50代はまだまだ若い。「好きなことが分からない」というアラフィフ女性に伝えたいこと/中道あん

20代で結婚して、2男1女を授かり、主婦として暮らしてきた中道あんさん。でも50代になると、夫との別居、女性としての身体の変化、母の介護...と、立て続けに「人生の転機」が訪れます。そんな激動の中で中道さんが見つけた「50代からの人生を前向きに過ごすためのヒント」をご紹介。好きなことが分らないという方へ、中道あんさんが伝えるのは...

pixta_17301314_S.jpg

前回の記事:「予祝」ってご存じですか? 50代で独立した私が「来年の手帳」にまず書くこと

仕事柄、アラフィフ、アラカン世代の女性に話を聞くことが多くあります。

独身でバリバリと仕事をしていた女性は別として、私のように、結婚後は家庭に収まり、子育てに専念して仕事もセーブしてきた女性たちは、この時期になると、自分について考える時間を持つようになります。

結婚して20年くらいすれば、子供の手もだいぶ離れ、自分時間が増えます。

それまで家族の為に時間を費やし、他人の為の時間を生きてきたわけです。

それを自分の為に使ってもいいとは分かっていても、さて何をしたらいいのか分からない。

好きなことをしたらいいと言われても、その好きなことが分らない。

そんなことをよく耳にします。

私の高校卒業くらいから、母は「子育てしている時が一番楽しかった」「子供も大きくなったら自分達ばかりが楽しんで、お母ちゃんは楽しいことがない」と言うようになりました。

「お母ちゃんも好きなことしたらええやん」と言ってみても、「好きなことって何があるねん」「お母ちゃんは用無しや」「生きているのか死んでるのかわからない」と答えるばかり。

「そんなことないよ」と、いかに価値ある人であるかを事あるごとに伝え、楽しくなるようなイベントを提供したりプレゼントをしたりして、ご機嫌が上がるように努めました。

自分でも本当によくやったと思います。

けれど、残念ながら、すればするほど、期待値があがるだけで、自分の人生を好きなことで楽しむ術は一向に思いつきませんでした。
いま思い返すとなんてバカげた努力をしたのかと思います。

結局、娘とはいえ、他人から自分のご機嫌を上げてもらうことは不可能なんです。

だって自分じゃないから。
自分のご機嫌は自分でとるしかないのです。

なので、今は、好きなことが分らないという人には、「何かしらやってみれば?」とおススメしています。

私がブログを始めて、かれこれ5年になります。

好きで始めたわけでもないのですが、今は発信しないと気持ちが悪いほどになりました。

そして仕事にまでになっています。
それは、やり続けたことで楽しさを自分で見つけたからだと思います。

ちょっと気になるものと出会ったとき、
・面白くなかったらどうしよう
・こんなことやり始めて笑われないかな?
・家族に反対されたらどうしよう
なんて思うかもしれません。

しかし、そこを「えいっ」と勇気を出して始めてみるのです。

そうすれば普段と違う生活にもなりますし、変化が起きることで自分の心の目も開いてきて、何か発見できると思うのです。

どうしてもつまらない、合わない場合はさっさと見切りをつけて手放して、次へ進む。

そうしていくとそのうち勘も働くようになり、手当たり次第に何かをはじめるということをしなくても良くなります。

私も、来年は何か新しい趣味を始めようかと思っています。

そろそろ普段の生活に刺激が欲しくなりました。

好きなことが分らないという人へ。
50代はまだまだ若い。好きなことを探す時間は十分あります。

アラフィフ、アラカンの皆さん、必読です! 中道あんさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中道あん


「女性の生き方ブログ!50代を丁寧に生きる、あんさん流」主宰。Ameba公式トップブロガー。結婚22年で夫と別居。自立した人生を送るため正社員として働いていたが、2019年2月「好きなことを仕事に」とフリーランスに転身。えいっと行動力を発揮して夢を叶える女性をつくるEitonessを提唱、ブログ講座やコミュニティの運営を 行っている。現在、社会人の長男、長女と同居。要介護2の実母は3年半同居生活の後有料老人ホームにて暮らしている。

中道あんさんのブログ:アラフィフの生き方ブログ|50代を丁寧に生きる、あんさん流

50life_cover-obi.jpg

『50代、もう一度「ひとり時間」』(KADOKAWA)

20代で結婚、2男1女を授かり、主婦として普通に生きてきた。でも50代になると人生の転機が頼まれもしないのに訪れる。夫との別居、母の介護、女性としての身体の変化、子どもたちの成長。そこから見つけた「ひとりの楽しみ」をあますところなく伝え続ける、「あんさん」流のアラフィフライフ。50代からの人生を前向きに過ごすためのヒントが満載。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP