自分の「人とのつながり」度合いをチェックして! 社会とのつながりが薄れる「ソーシャル・フレイル」とは

コロナ禍での外出自粛などで、いま全国のシニアがフレイル(要介護の前の虚弱状態)の危機にあります。そこで、東京大学高齢社会総合研究機構の教授である飯島勝矢さんの著書『在宅時代の落とし穴 今日からできるフレイル対策』(KADOKAWA)より、自宅でできる感染予防や、要介護予防についてご紹介します。

pixta_64750488_S.jpg

体や心の衰えにつながっている「ソーシャル・フレイル」に気をつけよう

人や社会とのつながりを途絶えさせないことがフレイル予防に!

「健康な状態と要介護状態の中間地点」と位置づけられるフレイル。

どのような症状が表れるのか、一人ひとり異なるため、非常に多面的なのが特徴ともいわれています。

健康な状態からプレフレイル、フレイル、要介護へと移行する際には、3つの虚弱がさまざまに絡み合います。

●身体の虚弱(フィジカル・フレイル)...サルコペニア、ロコモなど

●心/認知の虚弱(メンタル/コグニティブ・フレイル)...うつ、認知機能の低下

●社会性の虚弱(ソーシャル・フレイル)...閉じこもり、困窮、孤食など

なかでも特に気をつけたいのが、社会とのつながりを失った状態をさす「ソーシャル・フレイル」です。

ソーシャル・フレイルになるきっかけは、「定年で退職した」「けがや病気で外出できなくなった」「自分、または親しい友人が引っ越しをした」「スポーツジムや趣味の教室を退会した」など、だれの身にも起こることです。

人や社会とのつながりが希薄になれば、社会性が欠如し、それが認知機能の低下を招き、コグニティブ・フレイルにつながるケースも。

また、食事や口の健康への関心がなくなってオーラルフレイルにつながることや、体を動かす機会が減って身体機能が衰え、フィジカル・フレイルにつながってしまうこともあります。

ただし、忘れてはいけないのは、フレイルには可逆性があり、健康な状態に戻れることです。

それには、早く気づくことが大切!

感染症が流行しているときなど、外出や、直接人と会うことを控えなければならない場合もありますが、人とのつながりや社会参加を途絶えさせないことが重要です。

電話、メール、パソコンやスマートフォンのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを上手に活用しましょう。

下のような人とのつながりをチェックするテストもあります。

社会性の維持はフレイルにならない生活習慣のカギになるので、参考までにやってみてください。

マメに連絡を取り合っていますか?「人とのつながりの維持チェック」

現在の家族や友人についてうかがいます。

各問いごとに、該当する人数の番号を1 つだけチェックしてください。

61-1.jpg61-2.jpg

【判定】
12点以上
人とのかかわりを維持できているといえます。

0~11点
人とのつながりが少ないかもしれません。家族や友人とのコミュニケーションをもう少し意識してみましょう。

持ちつ持たれつの人が近くにいますか?「支え合いチェック」

周りの人との支え合いについてうかがいます。

「はい」か「いいえ」にチェックをつけてください。

1126_005.jpg1126_006.jpg

【判定】
4点
周りの人とたくさん支え合えているようです。

0~3点
支え合いが少ないかもしれません。頼り合えるような関係づくりを始めてみてはいかがでしょうか。

イラスト/中村知史

『今日からできるフレイル対策』記事リストはこちら!

71b6ze8LnIL.jpg要介護の手前の「フレイル」状態を防ぐために自宅でもできる健康法について、5章にわたって分かりやすく解説

 

飯島勝矢(いいじま・かつや)
東京大学高齢社会総合研究機構 機構長・未来ビジョン研究センター教授。医師、医学博士。フレイル(虚弱)予防のための大規模コホート研究およびシステムを構築し、なかでも市民フレイルサポーター主導型健康増進プログラム(通称フレイル・チェック)を推進している。

shoei.jpg

『在宅時代の落とし穴 今日からできるフレイル対策』

(飯島勝矢/KADOKAWA)

新型コロナによる外出自粛、人との接触制御という生活不活発によって全国のシニアが「フレイル」の危機、同時に感染症リスクが高まっています。「要介護の前の虚弱状態」であるフレイルには可逆性があり、早く気づいて生活習慣を見直すことで進行を食い止め、健康な状態に戻ることができます。自宅でもできる感染・要介護予防法を実行して、フレイルを防ぎながらwithコロナ時代を前向きに過ごしましょう。高齢の親と離れて暮らす家族も参考になる一冊です。

※この記事は『在宅時代の落とし穴 今日からできるフレイル対策』(飯島勝矢/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP