座骨神経痛の人は1日1分、ぜひやってみて!「川口式テニスボールエクササイズ」

腰痛に悩んでいる人は、実は「ろっ骨」が固くなっているのかもしれません。新しい腰痛改善法を提唱する川口陽海さんは「ストレスでろっ骨が固くなると血流不足を引き起こし、腰痛発症の原因になります」と言います。1万人の患者を治してきた川口さんの著書「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい」(アスコム)から1日1分でできる「ろっ骨ほぐし」の方法をご紹介します。

pixta_62469688_S.jpg

長時間歩けない人はお尻から太ももにダメージがある
「トリガーポイントは中殿筋・小殿筋・ハムストリング」

しばらく歩くと、お尻や太ももの裏、ふくらはぎなどの筋肉に痛みやしびれがあり、歩き続けることができなくなる方がたくさんいます。

前かがみになったり、椅子に座って休憩したりすると、ラクになり再び歩けるのが特徴です。

これを間欠性跛行(かんけつせいはこう)といいますが、高齢の方の腰痛では併発することが多い、つらい症状です。

お尻より下の筋肉が全体的に弱っている可能性があります。

そのため、トリガーポイントは中殿筋・小殿筋・ハムストリング(太ももの裏の筋肉)の3つに狙いを定めます。

中殿筋とハムストリングについては、巻末を参考に、これまでと同様のやり方で行ってください。

小殿筋は、お尻の外側の筋肉ですので、テニスボールでほぐすために少し体勢を変えます。

小殿筋は骨盤のいちばん飛び出ている骨の斜め下(体の真横のお尻)にある筋肉です。

そのほぐし方は次の通りです。

名称未設定-2.jpg

①マットの上に仰向けになる。足を軽く開き、両足の膝を立てる

②骨盤の骨の斜め下(体の真横のお尻)にテニスボールを置く

③体を真横に傾けて、ゆっくりとテニスボールに体重をかける(15秒程度)

小殿筋のトリガーポイントは、足の後ろ側や側面に、しびれを伴った痛みを引き起こすことが多々あります。

坐骨神経痛の症状のある方は、ここをほぐすことで改善の可能性が高まるでしょう。

坐骨神経痛の多くも、じつは筋肉の痛み

腰からお尻、太ももや足先などに、ピリピリする痛みを感じる人は、病院で「坐骨神経痛」と言われることがあります。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの「画像」がある場合は、坐骨神経痛は診断名ではなく、症状として扱われます。

いずれにしろ、その痛みはお尻から足にかけての「坐骨神経」が何らかの理由で圧迫されて起こるものだとされています。

しかし、私の治療院を訪ねてくる坐骨神経痛の患者さんは、トリガーポイントをほぐすことで改善することが少なくありません。

ここからも、診断名にとらわれないことが、腰痛治療において大切であることがよくわかります。

【まとめ読み】腰痛を改善する画期的な方法「ろっ骨ほぐし」の記事一覧

閻ー逞帙r豐サ縺励◆縺代j繧・m縺」鬪ィ繧偵⊇縺上y縺励↑縺輔>.jpg

手術・薬いらずの腰痛改善法「ろっ骨ほぐし」を全6パートに集約

 

[著者]川口陽海(かわぐち・はるみ)

腰痛トレーニング研究所・さくら治療院院長。最新の腰痛研究をもとに「ろっ骨ほぐし」を考案。患者が痛みや苦しみから解放されるまで全面的にサポートする治療方針で、これまで原因不明の腰痛に苦しんできた1万人以上の患者を救っている。

[監修]永澤 守(ながさわ・まもる)

かつしかキュアクリニック院長。おだやかな優しい口調で、患者の訴えに耳を傾けた一人ひとりに寄り添う医療を提供し続けているのがポリシー。日本臨床内科医会会員。本書をはじめ、医療監修に「爆報THEフライデー」(TBS)など多数に関わる。

自宅でもテレワーク中に楽しくできる「ろっ骨ほぐし」腰痛改善法!

 

shoei.jpg

『腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい』

川口陽海《著》、永澤守《監修》/アスコム)

固くなったろっ骨が「柔軟性」を取り戻すと…腰痛が改善される! その画期的な方法に気づき、最新の研究を取り入れながら長い試行錯誤の末に開発した川口陽海先生による「ろっ骨ほぐし」。腰痛改善理論やメソッド、具体的なエクササイズが惜しげもなく公開された話題作。「1日1分ほぐすだけ」で、多くの人の人生を変えた注目の一冊です。

※この記事は『腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい』(川口陽海《著》/永澤守《監修》/アスコム)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP