女性に「冷え」が大敵な理由をご存じですか? 漢方で考える「冷えやすい体質」の人の対策とは

すぐに疲れてしまう、おなかにガスがたまる、生理前に太りやすい...病院では原因が特定されづらい「なんとなくの不調」に悩まされていませんか? そこで、年間2000人以上の悩みに応えてきた漢方カウンセラー・大久保愛さんの著書『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(KADOKAWA)より、「漢方×栄養学×腸活」の考え方をもとにした「食薬」のエッセンスをご紹介。ぜひ、自分の「体の状態」に合わせて食事を選び、体調を整えてみてください。

pixta_65655349_S.jpg

冷えやすい体質とは?

漢方では、冷えやすい人は「脾(ひ)」が弱っていると考えます。

そして、「脾」にダメージを与える行動を「久坐(きゅうざ)」と呼び、長時間座りっぱなしでいることを表します。

当然、姿勢はくずれて骨盤はゆがみます。

猫背になり内臓を圧迫することで、代謝や血流が低下して体が冷えます。

普段から座位の姿勢に気をつけましょう。

食事では、温かいスープで消化を助けながら栄養補給を。

また、消化を促進するため、よく噛んで食べましょう。

漢方で考える

「脾」の働きは、脾臓ではなく、胃の働きに膵臓の働きが加わった感じだと考えていただけるとよいと思います。

食べ物は、消化された後にインスリンが膵臓から適正に分泌されることで有効利用できる形となり、貯蔵されます。

そしてエネルギーがつくり出されます。

冷たい飲食物による「寒邪(かんじゃ)」の影響やエネルギーがうまくつくれないことにより、「脾気虚(ひききょ)」や体が冷える「脾陽虚(ひようきょ)」となります。

「脾」が弱ると冷えやすい体質になる!

0920_01.jpg

冷えやすい体質にお勧めの「食薬」は、温かいスープや汁物など食材のうまみを引き出した味わい深い料理です。

食材のうまみを楽しむには、ゆっくりと噛んで、よく味わって食べることが基本です。

また、出汁がきいたスープは吸収しやすい栄養素を豊富に含みます。

体を温めて代謝を上げたいときにぴったりです。

0920_01.jpg0920_02.jpg

冷えが大敵な理由

私たちの体には、エネルギーをつくる仕組みが2種類あります。

1つ目は約37℃で働いて持続的なエネルギーをつくるミトコンドリアを使ったもの。

2つ目は32~36℃の低い温度で瞬発的なエネルギーをつくる解糖系(かいとうけい)です。

このため、体が冷えていると、ミトコンドリアがうまく働かなかったり、消化の働きが低下したり、さらに冷えやすくなったりと、すぐにエネルギーが切れる「脾陽虚」や「脾気虚」を招きやすくなります。

すると、すぐにエネルギーとなる糖質たっぷりの甘いものが欲しくなってしまいます。

これにより優位に働くのが、ミトコンドリアではなく解糖系なので悪循環に陥ります。

また、膵臓からインスリンが過剰に分泌されて血糖値のコントロールができないと、低血糖症状が現れ、食後に眠くなったり、集中力が低下したりします。

幸せを感じるドーパミンなどの分泌も促されるため、甘いものの依存にも注意しましょう。

冷えと女性ホルモン

男性と女性の生殖器は、エネルギーの仕組みに違いがあります。

それは、ミトコンドリアの量です。

ミトコンドリアは、1つの細胞につき数百から数千個存在するといわれ、重さにすると体重の10%にも及ぶ量が存在するようです。

ミトコンドリアは、精子の運動率を維持するために100個程度、卵子には成熟して妊娠・出産まで活躍するために10万個程度のミトコンドリアが存在します。

卵子のミトコンドリアは、精子のミトコンドリアより1000倍も多いのです。

そのため、ミトコンドリアのエネルギー切れを起こさないために、女性は男性よりも冷えに弱く、生殖器を温めておく必要があることがわかりますよね。

食べ物で温めるほか、防寒対策も意識してください。

さらに、冷えると欲しやすいのが、すぐに解糖系のエネルギーになる甘いもの。

甘いもののとりすぎは、血糖コントロールの不調を招き、それが原因で排卵障害を起こすこともありますので気をつけましょう。

『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』記事リストはこちら!

81yBLDwdcmL.jpg

とにかくわかりやすい!「漢方×栄養学×腸活」をかけ合わせて、日々の食事を中心に、心と体を整えて不調を解消する55のメソッドが収録されています

 

大久保愛(おおくぼ・あい)
薬剤師、国際中医師、国際中医美容師、漢方カウンセラー。秋田の豊かな自然の中で、薬草や山菜を採りながら暮らす幼少期を過ごし、漢方や食に興味を持つ。薬剤師になり、北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び、日本人で初めて国際中医美容師資格を取得。漢方カウンセラーとして、年間2000人以上の悩みに応えてきた実績を持つ。

shoei.jpg

『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』

(大久保愛/KADOKAWA)

女性ホルモンの分泌の変化で起こるさまざまな不調は、「5つの体質」に分類して考えることができます。自分の体質を診断したうえで、「体の不調別」にオススメの食材が提案されるので、とにかくわかりやすい! 漢方カウンセラー考案の不調解消メソッドが詰まった、あなたの「食べる薬」がわかる保存版の一冊です♪

※この記事は『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(大久保愛/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP