背中の筋肉が柔らかくなって...腰痛が改善!「ろっ骨ほぐし」のやり方を公開‼

腰痛に悩んでいる人は、実は「ろっ骨」が固くなっているのかもしれません。新しい腰痛改善法を提唱する川口陽海さんは「ストレスでろっ骨が固くなると血流不足を引き起こし、腰痛発症の原因になります」と言います。1万人の患者を治してきた川口さんの著書「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい」(アスコム)から1日1分でできる「ろっ骨ほぐし」の方法をご紹介します。

ろっ骨ほぐし-7.jpg

腰の痛みがとれる! 和らぐ!

「ろっ骨ほぐし」のやり方

まず、「ろっ骨ほぐし」のやり方を覚えましょう。

これから紹介するエクササイズでろっ骨をほぐすと、背中の筋肉も柔らかくなります。

すると腰に無理な負担をかけることがなくなり、腰痛が改善されるのです。

「ろっ骨ほぐし」は、短時間で簡単にできるものばかり。

また、すべてを行わなくても構いません。

1日1分~、1つでも2つでもやってみてください。

「ろっ骨ほぐし」のポイント

POINT1
ろっ骨の動きをイメージしながら行いましょう。ろっ骨を動かしている意識を持つことで、ほぐされていることが体感でき効果が高まります。

POINT2
ろっ骨は繊細な箇所でもあります。強く押しすぎないように注意しましょう。ほぐす感覚でろっ骨を押し、さすります。

POINT3
痛気持ちいいポイント(ツボ)を探りながら行います。

POINT4
リラックスした姿勢で、すべて1日1分から。「脇腹のマッサージ」だけで済ませても構いません。1つでも2つでも、気になる「ろっ骨ほぐし」を行いましょう。

※効果には個人差があります。

[ろっ骨ほぐし]1.脇腹のマッサージ

真っすぐに立ち視線は正面に向け、両手を左右脇腹のろっ骨部分にあててマッサージします。骨と骨の間をほぐすイメージで、手のひらをゆっくりと動かしましょう。

ろっ骨ほぐし-4.jpg手のひらを脇腹にあててほぐします。

ろっ骨ほぐし-5.jpg

ろっ骨ほぐし-1-1.jpg

真っすぐに立ち視線を正面に向け、右手を左鎖骨下にあてます。左肩を後ろから前へとまわすように動かしながら、さするようにマッサージしていきましょう。左右ともに行います。

脇腹にあてた手を上下、前後にまわすようにしてほぐしていきます。胸の下から、ろっ骨の下部まで広い範囲をほぐすようにしましょう。

※椅子に座って行ってもOKです。

[ろっ骨ほぐし]2.鎖骨下のマッサージ

真っすぐに立ち視線を正面に向け、右手を左鎖骨下にあてます。左肩を後ろから前へとまわすように動かしながら、さするようにマッサージしていきましょう。左右ともに行います。

ろっ骨ほぐし-9.jpg

指のつけ根部分を使って、ゆっくりとさすります。

ろっ骨ほぐし-10.jpg

ろっ骨ほぐし-1-2.jpg

鎖骨の下部分を上下左右に幅広くケアしていきます。肩をわずかにまわすことで、ろっ骨の形がイメージでき効率よくほぐせます。

※椅子に座って行ってもOKです。

[ろっ骨ほぐし]3.お腹のマッサージ

真っすぐに立ち、視線を正面に向け、両方のこぶしをお腹のろっ骨にあてます。自然に呼吸をし、ろっ骨の動きも意識しながらこぶしを動かしてマッサージしていきましょう。

ろっ骨ほぐし-13.jpg

指の第2関節を押しあてながらほぐします。

ろっ骨ほぐし-14.jpgろっ骨ほぐし-1-3.jpg

ろっ骨を持ち上げるイメージで行います。こぶしを腹部に強く押しあてる必要はありません。両こぶしを上下左右に動かしながらリズミカルにほぐしましょう。

※椅子に座って行ってもOKです。

[ろっ骨ほぐし]4.背中のマッサージ

真っすぐに立ち、視線を正面に向け、両方の手を後ろにまわし、こぶしを背中にあてます。指の関節を使って背面からろっ骨をマッサージし、ほぐしていきましょう。

ろっ骨ほぐし-18.jpg

指の第3関節を背中にあててほぐします。

ろっ骨ほぐし-19.jpgろっ骨ほぐし-19-1.jpg

両方のこぶしを左右上下に動かして、ろっ骨をほぐします。両腕を後ろにまわせない場合は、無理をする必要はありません。パートナーにほぐしてもらいましょう。

※椅子に座って行ってもOKです。

閻ー逞帙r豐サ縺励◆縺代j繧・m縺」鬪ィ繧偵⊇縺上y縺励↑縺輔>.jpg

手術・薬いらずの腰痛改善法「ろっ骨ほぐし」を全6パートに集約

 

[著者]川口陽海(かわぐち・はるみ)

腰痛トレーニング研究所・さくら治療院院長。最新の腰痛研究をもとに「ろっ骨ほぐし」を考案。患者が痛みや苦しみから解放されるまで全面的にサポートする治療方針で、これまで原因不明の腰痛に苦しんできた1万人以上の患者を救っている。

[監修]永澤 守(ながさわ・まもる)

かつしかキュアクリニック院長。おだやかな優しい口調で、患者の訴えに耳を傾けた一人ひとりに寄り添う医療を提供し続けているのがポリシー。日本臨床内科医会会員。本書をはじめ、医療監修に「爆報THEフライデー」(TBS)など多数に関わる。

自宅でもテレワーク中に楽しくできる「ろっ骨ほぐし」腰痛改善法!

 

shoei.jpg

『腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい』

川口陽海《著》、永澤守《監修》/アスコム)

固くなったろっ骨が「柔軟性」を取り戻すと…腰痛が改善される! その画期的な方法に気づき、最新の研究を取り入れながら長い試行錯誤の末に開発した川口陽海先生による「ろっ骨ほぐし」。腰痛改善理論やメソッド、具体的なエクササイズが惜しげもなく公開された話題作。「1日1分ほぐすだけ」で、多くの人の人生を変えた注目の一冊です。

※この記事は『腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい』(川口陽海《著》/永澤守《監修》/アスコム)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP