「言葉の遅れや落ち着きが・・・」ADHD傾向の4歳男子を変えた「精神科医の栄養指導」

心を蝕む「うつ」。それはストレスだけでなく「"質的な栄養失調"が引き起こすこともある」と栄養学に精通する精神科医・藤川徳美さんは言います。そんな藤川さんの著書『うつ消しごはん』(方丈社)から、実際に行ったサプリメントを用いる栄養療法「メガビタミン療法」で回復した症例エピソードを抜粋してご紹介します。

pixta_25824666_S.jpg

※症例の血液検査が示す数値などについて......症例の中には、受診時の血液検査の数値が頻繁に登場します。栄養療法を実践するにあたり、タンパク質や鉄の充実度を測る指標にするためです。よく出てくる検査項目についてはエピソードの下で解説しています。

【症例】ADHD傾向の4歳の男の子、3カ月で落ち着いてきた

4歳の男児です。

母親は妊娠中から貧血を指摘されており、BUNは一桁と重度のタンパク不足が窺えました。

平成29年9月から、高タンパク/低糖質食+プロテイン+鉄+メガビタミンで劇的に元気になった症例です。

男児は100cm、14.2kg。

多動で落ち着きがありません。

言葉の遅れも感じられ、会話が成立しにくい状態でした。

喘息の治療を受けていました。

ピアノを習っているとのことですが、体幹が不安定な状態なので、よい姿勢で弾くことができませんでした。

血液検査では、フェリチン64でした。

お母さんが私の症例集を見て、サプリメントを選択し、子どもに与えることにしました。

チュアブル鉄27mg×3~4。

高タンパク/低糖質食を開始し、キレート鉄27mg、ビタミンB50、ビタミンC、オメガ3を開始しました。

平成30年3月、当院を受診。

プロテインを勧めることにしました。

インクレミンシロップ(鉄剤)を処方しました。

ビタミンA10000IU、ビタミンB50×1/2、ナイアシン250mg、ビタミンC2000mg、ビタミンD5000IU。

ビタミンE400IU、オメガ3、その他、亜鉛とマグネシウムも摂取しました。

6月には、BUN13.9、フェリチン127になっていました。

インクレミンは飲めていない状態で、プロテインも嫌がりあまり飲めていないものの、高タンパク/低糖質食はきちんとこなせていました。

その結果、会話が普通にできるようになりました。

落ち着きが出てきたのです。

お母さんが喜んでいた変化としては、じっと立って歌えるようになったこと、皆と一緒の作業ができるようになったこと、喘息症状が出なくなったこと、そして、自ら友人を誘い、遊ぶようになったことです。

ピアノの先生からは、急に体幹がしっかりしてきたといわれたそうです。

食事療法やメガビタミン療法は、3~6カ月、指示量が摂取できれば、ほぼ全員回復しています。

半年でIQも20程度上昇する場合が多いです。

年単位で継続すればさらに改善するはずです。

ポイントは、神経発達に必要な栄養素を十分量与えつづけること。

そうすれば、勉強も運動も得意になると思います。


※症例の血液検査が示す数値などについて

「一般的な基準値」というのは、健康な人の多くの検査データをもとにして、統計学的に求められた数値のことで、95%の人が基準値の範囲に該当しているといわれています。なお、BUN(尿素窒素)とMCV(赤血球恒数)、およびフェリチンについては、当院独自の基準で判断しておりますので、「当院の目標値」として記しておきます。

・BUN(尿素窒素)......血液中の尿素に含まれる窒素成分のことです。高い場合は腎機能障害、基準値未満はタンパク質摂取不足です(重症の肝機能障害のときにも低くなります)。一般的な基準値8~20(mg/dl)、当院での目標値15~20(mg/dl)。

・RBC(赤血球数)......赤血球の数で、基準値未満は貧血が疑われます。一般的な基準値 男性:430~570(万個/μl)女性:380~500(万個/μl)。

・HGB(ヘモグロビン)......血液中の鉄の量で、基準値未満は貧血が疑われます。一般的な基準値 男性:13・0~16・6(g/dl)女性:11・4~14・6(g/dl)。

・MCV(平均赤血球容積)......赤血球の大きさで、基準値未満では鉄欠乏性貧血が疑われます(鉄欠乏性貧血=小球性貧血)。逆に大きすぎる場合(大球性貧血)には、ビタミンB12不足、葉酸不足が疑われます。一般的な基準値80~100(fl)、当院での目標値95~98(fl)。

・フェリチン......鉄分を貯蔵しているタンパク質の量です。一般的な基準値 男性:20~220(ng/ml)女性:10~85(ng/ml)、当院での目標値100(ng/ml)。

・メガビタミン療法......ビタミンやミネラル、プロテインなどのサプリメントを活用した栄養療法の考え方。

・ATP......アデノシン三リン酸。生体内のエネルギーを貯蔵したり、供給したりする、生きるための「エネルギー通貨」とも呼ばれる。「ATPセット」は、ATPをつくるためのサプリメントの組み合わせ。


栄養で完治させた精神科医のエピソード「うつ消しごはん」記事リストを見る

113-H1-utsukeshigohan.jpg

薬に頼らない栄養療法メソッドを全5章に渡って解説。著者が行う「メガビタミン療法」のサプリレシピも収録

 

藤川徳美(ふじかわ・とくみ)
1960年広島県生まれ。医学博士。1984年広島大学医学部卒業。2008年に「ふじかわ心療内科クリニック」を開院。うつ病の薬理・画像研究や、MRIを用いた老年期うつ病研究を行い、老年発症のうつ病には微小脳梗塞が多いことを世界に先駆けて発見。著書に『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』(光文社新書)などがある。

shoei.jpg

『うつ消しごはん タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!』

(藤川徳美/方丈社)

やる気がない、目覚めが悪いなど体の不調は、あなたが摂っている「栄養の質」が悪いからなのかもしれません。何をどれだけ摂ればいいのか、どんな栄養が体にいいのか、薬に頼らず病を改善させる栄養療法をまとめた、心と体の処方箋です。

※この記事は『うつ消しごはん タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!』(藤川徳美/方丈社)からの抜粋です。
PAGE TOP