難聴になったら「好きな音楽」を聞くべし? 目からウロコ「聴力回復」の考え方

「最近、人の声が聞き取りづらくて・・・」その悩み、加齢によるものとあきらめていませんか? 実は、耳が遠くなるのは年を取った証拠ではないそうです。そこで、「難聴は治らないものではない」と言う聴力回復のエキスパート・今野清志さんの著書『耳は1分でよくなる!』(自由国民社)から、難聴の仕組みと薬も手術もいらない耳がよくなるトレーニング法を連載形式でお届けします。

pixta_25875225_S.jpg

難聴になったら、音をどんどん聞こう!

人間の体の機能は、どんなに健康な人でも、使わないとどんどん衰えます。

たとえば、足の骨を折って、ギブスで固定したとしましょう。

すると、1週間もしないうちに、動かさない足の筋肉が衰え、健康な足と比べてずいぶん細くなってしまいます。

これは、腕や足だけでなく、聴力などの五感でも同じです。

音を聞かなくなってしまうと、音を認識する脳の部位が、活動を低下させてしまうのです。

大阪大学の教授が、突発性難聴の患者さんに行った実験があります。

突発性難聴は、内耳の炎症が一因と考えられることが多く、これまではステロイド剤の点滴をし、あとは安静にする治療が多く行われていました。

ところがこの実験では、積極的に音を聞いてもらうようにしたのです。

突発性難聴は、通常、片方の耳だけに起こります。

するとたいていの患者さんは、聞こえる耳ばかりを使い、聞こえづらくなった耳は使わなくなります。

しかしこの実験では、ステロイド療法に加え、突発性難聴の患者さんの、聞こえている耳に耳栓をし、難聴が発症した耳で、1日6時間音楽を聞いてもらったのです。

すると3カ月後には、ステロイド療法のみの患者さんに比べ、聴力の回復が著しくアップしました。

また、音楽を聞き続けた患者さんたちは、入院時に衰えていた脳の働きが、3カ月後には、難聴でない人たちの平均に近づいたのです。

脳は自分の聞きたい音しか聞かない

人が話す声、車のクラクションの音、近所の犬が吠える声、テレビの音声、洗濯機などが動く音など、私たちの日常には、さまざまな音があふれています。

ところが、人間には、その多くの音の中から、好きな音だけ選んで聞くという能力が備わっています。

これは、耳が音を選択しているのではなく、耳から音を送り込まれた脳が、これまでの経験により判断しているのです。

たとえば、駅の雑踏や繁華街の人混みの中でも、自分の名前を呼ばれたら気づくことができる。

また、パーティなどの大勢の人が会話をしているところでも、自分が話をしている相手の声だけを、きちんと聞き分けられる。

こうして、人がたくさんいて、ざわざわしているところの音声を録音しても、誰がなにを話しているか、わからないでしょう。

実際には、私たちの耳も、レコーダーと同じように、あらゆる音を受け取っています。

ところが、人間は、聞きたい音だけを選択して聞いているのです。

これを「カクテルパーティ効果」と呼びます。

脳は自分が興味のある音、そして好きな音を優先して、注意を向けます。

そして嫌いな音は、不要であると判断し、「無視しろ」と指令を出すのです。

しかし「好きな音」「心地よい音」は、人によって千差万別です。

私の治療院では10種類以上の鈴を用意し、患者さんに聞かせますが、圧倒的多数の人が選ぶ鈴は、ひとつとしてありません。

必ずどの鈴の音も好きな人がいて、人はさまざまな音を好みます。

ですから、聞こえづらいときに、音を聞こうとするのであれば、まずは好きな音を探してみると効果的です。

難聴が治るメソッド『耳は1分でよくなる!』記事リストはこちら!

089-H1-rakusuruhuku.jpg難聴の症例や症状とともに、生活習慣病も抑制できる7つの聴力回復法が紹介されています
※書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

今野清志(こんの・せいし)

1953年、宮城県出身。日本リバース院長、目と耳の美容室院長、目と耳の美容学院学院長。中央大学法学部卒業後、慈恵医大アイソトープ科で医学を学ぶ。その後、中国北京国際針灸倍訓中心結業・中国中医研究院で研修などを行なう。30代から整体治療院を開業し、現在は日本橋茅場町本院と東中野分院にて施術を行っている。

shoei.jpg

『耳は1分でよくなる!‐薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法』

(今野清志/自由国民社)

聞き取りづらくて聞き返したり、テレビの音量をあげてしまう・・・難聴は老化現象でなく、誰でもなる病気です。しかしそんな難聴も中医学を中心とした7つの耳トレーニングで聞き取れるように。これを読めば薬も手術なしで耳をよくする方法が身に付きます。

※この記事は『耳は1分でよくなる!‐薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法』(今野清志/自由国民社)からの抜粋です。
PAGE TOP