「何か見つかっちゃうと嫌だから・・・」出ては消す、樹木希林さんのがん治療/植松稔医師×内田也哉子さん(4)

2018年にがんで亡くなった女優・樹木希林さん。その治療にあたった放射線治療医・植松稔さんは、著書『世界初 からだに優しい 高精度がん治療』(方丈社)の中で樹木さんの長女・内田也哉子さんと対談し、約10年に渡った治療期間を振り返っています。今回は収録された対談の一部と、植松医師が考える「がん」について連載形式でお届けします。

からだにやさしい04.jpg

樹木希林さんは、2005年に都内の病院で乳がんとリンパ節の摘出手術を受けられたあと、2008年に新たなリンパ節への転移が見つかり、植松医師を訪ねました。そこから約10年にわたり、鹿児島のUMSオンコロジークリニックで、放射線の4次元ピンポイント照射を受けたあと、最後はご自身で無治療を選択されました。乳がんを患った後も、たくさんの映画に出演されるなど、大変ご活躍されました。

●特別対談:植松稔医師×内田也哉子さん
がんが出ては放射線で消すとということの繰り返し

植松:希林さんは、初めて僕のクリニックにいらっしゃったとき、PET(核医学検査の一種)は嫌だとおっしゃっていたんです。

「何か見つかっちゃうと嫌だから、PETはいいわ」と。

内田:PETをしないと、治療するのにも、どこにがんがあるかわからないですよね?

植松:その時は「リンパ節転移だけお願いします」ということでしたので、CT検査だけで治療しました。

それで僕も「身体のどこかにがんが隠れているかもしれませんが、それはPETをやらないとわからないです」というお話をしたんですけど......。

内田:逆にそこで見つかってしまうのは、ちょっと嫌だなということだったんですね。

そこからまた病気や治療のことで煩わされるのが嫌だったのかもしれません。

あと、あまり小さいがんは取らなくていい、自然と消える場合もあるはず、と思い込んでいるところもありました。

植松:でも、その年の9月にはPETを受けてくださったんです。

そのときは、「今のところPETでは写るものは何もありません」というお話をしました。

でも、その翌々年に撮ったPETで、肋骨や背骨や副腎に、新たな転移が見つかってしまいました。

さらに、最初の治療のときには、ホルモン剤でいったん小さくなってCTでは分からなくなっていたリンパ節も、また大きくなっていたので、それらをすべてピンポイント照射で治療しました。

内田:それは、先生のところに初めて来てから3年目のことですか?

植松:はい、2010年のことです。

このときに11カ所ぐらい治療しています。

それで、しばらくよかったんですが......またがんがでてきてしまって、次にうちで放射線治療をしているのは、2013年の11月です。

内田:また3年あくんですね。

植松:がんがでては放射線で消すということの繰り返しでしたね。

内田:あまりにもたくさん患者さんがいらっしゃるから、平均化はできないんでしょうけど、こういう出方もあるにはあるんですか?

植松:がんの患者さんは本当に様々で、半年や1年のうちに、「ちょっと放射線ではどうにもならない」という状態になってしまうくらい進行の速い人もいますし、検査をすると時々チョロチョロッとがんが顔を出してくる方もいます。

そういう方は「放射線治療で十分に間に合う」場合が多いです。

希林さんも、お亡くなりになる2年前に検査を受けた頃までは、放射線で間に合うな、という転移の出方だったので、亡くなられる前年の2017年1月にも、鹿児島に来ていただいて、10日間ぐらい治療を受けていただきました。

これが最後の治療になりました。

実は、その年は希林さんのお仕事がとても忙しかったので、まだ治療の途中でしたが、一度東京に帰ることになったんです。

「今年は約束した仕事がたくさんあるので......ちょっとまだ途中かもしれないけど、いったん帰りますね」ということでした。

僕は「もうちょっとやりたいので、また来てくださいね」とお話をしたのですが、「はい、また来ます。しばらく仕事をしてきます」とおっしゃって。

鹿児島ではそこで一旦お別れして、その次来てくださったのは、1年2カ月後でした。

それが最後のPET検査になりましたね。

2018年3月のことです。

でも、そのときにはもう、がんが全身の骨という骨、さらに様々な臓器にも広がってしまっていました。

内田:そうでしたね。

だから、転んだわけではないのに大腿骨が折れて。

でも、それは「不思議と痛くない」と言っていました。

植松:全然痛くないということはないと思いますが......。

内田:我慢できる痛みだったのでしょうか?

植松:骨転移というのは、ものすごく痛くて麻薬系の痛み止めを使わないとどうにもならない人もいらっしゃいますし、身体中の骨に転移していても「別に痛くないです」と言う人もいらっしゃいます。

本当にがんという病気は、人によって症状は全く違うんです。

【まとめ読み】「からだに優しい高精度がん治療」全エピソード

115-H1-karadaniyasashiigan.jpg内田也哉子さんとの対談に始まり、ピンポイント照射が求められる理由、現代のがん治療のことが全7章からわかります。故・筑紫哲也さんの家族との対談も収録

 

植松稔(うえまつ・みのる)
1956年生まれ。がん放射線治療医、UMSオンコロジークリニック院長。医学博士。患者の心と体の負担が少ないがん治療を追究し、世界初の4次元ピンポイント照射(がんを追跡照射)を開始。安全で確実にがんを狙い撃ちする治療法で、数多くのがんを病期によらず「切らずに治し」、「がんなら手術」という常識に意識改革をもたらしている。

115-H1-karadaniyasashiigan.jpg

『世界初 からだに優しい 高精度がん治療 ピンポイント照射25年間の軌跡』

(植松稔/方丈社)

がん治療の常識に改革をもたらす放射線治療医の最新著書。がんの常識や現代医療の問題点がわかると「ピンポイント照射」という技術の革新性が、そして20人の闘病手記から、その真価が見えてきます。「がん治療を選択すること」について考えさせられる必読の一冊です。内田也哉子さんとの対談の続きも。

※この記事は『世界初 からだに優しい 高精度がん治療 ピンポイント照射25年間の軌跡』(植松稔/方丈社)からの抜粋です。
PAGE TOP