よく「疲れて見える」と言われる...そんな人にチェックしてほしい「まっすぐの良い姿勢」

体の痛みや見た目の老けにつながりやすい「猫背」。慈恵医大リハビリテーション科の安保雅博さんと中山恭秀さんは、「背中がまっすぐになると、若々しく元気に見える」と言います。そこで、そんな2人の著書『丸まった背中が2カ月で伸びる!』(すばる舎)から、丸くなる原因と寝たままできる簡単トレーニングの一部を連載形式でお届けします。

pixta_26497562_S.jpg

「疲れてる?」と聞かれる理由

人から「疲れているの?」と言われることはないでしょうか。

「どうして?」「そんなふうに見える?」と聞くと、「疲れた歩き方をしているから......」という答えが返ってきたりします。

こうしたとき、たいていは悪い姿勢、猫背で歩いています。

実際、胸を張って歩いていたら、疲れているようには見えないでしょう。

自分でも、無意識に歩いているとき、ふと街中のショーウィンドウなどで自分の姿が目に飛び込んできて、「なんだか背中が丸い......」「こんなに姿勢悪く歩いていたなんて」とショックを受けることもあります。

自分ではなかなか気づけませんが、年齢とともにだんだん姿勢が悪くなってきた。

猫背になってきた......。

そういうケースも多いものです。

では、疲れを感じさせない、立ったときにもっとも良い姿勢とは、どんなものでしょうか?

上げた腕を下ろしたときがベストな姿勢

皆さん、ラジオ体操第一はできると思います。

私の年齢くらいの人は、ラジオ体操がちゃんとできるか小学校などで試験があったり、夏休みの朝にラジオ体操をしにいって、出席のハンコをもらわないといけなかったりして、音楽がなりさえすれば勝手に体が動くでしょう。

最初の運動で、立った状態でまっすぐ両手を耳に挟む感じで上にあげますよね。

そして、手を返して肘を伸ばしたまま、下に下げます。

その瞬間、まっすぐぴんと立っていますよね。

それが良い姿勢です。

そのままの姿勢で歩くのがベストです。

肩が窮屈に感じませんか?

首をまっすぐにしているのはつらくないですか?

他の方法としては、壁に背中をつけるように、まっすぐ立てるでしょうか?

もちろん頭を壁につけてです。

お尻の出っ張りがある分、かかとは少し壁から離しても大丈夫です。

107-001-017.jpg

または、肘を伸ばした万歳の状態で、仰向けに寝ることができますか?

できない場合、骨が曲がっていたり、関節が固くなっていたり、筋力低下があったり、何かしらできなくなってしまった原因があるものです。

チェックをしなければなりません。

姿勢をまっすぐに保つ筋肉

骨に問題がなくて、前述したようにまっすぐピンと立てたり、万歳して仰向けに寝られるにもかかわらず、歩くと背中が丸くなってしまう......。

その一番の原因は、背中や首を支える、まっすぐに保つ筋肉の衰えと言えます。

背筋は背中をまっすぐに保つ筋肉ですが、若いときは意識すれば背中をしゃんと伸ばせたのは、筋肉が丈夫だったからということになります。

また、こうした場合だと、関節が固くなって正常な範囲まで動かない、「関節可動域制限」のあることがほとんどです。

関節可動域とは、関節が動く角度のことです。

たとえば肘の関節はぴんと伸ばせて、曲げても肩に触れるところまでは曲がりませんよね。

本来、誰にも共通した、関節を曲げたり伸ばしたりできる角度があるのですが、その角度まで動かせなくなるのを関節可動域制限と言います。

リハの現場でもちょっとしたトレーニングで改善

しかし、筋肉は鍛えれば確実につきますし、関節可動域制限もなくなっていきます。

たとえば、パーキンソン病を患っている患者さんがみえるとします。

パーキンソン病とは、震えや関節がこわばる、動きが鈍くなることなどを主症状とした、脳の病気です。

厚生労働省に難病指定されています。

パーキンソン病は重症度が上がるにつれ、歩行ができなくなります。

重症度の程度にはステージⅠからⅤまであり、Ⅴは寝たきりをあらわしますが、Ⅱは右左の両側性障害で、四肢・体幹の静止振戦(ふるえ)・固縮(筋肉のこわばり)と姿勢異常・動作緩慢が現れます。

歩くことはできますが、猫背の丸まった歩行になります。

そのため、ステージⅡの頃のリハビリテーションは、お薬と併用しながら、腕や肩を伸ばし、体幹のねじりの運動や背筋力を高める運動をしっかり行います。

すると、明確に歩容(歩く姿)が改善し、健常者の歩行へ近づいてくるのです。

病気ではなく、少し不摂生で起きてしまう猫背や、元気のない歩き方の場合には、リハビリテーションの現場でも、ちょっとした機能訓練で、数ヵ月で背中が伸びてくる人はたくさんいます。

イラスト/中村加代子

猫背対策に!まっすぐ伸ばすべき「丸まった背中」リストを見る

107-H1-marumattasenaka.jpg寝たままできるズボラ筋トレや効果アップのストレッチなど、全4章で慈恵医大リハ式メソッド大公開

 

安保雅博(あぼ・まさひろ)

リハビリテーション科医/博士(医学)。東京慈恵会医科大学附属病院副院長。リハビリテーション科診療部長。リハビリテーション治療のパイオニア。脳卒中後遺症が専門。重度麻痺に対する筋肉注射のボツリヌス療法は有名。これまで1万5000回以上の施行を行う。

 

中山恭秀(なかやま・やすひで)
理学療法士/博士(リハビリテーション科学)。東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科技師長。広島大学医学部客員教授。2013年から分院技師長を経て現職。4つある附属病院の統括所属長として、多くの理学療法士や作業療法士等を束ねる。

shoei.jpg

『何歳からでも 丸まった背中が2ヵ月で伸びる!』

(安保雅博・中山恭秀/すばる舎)

慈恵医大のリハビリテーション科式メソッドを大公開!必要なのは2ヵ月間。寝たまま&座ったままできる簡単筋トレで、みるみる背中が、姿勢がよみがえります。「なんだか背中が丸い」「姿勢が悪くなってきた」と感じたら、すぐにご一読を。

※この記事は『何歳からでも 丸まった背中が2ヵ月で伸びる!』(安保雅博・中山恭秀/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP