「最近、つまずくことが増えた...」という人に。「速筋」を増加させる「スケソウダラ」のススメ

白身魚フライやちくわなど練り製品の原料となるスケソウダラの「速筋たんぱく質」には、負荷運動をせずに食べるだけで筋肉を増やす効果があることが、愛媛大学や東京大学などの研究によって分かってきました。特に、年齢に伴い減少する「速筋」を増加させる効果があると明らかになり、注目されています。

2006_p098_01.jpg

白身魚で筋肉増加

スケソウダラは、練り製品の原料や総菜の白身魚フライなどでおなじみの食材です。

このスケソウダラ(※)に含まれる速筋たんぱく質を、65歳以上の女性が3カ月間毎日4・5g食べ続けたところ、下半身の筋肉量が1・5%増加しました。

特に増えたのが、筋肉内の瞬発力をつかさどる"速筋"であると考えられています。

「最近、つまずくことが増えていませんか? これは、速筋が減少し始めている証拠。速筋は20代をピークに減りますが、遅筋は大きくは減りません。年を重ねるにつれ動きがゆっくりになるのも、速筋が減って大半の動きを遅筋で行っているから。ゆっくりした動作の先には、転倒や寝たきりなどが待っています。それらの予防のためにも速筋は重要です」と、岸田太郎先生。

速筋は筋力トレーニングによって肥大し鍛えることができます。

しかし、スケソウダラを食べるだけで増えるとは、どうしてなのでしょう。

「スケソウダラの速筋たんぱく質は、運動と同様に、筋肉(特に速筋)を大きくさせる効果ももっています。

つまり、運動後に起きる筋肉再生による肥大メカニズムを刺激し、筋肉が増えるということになります」(岸田先生)

スケソウダラ原料製品は、手軽に食べられるのも魅力。

「最も手軽なのは、魚肉ソーセージの丸かじり。一般的に、朝食のたんぱく質摂取量が不足していると言われていますので、毎朝の食事に速筋たんぱく質4・5gを加えるのが最もおすすめです」(岸田先生)。

年を重ねるごとに減っていく速筋を増やすスケソウダラ原料製品。

毎日の食事に加えてみてはいかがでしょう。

※日本アミノ酸学会 第11回学術大会 日本水産株式会社

●速筋(そっきん)って知ってる?
筋肉には瞬間的に大きな力を出す速筋と、持久力などの遅筋があります。速筋が減ると、とっさに踏ん張る力が出ず転びやすくなったり、熱を生み出しづらい体になり冷えやすくなります。

●速筋が減少すると...
・転倒リスクが増す
・歩く速度が遅くなる
・冷えやすくなる
・階段をスムーズに下りられない

●筋肉増加にはスケソウダラを食べる!
魚肉ソーセージやちくわなどの商品を選ぶ際は、パッケージに「スケソウダラ」と明記されているか、食品原材料に「魚肉(スケソウダラ)」と記載されたものを選ぶのがおすすめです。

【速筋たんぱく質4.5gの目安は...】
 ちくわ...1日2本
 かに風味かまぼこ...1日55g
 魚肉ソーセージ(スケソウダラ使用)...1日1本
 白身魚フライ...1日1個(約60g)

取材・文/笑(寳田真由美) イラスト/坂木浩子

【まとめ読み】「へぇ~」が満載!『NEWSな健康キーワード』記事リスト

 

愛媛大学教授
岸田太郎(きしだ・たろう)先生
北海道大学農学部農芸化学科卒業、同大学院博士課程修了。農学博士。日本甜菜製糖株式会社総合研究所勤務を経て、愛媛大学 大学院農学研究科生命機能学専攻 教授に。

この記事は『毎日が発見』2020年6月号に掲載の情報です。
PAGE TOP