「40℃に10分入浴」がベスト!専門医が教える「四十肩」に効く入浴法

肩や首のコリ、目疲れや肌あれ・・・年齢を重ねるごとに増えていく体の不調。これらを解消するのに外せないのが、毎日入る「お風呂」でしょう。医学的にお風呂を研究する医師・早坂信哉さんは「入浴方法を少し変えれば、さらなる健康効果が期待できる」と言います。そこで、早坂さんの著書『最高の入浴法~お風呂研究20年、3万人を調査した医師が考案』(大和書房)から、「疲労回復できる入浴法」のエッセンスを連載形式でお届け。今夜からお風呂の時間が劇的に変わります。

063-006-093.jpg

イラスト/二階堂ちはる

「肩こり・首こり・腰痛」に効く入浴法


姿勢のクセや精神的ストレスが原因!
●肩までお湯に浸かり、しっかりと温めて、全身に血を巡らせる。
●肩や首を回すなど、軽い運動やストレッチをして筋肉をほぐす。


日本人を悩ませる代表的な症状の一つが「肩こり」です。

現代人はパソコンを用いた長時間のデスクワークを強いられることが多いため、症状を訴える人が増加しているように感じます。

日本人の2人に1人が肩のこりを感じているという調査もあり、もはや国民病と言っていいかもしれません。

スマホの普及により、同じ姿勢でじっと画面を見続けることが増えたことも、肩こり・首こり人口増加に一役買っていることでしょう。

また、年齢を重ねると「四十肩」「五十肩」といって、つらい肩の痛みが慢性化することもあります。

肩こりは、肩の周辺にある「僧帽筋」などの筋肉が緊張で硬くなり、血流が悪くなることが主原因です。

その他、頭部の様々な器官(歯、眼、鼻、脳など)の疾患が原因となることもあります。

精神的なストレスによって発症することもあります。

気づかいをしたりしすぎることで、肩や首などが緊張してしまい、それが肩こり・首こりにつながるのです。

肩こり・首こりでお悩みの人は、まず「肩までお湯に浸かって温める」ことが重要です。

しっかりと温めることで、緊張した筋肉に血流を巡らせてあげましょう。

また、肩や首をゆっくりと回して、筋肉をきちんとほぐすことも大切です。

近年では「トリガーポイント」という考え方があります。

肩こりなどで痛みが集中しているところ、硬くなっているところを指す言葉です。

西洋医学ではトリガーポイントと言いますが、東洋医学ではツボとも呼びます。

そういう場所を温めながらゆっくりとほぐしてあげることで、痛みが緩和するのです(ただし、あまり強い力で揉みほぐすと、炎症を起こすこともあるので注意してください)。

「四十肩」「五十肩」は肩関節の周囲の靭帯のこわばりによるものです。

電車でつり革をつかむとき、鈍い痛みが出たり、腕が持ち上がらないときは「四十肩」「五十肩」のサインです。

お湯で肩が温まったら、ゆっくり肩を回すなどの運動をするとよいでしょう。

お湯の温度と、浸かる時間は「40℃の湯に10分」がベスト。

すこしぬるいくらいのお湯にじっくりと浸かることにより、副交感神経が優位となります。

心身をリラックスさせて、体の緊張をゆるめてあげましょう。

腰痛

肩こりと並び、現代人の不調の代表として、腰痛が挙げられるでしょう。

特に年齢を重ねていくと症状を訴える人が多くなっていきます。

腰痛の原因は、ひとつではありません。

腰が痛む要因としては、筋肉の緊張が続き、発症してしまうケースが多いようです。

また、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などの病気もあります。

いずれにせよ、基本的にはお風呂の温熱効果で血流がよくなれば、腰の筋肉の疲労がとれ、慢性化した症状を緩和することができます。

しかし「急性の腰痛」の場合は注意が必要です。

いわゆる「ぎっくり腰」ですが、このケースでは、腰の筋肉に急激な炎症が起きている状態なので、医師の診断を受けるまで入浴は控えてください。

温熱効果以外で、腰痛に効く作用としては、「浮力」があります。

お湯の浮力によって、腰にかかる負担が劇的に減り、症状が改善することが多くあります。

40℃のお湯をたっぷり張って、15分ほどリラックスして入ってください。

筋肉の緊張によって痛みが発生している場合は、この入浴法で大きな効果が見込めます。

※お湯の温度は、1℃の違いで体に与える効果が変わります。自宅の浴槽に温度調節機能がない場合は、お風呂用の「湯温計」のご利用をおすすめします。ホームセンターや、デパートのベビー用品コーナーなどで販売されています。
※掲載されている入浴法は、様々な医学的研究の結果から、その効果が一般的に期待されるものです。ただし、個人の体質や疾患の性質により、その効果には個人差があります。症状が緩和しない場合、主治医に相談してください。

お風呂研究20年の医師が考案した『最高の入浴法』記事リストはこちら!

063-syoei-saikounonyuuyoku.jpg入浴の効果から方法までが5章にわたって解説され、「正しい入浴」がすぐに実践できます。体の不調別入浴法や温泉や銭湯の効果的な入り方も

 

早坂信哉(はやさか・しんや)

温泉療法専門医、博士(医学)。東京都市大学人間科学部教授。1993年自治医科大学医学部卒業後、地域医療に従事。2002年自治医科大学大学院医学研究科修了後、浜松医科大学医学部准教授、大東文化大学スポーツ・健康科学部教授などを経て、現職。(一財)日本健康開発財団温泉医科学研究所所長、(一社)日本銭湯文化協会理事、日本入浴協会理事。

shoei.jpg

『最高の入浴法~お風呂研究20年、3万人を調査した医師が考案』

(早坂信哉/大和書房)

生活習慣としての「入浴」を医学的に研究する第一人者が考案した、疲れきった体と心を整える「お風呂の効果」倍増メソッド! いつもの家風呂も、たまに行きたくなる温泉や銭湯も、入り方をちょっと変えれば、その健康効果は大きく変わります。血流アップ&自律神経が整えられる、まさに「最高の入浴法」をまとめたお風呂のバイブル。

※この記事は『最高の入浴法~お風呂研究20年、3万人を調査した医師が考案』(早坂信哉/大和書房)からの抜粋です。
PAGE TOP