えて、体の健康を維持する良い物質が減ります。

「内臓脂肪から分泌される物質は、高血糖、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の要因になります。そのまま放置することで、血管が老化して動脈硬化が進行するため、注意が必要です」

動脈硬化が進行すれば、脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気に発展しかねません。

そうならないためには、内臓脂肪を減らして血管を若く保つことが大事。

りんご型体形の人は、生活習慣や食生活の見直しが必要です。


内臓脂肪が付くと体の中の悪い物質が増え、良い物質が減ります

●悪い物質が増える
体に良くない働きをする悪い物質が増加し、生活習慣病の要因につながります。

●良い物質が減る
体を健康に保つための良い物質が減少し、血圧や血糖値を下げる働きが低下します。

2110_P081_01.jpg

血糖値が高くなる
(高血糖/糖尿病)
インスリンの働きを高める良い物質の「アディポネクチン」が減り、働きを妨げる悪い物質の「TNF-α」が増えるため、血糖値が上がります。

血圧の上昇
(高血圧)
血管を収縮させてしまう悪い物質の「アンジオテンシノーゲン」。この物質が増えると、血管の内部が狭くなるので、血液が流れにくくなり血圧が上昇。

善玉、悪玉コレステロールの数値が悪化
(脂質異常症)
血液中の善玉コレステロールを減らす悪い物質の「FFA」が、善玉と悪玉のコレステロールのバランスを悪くして、脂質異常症を誘発します。

2110_P081_03_W500.jpg

血管の老化=動脈硬化が進む2110_P081_02_W500.jpg


 

<教えてくれた人>

医師、医学博士
福田千晶(ふくだ・ちあき)先生
健康科学アドバイザー。慶應義塾大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学リハビリテーション科を経て、クリニック診療と産業医業務を行う。著書『そもそも血糖値ってなんですか?』(主婦の友社)。

【毎日が発見ショッピング】毎日元気に!健康フェア♪

 

nasu.jpg

◆毎発ネット読者限定クーポン◆

「毎日が発見ショッピング」で使える期間限定クーポンが毎発ネット読者限定で到着! 6桁クーポン番号を注文時に入力すると1000円引きに! 

★クーポン番号:849919 ★有効期限:2021年11月10日(水)まで

※毎日が発見ショッピング「お買いもの会員」に登録後、3000円以上のお買いものに対して利用可能

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年10月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP